熱中症の症状?子供の発熱や頭痛、嘔吐の対処法

夏は水遊びやプールなど子供たちが炎天下で遊ぶ機会が増えてきますね。

そんなときに気になるのが子供の熱中症です。

特に小さい子供は自分で症状を訴えることができないため、発熱や頭痛や嘔吐があって泣くだけです。

また熱中症の症状が風邪と似ているため、発熱や頭痛、嘔吐といった症状が出ても、
「風邪だろう」と適切な対処をしないでいると、症状が重くなり、命に関わることにもなりかねません。

同じ発熱、頭痛、嘔吐といった症状でも、風邪と熱中症では対処の仕方が違います。

ですから子供の風邪と熱中症の違いを知り、今起きている発熱、頭痛、嘔吐といった症状が、風邪によるものなのか、それとも熱中症によるものなのかを見極め、適切な対処をする必要があるのです。

そこで今日は熱中症の症状を解説し、風邪の時との対処の仕方の違いと、発熱や頭痛、嘔吐といった症状が起きた時にどう対峙していけば良いか『熱中症の症状?子供の発熱や頭痛、嘔吐の対処法』について書いていこうと思います。

【スポンサードリンク】

熱中症の症状。子供の発熱への対処法

炎天下で子供が汗をかいて遊んでいると、元気だから大丈夫と思ってしまいますが、この大量の発汗こそ熱中症のサインなのです。

大量の汗とはまるで水をかぶったような、びしょ濡れの状態になっているという状態です。

風邪の場合であれば、熱が出る時は寒気なのですが、熱中症では大量の汗の後に発熱します。

この時子供の身体の中では、外気の高温に対応しようと、大量の汗をだし必死に体温を下げようとしており、次第に水や塩分が抜けていき、出す汗がなくなると、大量が維持できなくなり、発熱が起こります。

もし子供が発熱したら、熱中症の症状の中でもかなり重度の状態であることを意味するので、意識のあるなしに関わらず、まずは救急車を呼びましょう。

特に子供は急激に症状が悪化してしまうので、水分や塩分を補いながら、救急車の到着を待つしかありません。

熱中症の症状。子供の頭痛への対処法

子供の熱中症で頭痛がおこる原因は身体の水分の不足げ原因となります。

大量に汗を書いたのに水分補給が足りない時によくおこるもので、熱中症の中では中程度の状態であり、緊急ではないですが、病院への受診を推奨します。

この時唇が乾いていたり、肌がカサカサであったり、おしっこの量が少なかったりすると、風邪ではなく、熱中症の可能性が大です。

対処法としては、まずは脇や首などを冷やし、体温を下げて、ひたすら水分、塩分補給をしていきます。

頭痛は場合によっては一週間ほど続く場合がありまぜ、規則正しい生活をしていれば、改善します。

逆に一週間たっても改善しない場合は、違う病気の可能性もあるので、病気を受診しましょう。

【スポンサードリンク】

子供の熱中症。子供の嘔吐への対処法

子供が熱中症により嘔吐する原因は、身体が体温を下げようと、大量の汗をかきます。

この時皮膚の血管が広がることで、逆に胃や腸などの消化器官の血流が減少し、さらに身体は心臓や脳などの重要な器官を守るため血管を収縮させその刺激により嘔吐が起こります。

子供が熱中症で嘔吐している場合は、水分補給をしても、吐いてしまう場合があるので、まずエアコンの効いた部屋に寝かせて、身体の表面を冷やしてください。

特に脇や首足の付け根などに保冷剤などを当てて冷やすと良いかと思います。

それにより、広がっていた皮膚の血管が収縮し、嘔吐の症状が改善する場合があります。

ただあまりにも吐き気が強く、水分補給ができない場合は速やかに医療機関を受診し、点滴などの治療を受けるとよいと思います。

まとめ

このように子供の熱中症による発熱、頭痛、嘔吐の症状による対処法を見てきましたがいかがだったでしょうか?

特に小さい子供の場合は、こういった症状が出てから、意識障害など重度化するまでの時間が短く、特に早期発見が求められます。

その目安となるのが汗の状態です。

普段と違い、明らかに汗の量が多かったり、した場合は速やかに水分補給を行い、熱中症の症状が悪化しないようにしていきましょう。

今日も読んで頂きありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ