虫歯を放置しての死亡率はどのくらいなのか?治療費も調べてみた。

虫歯を放置される方はけっこういるのではないでしょうか?虫歯を放置すると歯がどうなるか皆さんご存知だと思いますが。そうは言ってもなかなか病院には…な声が聞こえてきそうです。

しかし、虫歯を放置すると歯が溶けたり欠けていったりしまいますもちろん途中に痛みもひどく増していくばかり

虫歯を放置すると死亡することもあるのはご存知ですか?まさか虫歯の放置で死亡なんて!と思われるかもですが。

では、虫歯を放置した結果の死亡率はどのくらいになるでしょう

歯医者さんがイヤ!なかなか時間がなくて!虫歯を放置してしまうと一体どうなってしまうでしょう。
虫歯を放置した結果どのくらい治療費はかかるでしょうか?

そこで虫歯を放置した結果、『虫歯を放置しての死亡率はどのくらいなのか?治療費も調べてみた。』ので読んでみて下さい。

【スポンサードリンク】

虫歯を放置した結果の死亡率はどのくらい?

虫歯をあまりにも放置しすぎると、最悪な結果死亡することもあると言ったらどうでしょう。

いやいや、虫歯で死亡するなんてないでしょ!
と思うかもしれませんが、実際にあることなんです。

虫歯を放置し過ぎると、虫歯の原因菌が顎の下に拡がり喉の脇にまで進行するケースがあります。
骨にまで達してしまい、そこで炎症を起こしてしまいます。
その炎症部分から、次に原因菌が血液を通して入り込み体内を巡りだします。

このため、原因菌が心臓や脳に届いて炎症を起こしたりする場合もあるのです。
感染がここまで拡がると一刻を争う事態となります。

この時点で適切な治療を受けなければ、後遺症が残ったり、最悪の場合死亡するケースも考えられます。

では、死亡する割合がどのくらいになるのでしょう。

放置した結果、首から下に感染が広がってしまった場合の死亡率はなんと20%以上とも言われているのです。

虫歯を放置したらどのくらい治療費はかかるの?

虫歯を治すためにはどのくらいの治療費がかかるのか気になりますよね?

虫歯治療でも健康保険が適用されないケースもあります。
たとえば、インプラント治療です。
見た目重視で行われる審美歯科的なケースは健康保険適用外となります。

全額自己負担で支払うという扱いになってしまいます。
通常よりかなりの金額の差になってしまいますので注意しましょう。

気になる治療費はどのくらい?

  • 保険診療なら治療費負担は0~3割
  • 自由診療は患者が全部負担
【スポンサードリンク】

※費用に関してはWEBサイトの情報をランダムに抽出した金額になります

【初期段階の虫歯の場合】

1,500~3,000円(保険診療)
5,000~50,000円(自由診療)

【中度の虫歯の場合】

2,000~10,000円(保険診療)
10,000~200,000円(自由診療)

【歯が黒ずんでいる重度の虫歯の場合】

7,000~20,000円(保険診療)
50,000円~(自由診療)

虫歯を放置した結果、治療費もかさむ一方だと言うことですね。

まとめ

このように、虫歯を放置してしまうと死亡率にも繋がるし、治療費がかさむこととなります。

理想的なのは半年に1度くらい歯医者へ定期的に、虫歯のチェックを受けることがオススメです。

治療費をケチって歯医者に行かないという気持ちもわからなくありませんが、虫歯を放置してしまってかえって治療費がかさんでしまったということにならないように注意したいですね。

大切な命です。
失わないためにも、虫歯を放置せず定期的なケアをいたしましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ