飛行機で耳抜きしても治らない人の原因と対処法

飛行機の耳抜きって効くのでしょうか?

効果はどんなもので、治るものなのでしょうか?

治らないのであれば原因を知りたいし対処の方法を知りたいと思います。

そもそも飛行機の耳抜きって効果あるもんなんでしょうか?

治らないのであれば本当に原因を知りたいし対処療法的なものもあるのでしょうか?

飛行機の耳抜きだけで治る方法があるのでしょうか?

治らない原因ってなんでしょう。

早めに対処を知りたいですよね。

耳抜きだけでなく、頭が痛くなるのもどうしたら良いか知りたいものです。

飛行機の耳抜きって何なんでしょうか?

どうして治らないのでしょうか?

原因と対処を教えてほしいですね。

そこで今回は『飛行機で耳抜きしても治らない人の原因と対処法』について大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

飛行機で耳抜き

耳が痛くなるのは体質によりけりで痛くならない人は、ぜんぜん痛くなりません。

ですので、ここから先は、痛くなる人ように書かれたもので万人に共通するものではないです。

飛行機で耳が痛くなる人用に書かれたものだと思っていただければよいと思います。

まずなぜ耳が痛くなるのでしょか。

まず気圧の変化によるもので、これが一番多いと思われます。

上空に上がると、気圧が低くなり下降すると気圧が高くなるので、上空にあがった後に急に着陸するために、落下していくと気圧が上がり耳が痛くなるというもので、
これがほとんどの原因といわれています。

耳にかかる圧力は鼓膜の内側である中耳に圧力がかかります。

中耳は空洞になっていて、そこに細い空気の通り道である耳官が繋がっています。

耳管に空気が通りにくい気圧の差があって耳が痛くなるのです。
耳の痛みは気圧の差が大きければ大きいほど耳が痛くなります。
これを専門用語で飛行機によって行われる中耳炎を航空性中耳炎といいます。

飛行機は、だいたい地上2000m程度の気圧をそのまま維持するようにしています。

【スポンサードリンク】

治らない人の原因と対処法

耳が痛くなる人は、耳管に空気を通して圧力の差をなくします。

これが耳抜きというものになります。

まず簡単な耳抜きを実践してみるとよいと思います。

ツバを飲み込んだり、飴をなめたりガムを噛んだり、あくびをするとよいといえますがこれだけで治らない人は、まず鼻をつまんで、そしてゆっくりと鼻に空気をおくり圧力をあげていくと耳がピキピキいいだすので、さらに空気をいれていきます。

これを、ゆっくり圧力をあげていき、片方の耳だけに空気がでてるときは、もっとゆっくり強く空気を入れるようにしましょう。

耳の痛みは飛行機が下がったときにおこることがおおいので、このときが一番、圧力が大きいとみてよいので降下したときに耳抜きをするようにしましょう。

これでも治らない場合は、できるだけクシャミをするようにしたほうが良いでしょう。

これが効果がありますが、飛行機専用の耳栓をするとよいと思います。
頭が痛くなるときは、酸欠なので、これは耳が痛くなるから頭が痛くなるわけではないので、気圧とは関係がありません。
酸欠に関しては、空気を吸うことになり、酸欠なので、とにかく深呼吸を深く行うと良いので酸素をとにかく取るようにしましょう。

まとめ

耳抜きしても治らない人の原因というのは、いろいろあるんですね。

とても驚きました。

耳抜きのやりかたもの分かりこれで耳抜きは完全ですね。

頭が痛くなるのは酸欠だと気づき本当に助かりました。
今まで耳が痛いのと頭が痛いのは同じだと思っていました。
いろいろ分かって、とても助かります。

これからも、何か耳抜きの新し情報が入り次第また大公開したいと思います。

どうもありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ