猫の動画 かわいい鳴き声の意外なワケ

猫のかわいい鳴き声は、実は欲求が隠されています。
かわいい猫の鳴き声で欲求がすぐにわかるのは16種類もの鳴き声を使い分けて、人間に要求を伝えようとしているから?!
猫の動画を撮り行動を見てみるとわかるかも。

猫の動画を見るだけでも、かわいい鳴き声に癒されをうですが、かわいい鳴き声にも色んなパターンがあるようです。
動画に撮り行動を確認してみましょう。
普段気づかないことが、動画を見て気づくことがあるかもしれませんね。

今日は『猫の動画 かわいい鳴き声の意外なワケ』と題し、猫の鳴き声を検証してみましょう。

【スポンサードリンク】

猫の鳴き声の意外なワケ

猫の鳴き声、同じ「ニャー」でもお腹がすいた時と、なでて欲しい時の「ニャー」は違います

お腹すいた~
なでてちょうだ~い
ドアあけて~」などなど、猫が鳴くと、私達人間はついつい反応してしまします。

猫も気持ちを伝えるのに一生懸命なのです。
それぞれの猫の鳴き声の違い、猫をかっている方はわかるでしょうか?

実は猫は、「こう鳴けば人間が動いてくれる」というのをこれまでの経験から知っています。

あの小さな頭で理路整然と考えているのかもしれません。

実は、動物行動学の専門家ボニー・ビーバー博士も支持しています。

また、鳴き声ではなく瞬きでも合図をおくるそうで、瞬きは「仲良し」「敵じゃないよ!」という証です。

猫のゆっくりの瞬きはキスにあたる愛情表現なんだとか!とってもかわいいですね。

他にも、嬉しい時はしっぽをピンと立てて頭をぶつけてきたり、リラックスして耳がフニャとなっていたり、おひげを顔いっぱいに広げて緊張していたり…と、その感情表現は無限です。

鳴くこと以外でも、たくさんの感情表現をして、アピールしているのです。

意外と、人間にはいっぱいお話しているようです。

そう考えると、猫が鳴くときは私達人間に話しかけているとき、ということになるのでしょうか。

それ以外に、猫は鳴かないのかもしれません。

なぜ、猫が鳴くかというと、人間に喋りかけるためであり、餌をもらうための手段なのですね。

お腹がすいたら鳴く、まるで、人間の赤ちゃんと同じです。

空腹を満たすために、「ニャー」と鳴く、すると人間から餌をもらえます。

その繰り返しで、「ニャー」の声を変えて、様々な要求を満たしているようです。

【スポンサードリンク】

猫の動画でわかる行動の意味

さらに、色々な行動で気持ちがわかります。

例えば頭をこすりつけてくるときは「マーキング」です。マーキング行為自体、フェロモンを分泌するということが心地よいということを示しており、猫にあなたがマーキングされたなら、「この人はわたしのもの!」という主張をしていることになります。

次に、お腹を見せるときは「あなたを信頼しあなたを愛している」という合図です。

猫にとって、お腹を相手に見せるのは、内蔵のつまった猫の弱点を見せるということなので、あなたを警戒していないことになります。

さらに、人の前に座ったり、いたずらするときもあります。

これは構って欲しいので、なでてあげたりすることで落ち着きます

飼い主さんの嫌がることをして気をひこうとすることもありますが、まるで人間と同じですね。

人間も、相手に構って欲しい時は、素直にかまって欲しいと言えず、ついつい意地悪をしてみたり、子供だと叱られることをしてみたりしますもんね。

そして、そっぽを向いて相手に敵意がないことを相手に伝えようとしたり、姿勢を低くして耳や尻尾を下げるのは警戒するものがあり、ストレス状態にあります。

警戒心の強い時は、隠れたり、逃げることもあります。隠れたときは、無理に引っ張り出さず、そっと見守ってあげてくださいね。

いずれにしても、猫がなぜ「ニャー」と鳴くかというと、人間が話すからそれと同じように会話しているようです。

その会話は、餌をもらうため・・・まさに分かりやすいですね。

普段は鳴かない猫が、餌をもらうために鳴く、その合図はしっかり受け止めてあげたいものですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ