クリックポストとは?メール便に比べて日数はかかる?追跡サービスが使えるって本当?メリットとデメリットを徹底分析!

平成27年3月31日でクロネコヤマトのメール便が廃止されましたね。

クロネコヤマトのメール便がなくなって、どのサービスを利用してますか?

レターパックだとちょっと高いですし、ゆうメールなどですと、追跡サービスが使えませんよね。

そんな方におすすめなクリックポストってみなさんご存知ですか?
郵便サービスには様々な種類がありますが、クリックポストは日本全国一律164円とかなり安価で郵便物を発送できるサービスなんです。
でも、クリックポストは日数はどのくらいの日数かかるものなんでしょうか。
クリックポストは追跡サービスなどは使えるものなんでしょうか。

そして、クリックポストのメリット・デメリットはどのような点があるのでしょうか。

メリット・デメリットのそれぞれの特徴を知っておきたい。

そんな気になるクリックポストについてや、メール便と比べた時の日数や追跡サービスについてなどメリット・デメリットについてクローズアップ!

今回は『クリックポストとは?メール便に比べて日数はかかる?追跡サービスが使えるって本当?メリットとデメリットを徹底分析!』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

クリックポストとは?

では、早速クリックポストについて見ていきましょう。

  • 【日本全国一律164円】クリックポストとは、前にもご紹介した通り、薄くて軽い郵便物を日本全国一律164円で送ることができる郵便サービスです。

    しかし、重さによっては、定型外郵便のほうが、1通につき数十円安い場合がありますので、荷物の重量はきちんと確認し、どの郵便サービスが一番お得なのか見比べましょう。

  • 【ポスト投函が可能】クリックポストは郵便局窓口から発送する方法の他、郵便ポストに投函する方法でも送ることができます。

    郵便局に行かなくても送ることができますので、24時間いつでも荷物が送れるサービスなんです。

  • 【ネットで運賃支払いができる】クリックポストを利用して郵便物を発送する場合には、専用のサイトから「Yahoo!ウォレット」で決済を行いますので、ネットで運賃支払いすることができます。
  • 【クリックポストは郵便受けに配達】クリックポストは郵便受けに届きます。

    そのため、相手が不在でも届けてくれます。

  • 【追跡サービス付き】追跡サービスが利用可能です。

    ヤフオク・メルカリなどのフリマアプリを利用している方には安心ですよね。

【スポンサードリンク】

クリックポストで送れるものは?

クリックポストで送ることができるものは、以下のようなものがあります。

  • ・衣料品
  • ・CD、DVD
  • ・サプリメント
  • ・化粧品
  • ・雑誌、コミック
  • ・スマホケース

そして、クリックポストで送れる荷物には重量とサイズに制限があります。

  • ・重量:1kg以下
  • ・厚さ:3cm以内
  • ・幅:9cmから25cm
  • ・長さ:14cmから34cm

重さが1kg以上になってしまう場合には、レターパックライトを使用するとよいでしょう。

レターパックライトの場合、クリックポストと比較すると360円と高くなりますが、定型外郵便やゆうメールより、数百円もお得になります。

また、重さが500g以上で、厚さが3cm以上になってしまった場合には、レターパックプラスがよいでしょう。
レターパックプラスは510円かかりますが、定型外郵便よりお得です。
そして、一方クリックポストで送れないものはなんでしょう。

クリックポストで送れないものは、現金と信書は基本で、それ以外は、毒薬・劇薬、爆発性・発火性などの危険があり、総務大臣が指定するものや、宝石類・貴金属などの貴重品なども送ることができません。

お届け日数はどれくらいかかる?

離島など一部の配達地域を除き、おおむね差出日の翌日から翌々日にお届けしてくれるようです。

もし1日の最後の収集時間に間に合わない場合は、翌日の回収となってしまうため、相手先に届くのもその分遅れてしまいますので、クリックポストはポスト投函する時、郵便ポストの収集時間に間に合うように出すようにしましょう。

クリックポストのメリット・デメリットは?

【メリット】

  • ・土日・祝日郵送が可能平日忙しくてなかなか郵送できない方でも送ることができます。
  • ・追跡サービスで安心オークションを利用している方は、郵送品の状況確認は大事になってくるかと思います。

    クリックポストは、追跡サービスが付いているので安心です。

  • ・ラベルの手書きが不要クリックポストで郵送するには、「宛名ラベル」というものが必要ですが、「宛名ラベル」は専用サイト上で宛名を入力し、それをコピーして郵便物に貼り付けるものなので、手書きで記入する必要はありません。

【デメリット】

  • ・遠隔地に送る場合、日数がかかるクリックポストは陸路を使っているため、安いのですが、離島などの場合、船を使う必要がありますので、その分日数がかかってしまいます。
  • ・ネット環境・プリンターが必要クリックポストは宛名ラベルを自分で印刷するので、ネット環境やプリンターが必要となってきます。

    ただ、パソコンやプリンターがなくても、コンビニなどで印刷することもできます。

  • ・Yahoo! JAPAN ID、Yahoo!ウォレットが必要クリックポストは登録時に、Yahoo! JAPAN IDとYahoo!ウォレットが必要ですので、これらの取得が必要となります。
  • ・ヤフーウォレットのみでしか支払えないクリックポストを利用するには、インターネット上のみでの支払いのみです。

    具体的には、Yahoo!ウォレットに登録したクレジットカードを通しての決済のみ可能です。

  • ・補償(損害賠償)なし

クリックポストには、補償がついていませんので、郵便物が汚破損していた場合、損害賠償は行われません。

しかし、明らかに郵便局側に責任があることが確認された時のみ、郵便局から運賃相当額が返還されるようです。

まとめ

今回は、クリックポストの特徴やメリット・デメリットについてご紹介しました。

軽くて薄いものを低価格で送ることができますので、とても便利なサービスです。

【スポンサードリンク】

ただし、補償がついていないので、大事なものを送る場合にはなるべく避けるようにしましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年4月6日
最終更新日:2017年4月11日

カテゴリー:仕事 日常 郵便

サブコンテンツ

このページの先頭へ