深酒するとおねしょする原因はストレスって本当?心理学的にはどうなの?

おねしょの原因っていろいろいろあるけれども

深酒で、おねしょするのは、ストレスや心理的なことが原因って知ってますか?

それにしても深酒で、おねしょってイヤですよね。

完全にストレスが原因という心理的原因があるみたいです。

深酒すると、おねしょをするってあまり知られていないのではないでしょうか?

原因って本当にストレスなのでしょうか?

心理的な原因って何なんでしょうか?

深酒と、おねしょって気になりますよね。

ストレスと心理学から原因を究明してほしいものです。

そこで今回は『深酒するとおねしょする原因はストレスって本当?心理学的にはどうなの?』と題して大公開してみたいと思います。

【スポンサードリンク】

深酒するとおねしょする原因はストレスって本当?

おねしょの原因は、深酒だけではなさそうで、加齢による原因もあるようなこともあります。

大人の、おねしょに悩む割合は、0.5~1.0%ぐらいと言われていて、100人~200人ぐらいに1人ぐらいの割合です。

そもそも、おねしょとは何かというと、日本夜尿症学会の定義では、国内でも、海外でも必ず定義されているわけではないので提唱も控えているといいます。

あまり世界的にも病気とは認められていないようで、原因もまだ分かってないことが多いようで、学会や研究も日本が最先端で他国では、おねしょの研究があまり進んでいないと言えるでしょう。

定義もはっきりされていない、おねしょですが、ここでは、排尿するときに排尿せずに、排尿してはいけないときに、排尿してします現象としておきましょう。

しかし、これが深酒により、排尿してしまったときは、アルコールが原因なので、おねしょとは言わず、筋肉が使えなくなった状態であり、つまりアルコールの影響で体が動かないので粗相をしてしまったと言ってよく深酒が原因で、おねしょをしたとは言い難いと言えます。

【スポンサードリンク】

心理学的にはどうなの?

おねしょは、心理学的には、原因があると言われていて、特に、家族から、怒られたとき、極度の心理的ストレスを与えられたとき、新しい年度になって人間関係が変わったときなどに、よく起こる現象とされています。

特にイジメなどは、すごいストレスになるので、明かに体の状態が変わり、抗利尿ホルモンに影響を及ぼし、おねしょすると言われています。

そして、自律神経の不調により、膀胱や尿道に対して影響して、交感神経、副交感神経の自律神経が膀胱の緊張や緩めたりすることが効かなくなるのです。

眠りの浅さで、心理的に抗利尿ホルモンの分泌が少なくなり、排尿してしまうということもあります。

これは、尿量を抑えるホルモンで、これが働かないと、尿をセーブする機能が働かないので、おねしょという結果になってしまったりするので、できるかぎり深い眠りになるようにしましょう。

ときたまトイレの夢を見て、おねしょをしてしまったということがありますが、特に睡眠障害などになると、この機能が働かなくなるので、すぐに睡眠障害を治すようにしましょう。

心理的な原因による、おねしょで、よくあることが生活習慣の変化になり、これは引っ越しや、普段していないスポーツをしたり、残業での睡眠時間の変更などがあげられます。

いずれも毎日の生活習慣の変更が原因ですので、こういった生活習慣の変更による心理的な原因で、おねしょすることがあるので急激な生活習慣の変更は避けるようにしましょう。

まとめ

心理的なことが原因で、やはり、おねしょってするものでなんですね。

じゅうぶん生活習慣には気をつけたいと思いました。

また、新たな、おねしょのことが分かり次第また大公開したいと思います。

どうもありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ