日本のモデルの平均年収は?読者モデルとどう違うの?

日本のモデルは一体どのくらいの収入なのか?

日本や海外では多くのモデルや読者モデルなどがおりますが、彼らモデルたちの年収というのは知らない方が多くいると思います。

日本では、読者モデルも多く雑誌でかなり人気のある子達がたくさんいるようです。
読者モデルなどのモデルたちは個人差がかなりあり、巨額の年収を稼ぐモデルや読者モデルの人がいればとても少ない年収のモデルや読者モデルの人もいます

また、モデルたちの年収があまり知られていない理由もあります。

ですので、今回は日本での読者モデルなどのモデルたちの年収について『日本のモデルの平均年収は?読者モデルとどう違うの?』で紹介します。

【スポンサードリンク】

日本のモデルの平均年収っていくら?

日本のモデルの仕事というのは、あくまでも出来高制であり、人気の高さや引き受けた仕事の内容によって報酬が決まるというのが一般的です。

ですので、事務所に所属しているだけで固定給の月給がもらえる、生活が保障されている、というようなことはまずないと思ってください。

また、モデルの給料や年収に関しては統計的なデータが出ているわけではないので詳しい給料や年収はありません。

モデルの給料や年収のデータがわからない理由は、海外の有名ファッションショーで活躍しているようなプロのモデルからファッション雑誌の読者モデル、インターネットの通販サイトに出ているモデルなど、立場や仕事内容に大きな幅があるため、ひとくくりにして平均の年収や給料を計算するのは難しい実情があるのが年収や給料のデータがない理由です。

日本で1番稼ぐモデルって誰?

現在の日本のモデルで1番多く稼いでいる方は益若つばささんでおそらく1000万円以上の年収があります。

益若つばささんなどの人気モデルの方達は年収1000万円を超えることも珍しくないようですが、これはモデルとしての撮影の仕事の分だけではなく、ブログのアクセス数によって稼ぐことのできる広告料や、テレビ番組への出演料などさまざまな仕事を総合しての金額になります。

また、大手企業の化粧品やシャンプーのテレビCMの場合は契約料が高額になるため、こういった仕事を引き受けることで年収が一気に跳ね上がる傾向にあります。

ですがその一方で、モデルの仕事というのは「翌年の仕事の保障」が全くない世界でもありますので、人気が落ちてくれば仕事は激減しますし、そうなると手取りの額も一気に減ってしまいうなど、モデルというのはとても厳しい世界なのです。

【スポンサードリンク】

モデルと読者モデルの違いって何?

モデルの中には読者モデルがありますがモデル読者モデルというのは違いがあります。

モデル写真や映像、コマーシャルなどの被写体としてポーズをとったり、ファッションショーなどのイベントに出演する人のことをモデルと呼ばれ、単にモデルという場合は特にファッションモデルを指すこと場合が多い。

ファッションモデルは、ファッションブランドの衣服やアクセサリー、靴などいろんなものを身につけ、ブランドのイメージとして広告媒体や雑誌などに掲載するための写真の被写体となったり、ブランドのコレクションを発表するファッションショーに出演したりします

世界的な知名度とハイファッションのデザイナーのコレクションに出演するなどのキャリを持つモデルはスーパーモデルと呼ばれております。

一方で読者モデルというのは読者の中から応募で選ばれ誌面に登場する素人のモデルのことを言います。

プロのモデルとは違い、本業は学生やOLなどアルバイト感覚で誌面に登場している人が多くいます。

ただ最近では、モデルより身近な読者モデルが専属モデルと並ぶほど人気になるケースも珍しくありません

中には、雑誌やテレビでレギューラーを持ったり、本を出版する人もいます。

最後に

まとめとしてモデルというのは通常の職業と違い、完全にその人の人気次第でお金を稼ぐやり方なのでモデルの年収や給料を知ることは難しいです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ