★お食い初めのメニューを簡単に。意味と順番はあるのか?

【スポンサードリンク】

赤ちゃんが生まれておよそ3ヶ月経つと、お食い初めの儀式がありますね。

地方によって、行う時期にばらつきがあるようですが、一般的には生後100日前後となっています。

お食い初めのメニューは、一体どのようなメニューなのでしょうか?

家でも簡単に用意できるメニューなんでしょうか?

簡単にできれば、重く考える必要がありませんよね。

また、お食い初めのそれぞれのメニューの意味はどのような意味があるのでしょうか?

さらに、お食い初め膳が用意され、その食べさせ方には順番がありますが、どのような順番で食べさせるのでしょうか?

そんな気になるお食い初めのメニューは簡単に作れるのか、意味や順番などについてクローズアップ!

今回は『お食い初めのメニューを簡単に。意味と順番はあるのか?』についてご紹介します。

お食い初めはいつやるもの?

お食い初めは、赤ちゃんが生まれてから百日目に行なうのが一般的です。

地方によっては、百十日目、百二十日目などに祝うところもあります。

お食い初めは、きちんとその日に行なわなくてはいけないということではありません。

あくまでも目安にすぎず、その前後のできれば、全員が顔を揃えられる都合のいい日(吉日)を選び、皆でお祝いするといいでしょう。

お食い初めは、色々な呼び方があり、例えば、初めて魚を食べさせるということで「真魚(まな)始め」、初めて箸を使うので「箸揃え」「箸祝い」ともいわれます。

また、祝う時期が生後百日前後なので、「百日(ももか)の祝い」や「歯がため」という呼び方の地域もあります。

さらに、最近は、ホテルや料亭・レストランなどでも「お食い初め」用にパーティーを開くところも増えてきたようです。

お食い初めに準備するものは?

お食い初めの儀式は、子供が一生食べ物に困らないように願って赤ちゃんに食べ物を食べさせると同時に、歯が生えるほど成長したことを喜ぶという意味もあります。

食器は新しいものを用意してあげましょう。

一般的に、使用するお膳はお嫁さんの実家から贈るしきたりとなっています。

最近は、特にこだわらず嫁ぎ先や、ご本人がご用意されているようです。

正式なものは、漆器を用いて高足の御膳に設えます。

器の漆の色も赤ちゃんの性別で異なり、男児の場合は内外ともに赤色の漆器を用いて、女児の場合は外側が黒色で内側が赤色の漆器となります。

ただし、漆器は、高価かつデリケートな器なので、最近は離乳食用の食器に盛り付ける家庭が増えてきています。

祝い膳一式を、母方の祖父母が贈る習わしがありますが、こちらも現在では、離乳食用の食器を贈るケースが増えているようです。

お食い初めのメニューは?

・鯛などの尾頭付きの焼き魚(地方によって魚の種類が違う場合もあります)
・すまし汁(鯛、鯉などの実)
・煮物
・香のもの
・赤飯、白飯

お食い初めの献立の内容は、基本的には一汁三菜と鯛の尾頭付で、江戸時代のころから行われています。

さらに、丈夫な歯が生えるように、歯固めの小石と、しわがいっぱいになるまで長生きできるように梅干を添える習慣もあります。

また、二の膳として紅白の餅を五つ添えるのが本格的なものです。

食べさせる人は?

お食い初めは両親・祖父母そろっている場合は最年長(赤ちゃんのおじいちゃんなど)の方に行っていただきます。

長寿にあやかるという意味から、親族の中の最年長者が赤ちゃんの口に食べ物を運びますが、最近では祖父母にお願いすることが多いそうです。

【スポンサードリンク】

食べさせる順番は?

「赤飯→お吸い物→赤飯→鯛→赤飯→お吸い物」の順番で食べさせます。

これを1セットとして次は鯛のところを煮物に変えます。

「赤飯→お吸い物→赤飯→煮物→赤飯→お吸い物」。

「赤飯→お吸い物→赤飯→酢の物(お漬物)→赤飯→お吸い物」。

最後に、「歯固めの石(梅干)→赤飯→お吸い物→赤飯」の順番です。

地域によって食材が異なるところもありますが、最初は必ず鯛、最後は歯固めとなります。

一口ごとに、「大きくなあれ」、「いっぱいお食べ」、「一生食べ物に困りませんように」と話しかけながら行うようにしましょう。

お食い初めのメニューの意味は?

  • 尾頭付きの焼き魚

    尾頭付きの魚は鯛が一般的ですが、地方によって違う魚の場合もあります。

    鯛は赤い色がおめでたいということからお祝い事によく登場する魚で、七福神の恵比寿様が釣っているのも鯛であり、昔からお祝いの席で食べられてきました。

  • 赤飯

    赤飯には邪気をはらったり、魔よけの意味がこめられています。

    また、昔のお米は赤かったということと赤い色がめでたいことから、お祝いの場面での赤飯は定番となっています。

    赤飯の代わりに白いご飯や小豆のおかゆ、季節に応じては栗ご飯などの場合もあります。

  • 汁物

    汁物はお吸い物が一般的ですが、すまし汁や味噌汁の場合もあります。

    使用する具材ははまぐりやえび、鯛が一般的ですが、地域によっても違いがあります。

    はまぐりはもともとの貝殻同士でないとぴったり合わさらないことから、パートナーに恵まれるようにという意味があり、えびは腰が曲がるまで長生きできますように、との意味合いがあります。

  • 煮物

    煮物は一般的にたけのこ、れんこん、にんじん、しいたけなどを使った野菜で作ります。

    彩りを考えて季節の旬の野菜を使いましょう。

    たけのこはまっすぐにすくすくと成長しますように、れんこんは先の見通しがきくように、里芋は小さい芋が多くできることから子どもにたくさん恵まれますように、という意味合いがあります。

  • 香の物

    香の物(漬物)には長寿の意味があります。

    季節の野菜や地元の名産品などを漬けこんだ漬物を使用します。

    香の物の代わりに酢の物を用意することもあります。

    酢の物は紅白なますにすると縁起がよく見た目もきれいです。

    たこの酢の物も「多幸」にかけて縁起物です。

  • 歯固め石、梅干

    歯固め石は、赤ちゃんに健康で強い歯が生えますように、一生食べ物に困りませんように、という願いがこめられた福石です。

    お宮参りのときに授かることもありますが、ない場合は神社の境内にある石をお借りしたり、川原などにある石でもかまわないようです。

    神社で石をお借りした場合は、お食い初めを無事終えたら元の場所にお返しするのを忘れないようにしましょう。

    赤ちゃんの唇に直接触れるものですので、きれいに洗ってから使うようにしましょう。

    梅干は、しわがあることから、しわができるくらい長生きできますように、という意味があります。

まとめ

今回は、お食い初めのメニューは簡単に作れるのか、意味や順番などについてご紹介しました。

【スポンサードリンク】

大切なのは赤ちゃんの健やかな成長を願いお祝いしたいという気持ちですので、それぞれのスタイルに合わせてお食い初めのお祝いをしてみてください。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年9月6日

カテゴリー:子ども 赤ちゃん 食べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ