お小遣い帳の書き方を学ぶことで、子どもの金銭感覚を教育できる?!

お小遣い帳の書き方を学ぶことが、小さな頃から身につけておきたい金銭感覚を作る!

と言ったらあなたは信じるでしょうか。お小遣いの書き方を学ぶ事によって子どもの金銭感覚を家計簿で養います

子どもの金銭感覚は一生を左右するものと言っても過言ではありません。

家計簿だと最初のハードルとしては高すぎるので、子どもの書き方としてはお小遣い帳を家計簿としてはじめる事をおすすめしています。

教育の中に入っていないけれど、子どもの金銭感覚を養うこと、これを学ぶことは大切なこと。

お小遣い帳(家計簿)の書き方を学んで『お小遣い帳の書き方を学ぶことで、子どもの金銭感覚を教育できる?!』から大人になって困らないような金銭感覚を身につけましょう!

【スポンサードリンク】

お小遣い帳(家計簿)はいつ頃からつけるの?!

お小遣い帳(家計簿)の書き方を学ぶと、自然とお金の出入りの流れが分かり、いつの間にか金銭感覚が身につくとしたら良くないですか?

今の学校教育では、お金の使い方は教えてくれません。

しかしながら、大人になってから必要とされるのは金銭感覚

どのようにお金が生み出され、どのように使われていくのかを知ったうえでお金と上手に使うことが大切ですね。

その入った金額と出て行くお金の流れを把握するために、ひと目で分かるのがお小遣い帳(家計簿)です。

お小遣いを手にするその日から、お小遣い帳(家計簿)を書いていると、知らない間に身についてくる金銭感覚。

その金銭感覚は教えてもらわないのに身につくのですから、素晴らしいことですね。

実践で学ぶことほど、役立つものもありません。

【スポンサードリンク】

お小遣い帳の書き方のポイントは?

まずお小遣いをもらい始める小学校低学年では、お小遣い帳(家計簿)を付けるのはまだまだ難しいところです。

しかし「お金は使ったらなくなる」ということを体験させることから学ぶことはできますね。

お小遣い帳(家計簿)の書き方の見本を書いてあげたりしながら、嫌にならない程度に習慣化していくと、子どもでもお金に対する正しい知識が身につくものです。

まずは、もらった日や使った日をチェックすることから始めてもいいですね。

お小遣いの管理ができるようになると、大人になってからもしっかりした金銭感覚が身についているということになり、家計簿もカンタンにつけれます。

お小遣い帳(家計簿)の書き方も様々ですが、単純に「いついくら入ってきたか」「いついくらでていったか」ということを把握する事が大切です。

そしてどれだけ残っているか。

また何に使っているか、ということがわかると来月の予測がつきますね。

お小遣い帳(家計簿)を書く事に慣れてくる、小学校高学年や中学校になれば、そのようなことも少しずつ教えておきたいところです。

そして、残ったお金と、お小遣い帳(家計簿)の金額を一致させるというようなこともできるようになると一人前ですね。

まとめ

子どもの頃にお小遣い帳(家計簿)を付けている人と、そうでない人では、お金の流れをつかんだり、全体の収支の把握をする能力が違ってくるのではないでしょうか?

学校教育でお金の使い方やお小遣い帳(家計簿)のつけ方は教えてくれません。

「お小遣い」という決められた範囲が「給与」になり、「資金」になるのです。

ですが、扱うものは違えど、入ってきたもの、出ていくものというカンタンな流れは変わることはありません。

むしろ、シンプルに考える方が分かりやすいことも多いです。

子どものころからお小遣い帳をつけること、それを習慣にすることで、お父さんやお母さんも助かる事が増えそうですね!

「お金」の使い方、などというとストレートすぎるかもしれませんが、今の社会で生きていくには必要不可欠なものが「お金」です。

正しく使い、正しく管理できること、これが子どもの頃からのお小遣帳の書き方を学ぶことでマスターできるなら、お小遣い帳をつくるしかありませんね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ