熱中症対策グッズの中でおすすめの食べ物や飲み物

暑くなってくると心配になってくるのが、熱中症です。

熱中症とは身体の体温調節機能が何らかの障害を受け、汗が出にくくなってしまうために身体に熱がこもり、対策せずに放っておくと、死に至ってしまう危険な病気です。

熱中症の対策の飲み物として水分のみを摂る方がおられますが、熱中症では水分と同時に塩分をも失ってしまうので、大量の水を摂ると熱けいれんを起こしやすくなります。

そんな怖い熱中症に対して最近ではたくさんのおすすめ対策グッズが出てくるようになりました。

東急ハンズなどの熱中症におすすめの対策グッズのコーナーにはアイデアに富んだ様々なグッズが売られています。

「対策グッズを使うのもいいけれど、できれば普段の食べ物や飲み物で熱中症対策したい」と思い調べてみました。

調べてみると熱中症はいくつかのする栄養素が不足して
起こるものが多く、それに対応したおすすめの食べ物や飲み物をとる必要があるということが分かってきました。

今日はおすすめの食べ物や飲み物で熱中症対策グッズのかわりになるよう『熱中症対策グッズの中でおすすめの食べ物や飲み物』を紹介していきたいと思います。

このおすすめ情報を知ることで身近な食べ物や飲み物で、熱中症予防あるいは症状の軽減繋がっていきます。

それでは早速おすすめの食べ物や飲み物を紹介していきましょう。

【スポンサードリンク】

熱中症対策グッズに中でおすすめの食べ物3つ

  • レモン
  • スイカ
  • 梅干し

【レモン】

レモンは疲労回復効果のあるクエン酸とビタミンCが両方含まれています。

クエン酸には筋肉疲労物質である乳酸の発生を抑え、疲労回復をする効果と、その乳酸や脂肪をエネルギーにかえて体を元気にする働きがあります。

一方ビタミンCはクエン酸まではいきませんが、免疫機能を強化してくれる作用があり、夏バテ予防にも効果的です。

【スイカ】

スイカが熱中症に効果的な理由は何といってもその水分量です。

スイカの90%以上は水分でできており、それもただの水分ではなく、カリウム、ナトリウム、マグネシウムといったミネラルが豊富な水分を摂ることができます。

中でもカリウムは汗をかくことでもっとも失われていく成分であり、カリウムを多く失なうと組織細胞全体の脱水につながり、重要な臓器の機能障害に発展してしまいます。

それらのミネラルを同時にとれるのが、スイカというわけです。

なおスイカを普通に「食べたのでは熱中症で失われた塩分を補給することは難しいので、スイカに塩をつけて食べるのが良いでしょう。

【梅干し】

ここまでスイカやレモンなどの栄養成分を紹介してきましたが、そのほぼすべての栄養成分を備えた食べ物こそが梅干しです。

梅干しには疲労回復効果のあるクエン酸、汗で最も失われるカリウム、塩分のすべてが入っています。

これを1日1,2粒食べることで夏バテ、熱中症予防に効果的なのでぜひおすすめします。

ただしあまり過度に摂りすぎると塩分過多になるので、摂り過ぎには注意しましょう。

【スポンサードリンク】

熱中症対策グッズの中でおすすめの飲み物3つ

  • 牛乳
  • ミネラル入り麦茶
  • 冷やし味噌汁

牛乳

夏の暑い日などに運動したあとは牛乳をコップ1杯飲むことで、血液量が増加し免疫力が上がることで熱中症に負けない強い体を作ることができます。

ミネラル入り麦茶

暑さのために汗をかいてしまうと、大量のミネラル分を失ってしまいます。

しかしただのお茶ではミネラル分を摂ることが難しいので、ミネラル分入りの麦茶を買ってみましょう。

お茶は濃いと利尿作用があり、逆に水分を失ってしまいますからなるべく濃くないものにし、量はコップ1杯が目安といえます。

冷やし味噌汁

ドリンクという部類に入るかはわかりませんが、こちらも汗で失われれる塩分を補う上で重要な飲み物です。

暑くなるとなかなか暑い味噌汁を飲むことができず、塩分不足になりがちです。

そこで味噌汁を冷やすことで飲みやすくなり、熱中症対策に重要な栄養素である塩分、大豆に含まれるビタミンB1を効果的に摂取することができます。

まとめ

このように熱中症対策に効果があるおすすめの食べ物や飲み物を見てきましたが、いかがだったでしょうか?

どの食べ物も適量とることが重要になってきます。

また急に食べて効果を発揮するものでもありません。

日頃から摂り続けていくことで、熱中症に強い身体を作ることができるので、ぜひ今日から始めてみてください。

今日も読んで頂きありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ