正しいお釣りの渡し方。レシートはどう渡すのが正しいの?

正しいお釣りの渡し方。レシートはどう渡すのが正しいの?

レシートや、お釣りの正しい渡し方なんてあるのでしょうか?

レジでのお釣りの正しい渡し方ってどんな感じなんでしょうか?

レジでのレシートの渡し方はどのように、すればいいのでしょうか?

お釣りのお札とレシートの正しい渡し方と順番てあるのでしょうか?

言葉遣いで注意する事があれば知りたいですよね。

『正しいお釣りの渡し方。レシートはどう渡すのが正しいの?』と題して
正しいお釣りの渡し方やレシートの渡し方について公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

コンビニやスーパーでのお買い物のお釣りの渡し方について

コンビニやスーパーでお買い物をしてレジで会計を済ませるときのお釣りやレシートの正しい渡し方なのですが、実はお釣りやレシートの正しい渡し方をご存知でない方が多いのです。

お釣りやレシートの正しい渡し方をご存知でないとお客さんに苦労をかけ不満にしてしまいます。

ですが、お釣りやレシートの渡し方には正しい渡し方があり、この方法を学べばお客さんに余計な苦労をせずにお釣りやレシートを渡すことができます。

ですので、今回はそのレジでのお釣りやレシートの正しい渡し方について紹介します。

レジでのお釣りの正しい渡し方、レシートはどうする?

コンビニやスーパーのレジでのお釣りの渡し方には3つあり、

  • 1.両手を添えて、お客さんの手のひらを包むように渡す(手の接触あり)。
  • 2.両手を添えて、お客さんの手のひらを包むように渡す(手の接触なし)。
  • 3.お客さんの手の平の少し上から、硬貨を落下させる。

この3つがありますが、この中で1番やってはいけないのが3番の「お客さんの手の平の上から硬貨を落下させる」で、誤って硬貨を床やカウンターに落下してしまい、お客さんに硬貨を拾うという苦労をかけてしまいますので3番の「お客さんの手の平の上から硬貨を落下させる」というお釣りの渡し方はやめた方が良いです。

【スポンサードリンク】

お札と小銭とレシートの正しい渡し方と順番てあるの?

お札と小銭とレシートの3つをお客さんに渡すとき、適当に渡してしまいますとお客さんがお金を入れるのに苦労してしまいます。

ですが、お札と小銭とレシートの渡し方には正しい方法があり、紹介します。

お札と小銭のお釣りを渡す際には店員はまずお札の枚数を複数回確認してからお札を渡します。

お札は小銭の受け皿ではないので小銭と一緒に渡さないでください。

次の行動なのですが、お札を渡した後、続けてすぐに小銭を渡す店員が多くいますが、実は良くないやり方なのです。

仕事をしている本人は手際の良い行動だと思っているかもしれませんが、顧客目線で考えるととても空気の読めない店員と思われてしまいます。

お札を渡された人は、きちんとお札を確認し、財布に収納します。

この収納が終わる前に小銭を渡されても、正直迷惑です。

小銭を台に置いて次の作業に移ってしまうのも問題で、お釣りの金額が違った場合、話がこじれる場合があるからです。

そして最後にレシートを渡します。

お釣りの適切な渡し方をまとめると、
まずお札を確実に手渡し、お客さんがそれを収納し終えたタイミングで小銭を手渡し、最後にレシートを渡す。
といった感じです。

言葉遣いで注意する事は?

会計では言葉遣いに気をつけなければいけないことがあり、
例えば「お会計は1200円になります。」がありますが、これは誤りで正しい言葉遣いは「お会計は1200円でございます。」

またその他にも
1000円ちょうどお預かりします。」は間違いで、正しい言葉遣いは「1000円ちょうど頂きます。」「1000円ちょうど頂戴します。」になります。

レシートの渡し方の言葉遣いもあり、「50円とレシートのお返しです。」を使う人がいますが、これは間違いでレシートを渡すときの正しい言葉遣いは「50円のお返しと、レシートでございます。」です。

まとめ

まとめとしてはコンビニやスーパーのレジのお釣りの渡し方や言葉遣いには正しいやり方があり、このやり方を知らないとお客さんを不満にしてしまいますので、ぜひ学習した方が良いと思います。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ