リオオリンピックの報奨金は海外ではいくら?競技別で徹底検証!

オリンピックの報奨金って海外はいくらもらえるのでしょうか?

特にリオオリンピックってきになりますよね。

競技別に、どれぐらい差額があるのか知りたいものです。

リオオリンピックって選手達は、いくら報奨金をもらっているのでしょうか?

とても気になりますよね。

海外なんかは莫大な金額になるんでしょうね。

たぶん競技別に違うと思うのですが、どうなんでしょうか?

リオオリンピックの報奨金とても気になりますよね。

競技別でリオオリンピックの報奨金、海外ではどうなのか?

日本だけじゃなく海外ではどうなのかということを競技別で知りたいものです。

そこで今回は『リオオリンピックの報奨金は海外ではいくら?競技別で徹底検証!』と題して大公開してみたいと思います。

【スポンサードリンク】

リオオリンピックの報奨金は海外ではいくら

リオオリンピックの報奨金は、国から報奨金が出るのですが、日本は、今まで報奨金が金メダル300万円でしたがリオオリンピックからは600万円にするということを日本オリンピック委員会が決定しました。

では他の国ではどうなのかというと、日本は報奨金が金メダルでも銀メダルでも銅メダルでも金額が、あまり変わらないですけれども他の国では、これは在り得ないことで、アメリカや中国など金メダルは報奨金が高額ですが、取る比率の高い国ほど、報奨金が少ないと言えます。

しかしアメリカなどヒーローを優遇する社会では、報奨金の金額の大小よりも、オリンピックに出場したことでスーパーヒーローということになるので、金メダルを取るということは、生涯の収入を約束されたということにになるから報奨金など、あまり意味のない報酬とも言えます。

逆に報奨金の多い国は、途上国で、報奨金のない国は、イギリスやスエーデンなど、やはり紳士の国と言われるような国になり、オリンピックやスポーツで報奨金が出ること自体が間違った考えとも言えるのかも知れません。

【スポンサードリンク】

競技別で徹底検証!

競技別でいくと、日本の水泳連盟が水泳選手に出す報奨金は、金メダルが200万円で、銀メダルが100万円で、銅メダルが50万円となりますが団体リレー戦になると、その団体の人数で割るので報奨金は少なくなります。

水泳連盟からだけでなく日本代表スポンサーからも報奨金が出ますが、その金額は、金メダルに対しては3000万円、銀メダル300万円、銅メダル100万円となっています。

日本競輪選手会からは、自転車競技に、金メダル3000万円、銀メダル2000万円、銅メダル1000万円となります。

日本陸上競技連盟からは、陸上競技で金メダル2000万円、銀メダル1000万円、銅メダル800万円となります。

日本テコンドー協会からは、テコンドーで金メダル1000万円、銀メダル500万円、銅メダル300万円の報奨金が支払われます。

日本ゴルフ協会からは、ゴルフ競技に対して、金メダルは、1000万円、銀メダルは、500万円、銅メダルは300万円が報奨金として支払われます。

日本バドミントン協会からは、金メダルは1000万円で、銀メダルは500万円で、銅メダルは300万円となります。

日本馬術連盟より馬術に対して、金メダル1000万円、銀メダル500万円、銅メダル300万円ということになります。

日本卓球協会からは、卓球競技に関して、金メダル1000万円、銀メダル400万円、銅メダル200万円ということになります。

まとめ

こんなに報奨金ってもらえるものなのですね。

これじゃ金メダルを取れないと、とてももったいないですね。

ぜんぜん知りませんでした。
まだまだ分からないオリンピック競技について、新しい情報が入り次第また大公開したいと思います。

どうもありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ