★「オカアサンヤスメ」「ハハキトク」は家庭料理の定番メニュー!どういう意味?

【スポンサードリンク】

料理の練習を始めてみたいけど、どんなメニューを作ればいいのかと悩んでいませんか?

料理を一から始めようと思っても、一体何から始めたらいいのか分かりませんよね。

そんなとき、これさえ作れば大丈夫と昔から言われてきた定番の家庭料理メニューがあります。

それは、「オカアサンヤスメ」と「ハハキトク」です。

「オカアサンヤスメ」、「ハハキトク」みなさんは聞いたことはありますか?

「オカアサンヤスメ」、「ハハキトク」とは一体どのような意味なのでしょうか?

パッと聞いただけでは、意味が想像しにくいですよね。

また、「オカアサンヤスメ」、「ハハキトク」とは一体どのような定番家庭料理なのでしょうか?

そんな気になる「オカアサンヤスメ」、「ハハキトク」の定番家庭料理のメニューや意味についてクローズアップ!

今回は『「オカアサンヤスメ」「ハハキトク」は家庭料理の定番メニュー!どういう意味?』についてご紹介します。

「オカアサンヤスメ」とは?

「オカアサンヤスメ」とは、昔から主婦が知っておくべき家庭料理のメニューとして知られてきたものです。

「オカアサンヤスメ」は、メニューの頭文字をとったもので、

「オ」:オムライス

「カ」:カレーライス

「ア」:アイスクリーム

「サン」:サンドイッチ

「ヤ」:焼きそば

「ス」:スパゲッティ

「メ」:目玉焼きまたは麺類

があてはまります。

「ハハキトク」とは?

同じように「ハハキトク」も頭文字をとったもので、

「ハ」:ハンバーグ

「ハ」:ハムエッグ

「キ」:餃子

「ト」:とんかつ

「ク」:クリームシチュー

となります。

「まごわやさしい」とは?

「まごわやさしい」とは、「オカアサンヤスメ」、「ハハキトク」とは逆に健康にいい食べ物を指します。

「ま」:豆類

「ご」:ごま

「わ」:わかめなど海藻類

「や」:野菜

「さ」:魚類

「し」:しいたけなどのきのこ類

「い」:いもなどの根菜類

【スポンサードリンク】

「オカアサンヤスメ」、「ハハキトク」の由来は?

「オカアサンヤスメ」は、1980〜90年代くらいまで、夫と子供が好きなメニューとして知られていました。

しかし、いつの頃からか「高カロリーで体によくない食事」として伝えられるようになりました。

そのため、「オカアサンヤスメ」、「ハハキトク」の解釈は世代によって違いがあります。

「オカアサンヤスメ」が体に悪いものと言われるようになったのは、健康食を取り扱ったテレビやインターネットなどによる影響が大きいです。

そのため、「オカアサンヤスメ」、「ハハキトク」は近年の健康食ブームにより、「高カロリーで体に悪いメニュー」の扱いを受けるようになりました。

しかし、カレーやハンバーグなどはどの家庭でも作る家庭料理です。

また、子供が好きなメニューは大人の男性も好きなメニューでもあります。

そのため、男性が求める家庭料理は、「オカアサンヤスメ」、「ハハキトク」であるとも言えます。

そのため、料理を勉強しようと思っている方は、「オカアサンヤスメ」、「ハハキトク」のメニューもマスターしておくとよいでしょう。

まずは一つのメニューをマスターする

料理を勉強する際、大切なことは一つのメニューをマスターすることです。

たとえば、カレー。

カレーを作る際に、野菜の皮をむいたり、玉ねぎを炒めたりといったことは、他の料理にも応用できる基本スキルです。

そのため、一つマスターすることで、他の料理も作れるようになっていきます。

消費カロリーを考える

夫や子供が好きなメニューばかりですと、カロリーが気になりますよね。

普段の生活でカロリーをほとんど消費せずに、摂取カロリーが蓄積されてしまうと肥満になってしまいます。

そのため、家族のカロリーを考えなければいけません。

家族が毎日しっかり運動していれば、普段の食事が「オカアサンヤスメ」、「ハハキトク」でも問題はありません。

まとめ

今回は、「オカアサンヤスメ」、「ハハキトク」の定番家庭料理のメニューや意味についてご紹介しました。

【スポンサードリンク】

料理の勉強をしたいと思っている方、家庭料理の定番として、「オカアサンヤスメ」、「ハハキトク」を覚えておくとよいでしょう。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年8月8日

カテゴリー:家事

サブコンテンツ

このページの先頭へ