猫の寿命の平均はいくつ?長生きさせるコツをわかりやすく解説!

犬や猫などのペットの平均寿命は基本的に人間より短いです。

また、ペットなどの中でとても長生きなのは実は亀で、ペットの亀の平均寿命は20〜30年でどのペットよりも長生きで、またギネス記録では亀の最高寿命は188歳と亀はとても長生きで、その亀の長生きのコツは緩やかでエネルギー消費が少ないというコツがあるので亀はとても長生きなのです

今回はそのペットの猫の寿命についてですが、猫は亀と違い平均寿命が短いですが、猫は犬よりも長生きなのです

また、あるコツを利用すれば猫の平均寿命が上がり、そのコツを利用すれば猫と一緒に長生きできると思います。

ですので、今回は猫の平均寿命と猫の平均寿命を上げるための『猫の寿命の平均はいくつ?長生きさせるコツをわかりやすく解説!』について解説します。

【スポンサードリンク】

猫の寿命の平均はいくつなの?

猫の平均寿命は2015年の一般社団法人ペットフード協会の調査では約15歳です。

また、この15歳というのは室内で生活している猫と野外で生活している猫の全体の平均寿命で、室内で生活している猫の平均寿命は16歳野外で生活している猫の平均寿命は14歳です。

猫の年齢を人間の年齢に換算

猫の1ヶ月は1歳
6ヶ月で9歳
1年で17歳
3年で28歳
10年で56歳
16年で80歳

上記の結果になり、猫にとって15歳になるというのはとても大変なのだということがわかります。

また、ペットである猫以外に犬もいますが犬の平均寿命は犬種にもよりますが基本的に10〜13年で、実は猫は犬よりも長生きなのです。

【スポンサードリンク】

猫の寿命を長生きさせるコツ

猫の寿命は犬の平均寿命よりも長生きですがそれでも人間と比べれば平均寿命は短いです。

ですが、実は猫の平均寿命を上げる方法があり、その方法を紹介します。

【食事と運動をバランスよく行う】

実はどの猫種も共通して注意が必要なのは肥満なのです。

猫独特の可愛らしいしぐさでつい餌を多く与えてしまう飼い主さんも多いと思いますが、肥満は人間や犬などにもいろいろな病気を引き起こすのです。

エサを与えすぎた時は少し運動をさせてエネルギーを消費させたり、1回1回のエサの量や1日に与えるエサの量を減らして回数を多くする、など運動と食事のバランスに気をつけて、猫の肥満の対策に気をつけてしっかりバランスよく運動と食事を調えて下さい。

【猫を室内で生活させる】

上記で紹介した通り、猫の平均寿命は15歳で室内で過ごした猫は16歳で野外で生活をした猫の平均寿命は14歳の結果の通り、室内で生活した猫の方が室外で生活した猫よりも2歳も長生きです。

また、日本の猫は交通事故に遭って亡くなることがとても多くあります。

ですので、野外よりも室内で生活した方が猫の平均寿命は上がりますので、猫を飼う時は野外で生活させるのではなく、室内で過ごすことをオススメします。

【1匹以上ペットを飼わないなどの多頭飼いをしない】

複数の猫を同じ環境で飼育することを多頭飼いといいます。

多頭飼いのメリットは飼い主が忙しくても猫同士で遊ぶことができるなど、多くのメリットがありますが寿命の観点ではデメリットが大きいのです。

元々猫は単独行動を好む動物です。

ですので、猫が多頭飼いの環境に置かれると常に他の猫が近くにいるので、ストレスが溜まりやすくなります

また、感染症にかかった猫がいると、その猫を中心に他の猫にもどんどん感染してしまうので、多頭飼いには健康管理にも気を使わなくてはいけません。

ですので、猫は1匹にするなど多頭飼いをしないようにしてください。

【飼っている猫の遺伝病を調べる】

猫は猫種ごとに遺伝病が異なり、遺伝病とは親から先天的に貰い受けるものが遺伝病で、遺伝病には治療法が見つかっていない病気が多いのです。

ですので、獣医に診断をして、猫種ごとにかかりやすい遺伝病をチェックすることをおすすめします。

最後に

まとめとして、猫は犬よりも平均寿命が高いのですが人間よりも短いです。

ですので、よりペットの猫と一緒に長生きするためには上記のコツを利用すれば長生きできるので実行することをオススメします。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ