みょうがの冷凍保存と酢漬けのレシピ

薬味の一つとして利用されるみょうが。幅広く料理に使わますが、苦手という方も少なくはないようです。
そのみょうがですが、せっかく購入しても余らせてしまったりと使い切れない場合もありませんか。

そんな時は、冷凍保存や酢につけるなどレシピを調べてみましょう。

みょうがを冷凍保存するにはそのままか。
みょうがを酢漬けにするのもよいですよね。
いくつかレシピを知っているとお料理を楽しめますね。

冷凍保存の方法のレシピや、酢漬けの方法のレシピをいくつか持って、美味しく食べれるように冷凍保存や酢漬けにしてパッと食べれるようにしておくといいですよね。

余らせるのは勿体ないので『みょうがの冷凍保存と酢漬けのレシピ』で、みょうがを美味しくいただきましょう。

【スポンサードリンク】

みょうがの冷凍保存方法は

さっぱり美味しい夏の小鉢に出てくる「みょうが」。よく薬味でよく利用されるのではないでしょうか。

独特のほろ苦さと、さっぱりした風味は大人の味というイメージがします。
きっと大人になってからみょうがの美味しさに気づいたという人が多いのではないでしょうか。

いまでは1年中出回っていますが、みょうがの旬はいったいいつなのでしょう。
夏の時期というイメージがありませんか。
収穫時期に分けてよく出回るのが7~8月が「夏みょうが」です。
9~10月に採れるものは「秋みょうが」といいまして、秋みょうがの方が粒が大きく色や香りも良いと言われているのです。
みょうがだけ」というのがあり、主に秋みょうがの茎を伸ばして軟化した後の3月~5月に収穫されます。

普段使う分のみょうがの保存の仕方として、乾いたみょうがをキッチンペーパーに包んでポリ袋に入れて冷蔵庫に保存しておくと1週間ほどは利用できそうです

夏の間はとにかく長くは持たすことがなかなか出来ないので、早く使いきるか上手に保存をしましょう。

たくさんあってとても使いきることが出来ないと思われたなら、早めに冷凍保存をしておくといいでしょうね。

みょうがを綺麗に洗って水分をしっかりと拭き取ってからタっパやフリーザーバックに入れて冷凍しましょう。

ここで注意するところですが、水気が拭き取れていないまま冷凍してしまうと部分から痛みだします

もし、頻繁に使うのであればカットして冷凍しておくと便利ではあります。

冷凍保存したものを使用する場合には自然解凍をしましょう。お味噌汁などに使う場合には凍ったまま使用しても大丈夫です。
冷凍保存の目安としては1~2ヶ月を目安にしてください。

出来れば3~4日で使いきるのが一番美味しくいただく期間ではありますが、水をはったタッパーに入れて毎日水を変えて保存なら10日を目安に使いきりましょう。

みょうがの酢漬けレシピ

みょうがの利用方法に、甘酸っぱいのがお好みの方に酢漬けがオススメです。
簡単に漬ける方法としては、らっきょうを漬けるときに使用する「らっきょう酢」が便利ですが、スーパーに並んでいない場合には「すし酢」でも代用出来ます。

好みで甘い方がよい場合はお砂糖を足して調整をしましょう。

鷹の爪をたしてもよいですね。保存の目安は1~2ヶ月ほどで、なるべく早く食べてしまって下さい。

酢漬けにしたみょうがは、細かく刻んでご飯に混ぜたり、そのご飯をお稲荷さんや巻き寿司に、ちらし寿司のご飯として食べても美味しいです。

箸休めとして、酢の物としていただくとよいかと思います。

【スポンサードリンク】

みょうがのレシピとして、酢の物。わかめとみょうが、かいわれ大根で黒酢とゴマ油でシャキシャキ食感を楽しめます。

梅とみょうがを薬味とし、焼きなすにのせてさっぱり醤油で箸がすすむ一品です。

みょうがの酢漬けの効用なのですが、みょうが食欲増進・血行促進などの効果があります。また冷え性にもオススメです。
疲労回復・血液サラサラ・消化促進・殺菌作用があり、砂糖には疲労回復・防腐作用があります。

まとめ

どの野菜にもいえる事なのですが、美味しくいただくにはやはり新鮮なうちが香りも良く食感もよいですよね。

冷凍保存はやはり、食感を保つのは難しいので美味しく香りを楽しみたい場合は早めに使いきって下さい。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

<関連記事はこちら>
ニンニクを長期保存する方法!冷凍する?お酒に漬ける?

生牡蠣の食中毒の症状と対処法!潜伏期間や発熱、頭痛の特徴とは?

鶏肉の食中毒の症状と対処法!潜伏期間や発熱、頭痛の特徴とは?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ