朝勉強と夜勉強、効率いいのは?効果をあげる方法とは?

「朝勉強と夜勉強ではどちらの方法が効率がいいのか?」

この問題は毎年受験生の間で話題になり、ネット上でも激論が交わされます。

これは何も勉強に限った話ではなく、社会人でも資格の勉強や仕事の効率の面でも重要な話になってくると思います。

最近では朝勉強の方が頭が冴えており何でも覚えるのので効果が出るのに対し、夜勉強は1日の疲れが溜まっており、眠気と戦わなければならず、効率が悪いので、どちらかと言えば、夜勉強より朝勉強をすべきであるという意見が叫ばれていますが、朝勉強にもデメリットがあり、どちらの方法が効率がよいのか結論が出ていない状況です。

果たしてどちらの方法効率がいいのか。前半は朝勉強と夜勉強の効果を整理しながら、どちらの方法が効率がよいかを探っていきたいと思います。

さてどちらが効率が良いかがわかれば、その効果を上げる方法を知っておくと便利ですよね。

そこで後半では朝勉強と夜勉強それぞれの効果を最大限活かす方法について
『朝勉強と夜勉強、効率いいのは?効果をあげる方法とは?』と題して
書いていきたいと思います。

その方法を知っていれば、勉強あるいはビジネスにおいて時間をより有効に使うことができます。

ぜひこの記事を参考にして朝勉強、夜勉強の効果を最大限活かした方法を実行してみてください。

【スポンサードリンク】

朝勉強と夜勉強効率いいのはどっち?

朝勉強と夜勉強はどちらが効率がよいかは一概に結論は出せませんが、勉強の内容によっては、朝やった方が効率がいいものと、夜やった方が効率いいものにわけることができるようです。

そこでここでは朝勉強と夜勉強のメリット、デメリットを整理しながら、効率のいい勉強内容を考えていきたいと思います。

なおここでは勉強と書いていますが、仕事の効率でも同じようなことがいえるので、勉強のところを仕事と置き換えても良いと思います。

  • ①朝勉強のメリットとデメリット朝勉強のメリットとしてまず大きいのは余計な邪魔が入らず習慣化しやすいということです。夜は好きなテレビ番組や友達からのメールや電話、また飲み会やイベントなどがあった日にはなかなか勉強できません。それに対して朝は静かで、誘惑が一切なく、急な予定変更もあまりないたため習慣化しやすいです。

    また朝勉強をある程度やっておけば夜に睡眠時間を削ってまでやることなく済むので1日余裕をもって過ごすことができます。

    ただデメリットとして朝は脳の前頭葉が働きが鈍いため、考えて問題を解くようどの理系教科をやるには不向きであるのと、会社や学校などの時間に追われているので、どっしりと腰を下してやる勉強はできません。

    朝は脳がある程度整理されているので、テキストの読み込みなど新しく知識を加える勉強に適しています。

  • ⓶夜勉強のメリットとデメリット夜勉強のメリットはなんといっても集中力です。意外に思われるかもしれませんが、夜遅くになると交感神経の活動が活発になり集中力が増します。なので模擬試験の問題や数学の難しい問題をゆっくり解くなら断然夜です。

    また夜間は日中の記憶を頼りにしながら、いろいろな考えが浮かんでくるので、何かのタイトルを考えたいとこであれば、夜にした方がよいです。

    そしてもう1つのメリットは記憶です。

    寝る1時間前に英単語や用語を覚えておくと、睡眠中にそれが脳の中で整理され、記憶にとどまりやすくなります。

    なので暗記は夜が断然いいです。

    夜勉強のデメリットは何といっても眠気です。

    人間は朝日を浴びて15時間過ぎると眠気が出るといわれ、夜の勉強は眠気との闘いになります。

    ですので暗記する際は、身体を動かしながら、覚えていくということが重要になってきます。

    夜の勉強は朝の勉強の復習をしつつ、それを記憶にとどめるため、反復して問題を解く勉強法が適しています。

【スポンサードリンク】

朝勉強、夜勉強の効果を最大限活かす方法は

  • ①自分が朝型か夜型かを知るここまで朝勉強と夜勉強のメリットとデメリットを話してきましたが、やはり今まで夜勉強をしてきた人が、いきなり朝勉強をするのは難しいものです。まして自分が夜型なのに朝型生活をしてしまうと、起きれないことで余計ストレスを溜め込むことのなります。そこでまずは自分が朝型か夜型かを知りましょう。

    やり方は簡単です。

    まず寝る3時間前から1時間おきに自分の体温を測ってみましょう。

    3回はかってだんだん体温が下がってこれば、朝型人間、ほとんど変化がなければ夜型人間というのがわかります。

    これによって自分の特性に合われた勉強方法を考えることができます。

  • ⓶モチベーションが上がりにくい人は朝人によっては切迫感がなく、締め切り近くまで仕事を引き延ばしてしまう方がいます。そんな方はぜひ朝勉強をおすすめします。朝会社や学校に行かなければいけないという緊張感の中で勉強するわけですから、当然集中力も増しますし、モチベーションも高まります。

    ただし締め切り当日はちょっとリスキーなんでやめた方がよいかもしれません。

  • ③睡眠時間は十分確保する朝勉強と夜勉強をより効果のあるものにするには、睡眠時間の確保がやはり重要です。寝不足ではどっちも中途半端になってしまいますので、夜型の人は夜の勉強を重視し、朝は手短に、朝型の人は朝に重きをおいて夜は確認程度にして自分にあった睡眠時間を確保するようにしましょう。

まとめ

朝勉強、夜勉強ともにメリット、デメリットがあり、時間の使い方に慣れるまではとても苦労すると思いますが、自分が朝型か夜型かを知り、それに適した方法ととることで、より効率にいい勉強ができると思うので、ぜひこれから資格取得や受験をされる方は、試してみてください。

今日も読んで頂きありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ