★ネクタイの結び方!基本の結び方からおしゃれな結び方まで完全網羅!

【スポンサードリンク】

みなさん、ネクタイはきちんと結べていますか?

基本の結び方でも慣れるまでは、結び目がキュッと締まっていなかったり、しっかり上まで締めあげていなかったりと、だらしなくネクタイを締めていたりしがち。

ネクタイの基本的な結び方はどのようにしたらよいのでしょうか?

また、基本の結び方以外にもおしゃれな結び方はあるのでしょうか?

おしゃれな結び方を知っておけば、カッコよくキマりますよね。

そんな気になるネクタイの基本的な結び方やおしゃれな結び方についてクローズアップ!

今回は『ネクタイの結び方!基本の結び方からおしゃれな結び方まで完全網羅!』についてご紹介します。

基本的なネクタイの締め方

  • プレーンノット

    しっかりと締め上げることにより、結び目が小さく、すっきりした印象になるので、最近の主流である細身のスーツや細いネクタイとも相性がよいです。

    そして、最も簡単で、ネクタイへの損傷も少ないので、万人から広く受け入れられています。

    結び方は、以下の通りです。

    1. 大剣を上にして、ネクタイをクロスさせます。

    この時、大剣を小剣よりも長めに取っておくと、結び終えた時に程よい長さに収まります。

    2. 次に、小剣の下から大剣をぐるりと1周させます。あまりに襟の近くの上の方でやってしまうと、結びにくくなるので、目にみえる程度の位置で行いましょう。

    3. 1周させたら、大剣を首とネクタイの間から前に持ってきます。

    この時、ノットの原型を壊してしまわないように、大剣を巻き付けた部分を空いている手で押さえながら行います。

    4. 最後に2で1周させた大剣と小剣の間に先端を通して完成です。

  • ダブルノット

    ダブルノットは、プレーンノットを二重に巻く結び方です。

    細いネクタイや長いネクタイ、薄手のものとは相性がよい結び方ですが、ボリューム感のあるねネクタイでしてしまうと結び目が大きくなりすぎてしまいますので、注意が必要です。

    結び方は、以下の通りです。

    1. 最初の行程は上記のプレーンノットと同じです。

    2. 小剣の周りを大剣で2周させます。

    ここがプレーンノットとの違いで、ノットにボリュームがでるポイントです。

    3. 2重に通した間から大剣を通して完成です。

  • ウインザーノット

    ウィンザーノットは英国王のエドワード八世、のちのウィンザー公が世に知らしめた結び方としてこの名前がついており、フォーマルでブリティッシュな印象になる結び方です。

    そして、ウインザーノットは、大きな結び目になりますので、長すぎるネクタイや、プレーンノットでは結び目が小さくなりすぎてしまうときにおすすめの結び方です。

    結び方は、以下の通りです。

    1. ウィンザーノットの場合、初めに小剣をかなり短めにしておきます。

    そして、大剣を小剣の上でクロスし、小剣の下をくぐらせ首元にもっていき、そのままくぐらせた方向に大剣を通します。

    2. そのまま小剣の後ろを通り、1とは反対側に大剣を持っていき、下から上にループを通しつつ、反対側にも同じよう小剣に大剣を巻き付けます。

    3. その後、小剣の上を通り、のど元を通します。

    ここがそのままノットになりますので、形をしっかり作るのがポイントです。

    4. 最後に上から3でつくった大剣との間に先端を通して完成です。

  • スモールノット

    非常にコンパクトな結び目で、ノットがスマートな印象になります。

    プレーンノットでも結び目のボリュームが出すぎる場合や、大きな結び目が苦手な男性におすすめの結び方です。

    結び方は、以下の通りです。

    1. 小剣を手でもって結び目をつくっていきます。

    そして、大剣を小剣の上でクロスさせるのは同じですが、小剣をねじって、裏側が表に来るようにします。

    2. 次に、小剣をつかみ大剣の前を通して、逆側のフープに下からのど元に向けて通します。

    3. 最後に、小剣を2でつくった大剣との間に通せば完成です。

おしゃれなネクタイの締め方

  • クロスノット

    結び目が主役になり、シンプルな中にも変化をつけたい男性におすすめの結び方です。

    結び方は、以下の通りです。

    1. クロスノットでは、小剣を上にして大剣をクロスさせ、大剣の周りを1周させます。

    2. スタートした方の反対側から小剣の上を通りながら、のど元を上から通します。

    3. そのまま作った結び目の後ろ側に大剣と重なるように小剣を通し、最後に形を整えれば完成です。

  • メロビジアンノット

    映画マトリックスに登場する「メロビジアン」にインスパイアされ、生み出された結び方だとされています。

    結び方は、以下の通りです。

    1. 小剣を上にして、大剣とクロスさせます。大剣の裏を見せるように持ち上げ、のど元を通します。

    2. そのまま小剣の上を通し、大剣を逆側にもっていき、下からフープを通しのど元にもっていき前に通します。

    3. その後、反対側から大剣を結び目の下を通し、身体側に持ってくるようにフープを通し、小剣の後ろに大剣が来るようにします。

    4. 最後に、裏側にあるネクタイの間に大剣の先端を通せば完成です。

  • 【スポンサードリンク】
  • ニッキーノット

    エレガントでありながらも、幅広く使える結び方です。

    結び方は、以下の通りです。

    1. 通常と違いネクタイを裏向きにシャツの襟に通します。

    2. 小剣を上にし、大剣を右下から身体側に向けて通し、左側に向けるようにして通します。

    3. その後、小剣の上を通るように回し、右下から前に出すようにフープを通し、大剣を前に持ってきます。

    4. 3で通したネクタイと小剣の間に大剣の先端に通せば完成です。

  • エルドレッジノット

    大剣が前に来ているので、メロビジアンノットほどインパクトが強すぎず、結び目でインパクトを出したい方におすすめです。

    結び方は、以下の通りです。

    1. 小剣を大剣の上にクロスさせます。

    2. そのまま大剣の下を通し、逆側にもっていき、身体側に向かって小剣の先端をフープに通します。

    3. その後、もう一度2と同じ方向から、今度は大剣の上を通し、身体側からフープを通します。

    4. そして、2と3と同じ方向から、今度は2と同じように大剣の下を通るように、小剣の先端を持っていきます。

    5. 小剣の先端を、4でつくったノットとの間に通し、身体側に向かってフープを通します。

    6. もう一度同じフープに、今度は下側から小剣を通し、逆側から出し、その小剣を5でつくったノットとの間に通し、同じ工程を行います。

    7. 最後に小剣を、シャツ襟の中に隠すようにしまい込めば完成です。

NGなネクタイの締め方

  • シャツの第一ボタンを締めない

    第1ボタンを留めずにネクタイを締めてしまうとノットができていても、だらしない印象になってしまいます。

    クールビズの時には、ノータイで第1ボタンをはずしていても構いませんが、ネクタイを締めるときには第1ボタンまでしっかり留めるのが基本です。

    シャツが大きすぎてネックが合ってない男性や、小さすぎて第1ボタンが留められない男性は、きちんと自分のネックサイズに合ったシャツを選んで、しっかり一番上まで留めるようにしましょう。

  • 上まで締め上げていない

    シャツとネクタイの間が空いてしまっていると、だらしない印象になってしまいます。

    苦しくない程度に上まで結び目を上げるようにしましょう。

    結び目を持ちながら、小剣(ネクタイの細くなっている方)を引っ張ることで、結び目を上までもっていくことができます。

  • 結び目がきちんと閉まっていない

    結び目(ノット)がきちんと締まっておらず、大きすぎると野暮ったくなり、Vゾーンの雰囲気が悪くなってしまいます。

    大剣(ネクタイの太い方)を引っ張ってあげることで、綺麗になります。

まとめ

今回はネクタイの基本的な結び方やおしゃれな結び方についてご紹介しました。

ネクタイは、日常的な結び方からパーティなどにも使える結び方など様々あります。

【スポンサードリンク】

初めはうまく出来ないかもしれませんが、回数を重ねて、コーデイネートを楽しみましょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年4月11日

カテゴリー:日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ