免許の更新で視力が不合格になったらどうなる?必要な視力ってどれくらいなの?

運転免許の更新で視力検査が不合格の場合は再検査できるのでしょうか?

免許の更新で視力検査で不合格になるぐらいならレーシックを受けた方が良いのでしょうか。

視力の検査で不合格になるぐいらなら、眼鏡を作ってから免許の更新を受けようかと思いますよね。

免許の更新での視力検査で不合格になったらどうなるのか、とても気になりますね。

そこで今回は『免許の更新で視力が不合格になったらどうなる?必要な視力ってどれくらいなの?』と題して公開したいと思います。

免許更新時に視力が不合格になってしまったら

自動車やバイクの免許を持っている方は定期的に免許更新を行いますが合格と不合格があり、その免許更新の中に視力検査があります。

この視力検査についてなのですが、運転をする上で視力は大事なので、視力検査で不合格になってしまいますと、免許を更新することはできないのです。

また、免許更新に不合格になってしまいますと、有効期限があり免許更新に時間がかかってしまうなど、不合格になってしまうと面倒になってしまいます。

ですので、今回はその視力検査で不合格にならないように免許更新に必要な視力について紹介します。

【スポンサードリンク】

免許の種類によって必要な視力は異なる

視力が低いと免許更新するときに不合格になってしまいますが、実は視力による合格不合格には免許によって異なるのです。

その免許別の視力について紹介します。

  • ・原付免許、小型特殊免許
    こちらの免許更新に必要な視力は
    両目で0.5以上 ・片目が見えない場合、 見える方の視野が左右150度以上で、視力0.5以上が必要です。
  • ・普通第一種免許、二輪免許、大型特殊免許、中型第一種免許(8t限定中型)
    こちらの免許更新に必要な視力は
    両目で0.7以上かつ、一眼でそれぞれ0.3以上 で、
    片方の目が0.3未満や見えない場合は、 見える方の視野が150度以上で、視力0.7以上が必要です。
  • ・大型第一種免許、中型第一種免許(限定なし)やけん引免許、第二種免許
    こちらの免許更新に必要な視力は
    両目で0.8以上かつ、一眼でそれぞれ0.5以上で、さらに深視力として三桿法の奥行き知覚検査器により3回検査した平均誤差が2センチ以内である。

以上が免許別に必要な視力についてです。

また、免許が
大型第一種
中型第一種(限定なし)
けん引
第二種

上記の免許に該当する場合には、上記の視力検査に加えて「深視力検査」も実施されることになります。
深視力検査とは、立体視の能力(遠近感)を測る検査のことで、実際の検査は
立体的に表示された3本の棒があって、中央に位置する棒が移動する中、3本の棒が一直線に並んだタイミングで移動を止める
というようなものです。

この作業を3回繰り返し、3回の平均誤差が2cm以下であれば深視力検査に合格となります。

【スポンサードリンク】

不合格になってしまったら

もし、免許更新に視力検査で不合格になってしまうと

  • ・その場で時間をあけて再検査を受ける
  • ・後日にもう一度検査を受ける
  • ・視力矯正器具(メガネやコンタクトレンズなど)を作り、後日再検査を受ける

この上記のいずれかになります。

なお、不合格時に更新のために支払った証紙なども返却されるため、交通費を除いた更新費用に関しては払い過ぎることはありません。

しかし、免許の「有効期限」には細心の注意を払う必要があり、有効期限内に視力検査に合格できなかった場合には、その免許は「失効」として扱われてしまいます。

有効期限内であれば、再検査を複数回受けても特に問題は生じないため、期限内の合格を目指すようにしてください。

また、深視力検査については、免許の有効期限内に合格できなかった場合、「基準に達している下位免許への格下げ」という措置が取られることになります。

視力検査の合格基準は両目と片目で決められている

視力検査の合格基準には両目と片目の2つに基準があり、

  • ・両目の場合
    原付・小型特殊⇒0.5以上普通第一種・中型第一種・二輪・大型特殊⇒0.7以上(左右それぞれの目が0.3以上)大型第一種・中型第一種・けん引・第二種⇒0.8以上(左右それぞれの目が0.5以上
  • ・片目
    原付・小型特殊⇒0.5以上かつ、視野左右150度以上普通第一種・中型第一種・二輪・大型特殊⇒0.7以上かつ、視野左右150度以上大型第一種・中型第一種・けん引・第二種⇒左右どちらかの目が0.5未満の場合は不合格

以上になります。

まとめ

まとめとしては視力検査には厳しい基準があるので、普段から目を使いすぎて視力が低下しないようにしてください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ