★マタニティウェアはいつから着る必要があるのか?必要最低限いるものは?

【スポンサードリンク】

妊娠するとお腹が大きくなったり、ふっくらして体型が変化しますよね。

そうなると、いままで着ていた服が入らなくなってきます。

そんな時に便利なのがマタニティウェアです。

マタニティウェアは妊婦のために考えられており、体への負担が軽くなったりします。

でも、マタニティウェアは妊娠中しか着ないので、勿体ないかもと思うでしょう。

マタニティウェアは必要なのか、またいつから着る必要があるのでしょうか?

いつから着るものなのか目安があれば、それまでに用意すればよいですよね。

さらに、妊娠したら、必要最低限いるものはなんでしょうか?

全部揃えるのが難しい方でも、必要最低限のものだけ揃えておけば安心ですよね。

そんな気になるマタニティウェアはいつから着る必要があるのか、必要最低限いるものについてクローズアップ!

今回は『マタニティウェアはいつから着る必要があるのか?必要最低限いるものは?』についてご紹介します。

マタニティウェアを着るメリット

妊娠しても大きい服を着れば大丈夫とお考えかもしれませんが、マタニティウェアとただ大きい服とでは、その作りが全く違います。

ただ大きくゆったりしているだけの服は妊婦さんが着る想定で作られていないので、胸やお腹周りの生地が足りずに裾がせり上がってしまったり、丈が短すぎたり、また全体的に大きいことで肩幅や袖丈が合わずに身体のラインがきれいに見えなかったりする可能性があります。

特に寒いシーズンですと、丈が短い事で足元やお腹が余計に冷えてしまうケースもあるでしょう。

また、ニット系の洋服などを無理に着てしまうと、お腹周りが伸びきってしまって産後に着れなくなってしまったなんてことも・・・。

大きい服はただ身体全体が大きい人に向けて作られた洋服なので、妊婦さんのようにお腹や胸周りだけが大きくなることを想定して作られていないため、普通の服を無理やり着てしまうと服自体が伸びてしまうだけでなく、母体や赤ちゃんにも悪影響が及ぶ恐れがあります。

それに対し、マタニティウェアは、膨らむ部分を包み込むようなデザインになっており、動きやすく脱ぎやすいなど機能面がきちんと備わっているだけでなく、身体のラインをきれいに魅せれるように考えられて作られています。

マタニティウェアはいつから着る?

大きくなるお腹は個人差があるため、マタニティウェアはいつまでに用意しなければならない、といったきちんとした期限は決まっていません。

妊娠3か月目で必要な妊婦さんもいれば、妊娠6か月あたりでもまだ必要としない妊婦さんもいらっしゃいます。

一般的には、妊娠3か月目あたりまでにマタニティ下着が必要になり、その後子宮が骨盤から出てくる妊娠4か月~5か月目あたりにウェアを着用するケースが多いようですので、そのあたりが1つの目安としてもよいでしょう。

妊娠5か月目というと、ちょうど安定期に入る頃となり、安定期はお腹が目立ち始めて乳房が大きくなり、食欲も出てくるなど母体にも大きな変化が見られる大切な時期になりますので、この時期に合わせてウェアを選び始めるとよいでしょう。

【スポンサードリンク】

一番大切なのは、妊婦さんが洋服を着用している時に、胸周りやお腹に窮屈さを感じさせないようにすることです。

特に妊娠中は血液量が増加しているため、むくみやすくなっている状態ですので、少しでも窮屈さや動きにくさを感じたら、マタニティウェアの用意を考えましょう。

ママがストレスを感じるという事は、母体の中にいる赤ちゃんも同じようにストレスを感じている可能性があります。

妊娠中に増加するプロゲステロンというホルモンによって、今までよりもストレスを感じやすくなったりイライラしやすい体質になっていますので、できるだけ母体にストレスを感じさせないようにすることが大切です。

母体にストレスがかかってしまうことで抗ストレスホルモンであるコレチゾールが分泌されます。

抗ストレスホルモンはお腹の中の赤ちゃんに神経系の障害が出てしまったり、切迫流産のリスクに繋がってしまう恐れがあったり、お腹周りを締め付ける事で母体が痛みや吐き気を感じたりなどしてしまう恐れがあります。

そのため、母体が窮屈さを感じるようになったら、もしくはそうなる前にマタニティウェアの用意を考えましょう。

マタニティウェアで最低限必要なもの

お腹が大きくなってくると、どうしても今までの下着(ショーツ)がきつくなってきます。

最低限マタニティ用のショーツだけは用意するとよいでしょう。

マタニティショーツとは、お腹をすっぽり包んでくれる妊婦さん用のショーツのことです。

また、ブラジャーもきつくなってきます。

カップ付きのタンクトップやキャミソールですと、しめつけもなく、腹巻きを巻かなくてもお腹の冷えが防止できます。

さらに、マタニティ用のタンクトップやキャミソールですと、出産後も着られるように授乳しやすい作りになっていますので、妊娠期間中から出産後まで着られます。

妊娠期間中だけにしか着られない服を買うのは勿体ないと思う方でも、下着は買っても損はしないでしょう。

まとめ

今回は、マタニティウェアはいつから着る必要があるのか、必要最低限いるものについてご紹介しました。

おしゃれなマタニティウェアも増えてます。

【スポンサードリンク】

妊娠期間中しか着れませんが、マタニティファッションを楽しむのもよいでしょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年9月11日

カテゴリー:日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ