パーツモデルの年収、給料はどれくらい?事務所の評判は?

パーツモデルとはどんな仕事か知っていますか?

パーツモデルは体の一部分だけでのモデルさんです。手や足のモデルがそうです。
では、そのパーツモデルの年収や給料はどれくらいもらうのでしょう。部分のモデルさんでも年収は結構あるものなのか、給料も安定してもらえるものなのか。
事務所によって年収や給料も変わってくるものなのか。事務所の評判なども気になりますね。パーツモデルの事務所はどんなところに登録し、その事務所の評判も気になるところです。

事務所の評判も大事ですし、年収や給料もやっていくのには大事な情報です。

今回は、パーツモデルを考えている方のために『パーツモデルの年収、給料はどれくらい?事務所の評判は?』と調べてみました。

【スポンサードリンク】

パーツモデルとは

パーツモデルのお仕事には、全身のモデルさんとは違って体の一部分だけのモデルさんの事をいいます。

たとえば、わかりやすいのが手や足がそうです。

その他にも、髪・目・口・背中・お尻などもパーツモデルの仕事とされています。ですので、その一部分は並以上に綺麗・美しくなければ仕事になりません。

日頃のケアが普通の人以上に努力しないといけません。なかなか地味な仕事なんですね。しかし、一番美しいと評価してもらえる部分だからこそ自分にしか出来ない仕事と捉えることが出来るのかもしれません。

もし、パーツモデルとして活躍してみたいと思われる方は、この業界はスカウトはほとんどないようですので、自分自身で事務所に履歴書を送らないといけないようです。
自分から飛び込んでいくために、色々な事務所を探してその中で安全だと思える事務所に応募してみて下さい。

パーツモデルの年収や給料は

手タレさんの実際のお給料を調べてみました。
もちろん人気の度合いや仕事の本数によってかなり左右されるとはおもいますが、おおよそは次のような金額のようです。

パーツモデル
手タレ 月に10本の仕事で年収350~400万円

もちろん事務所との契約が必要です。ですが、事務所が決まったからとすぐに仕事があるわけではありません
まずは、各部分の見せ方・美容法などパーツのケアをトレーニングすることから始まるようです。準備が出来てから少しづつ仕事が入るようになります。

パーツモデルとしてもオーディションが必要となってくるようです。初めのころは事務所で仕事の用意はしてくれないのがほとんどのようです。
よほどの売れっ子になれば企業側からの指名が来ることも。
それまでは、オーディションを受けて仕事を取らなければいけないです。

コンスタンスに仕事が入りだすと、単価として2時間3万円とか、TVCMで一本15万円など入る場合もあるようです。さらに有名パーツモデルになるとかなり効率よく稼ぐほどになるようです。

【スポンサードリンク】

事務所の評判は

実際にパーツモデルをされた方の話ですが、事務所に入ってみないと分からないそうです。良心的な事務所もあれば、やはり悪い事務所もあるようで必要以上にお金を要求してきます。

事務所に入ると、宣材写真なるものを撮るようでこの撮影料はパーツモデルさんが負担するのがほとんどです。約3万円弱かかります

それは、クライアントさんは宣材写真を参考にして仕事の依頼やオーディションのお知らせを送ってくるので、必要経費としてかかるのは当然のものと思っておいた方が良いようです。

しかし、悪い事務所はその他にレッスン代や仕事の紹介料を払ってもらうなどと、高額を請求してくる事務所もあるので注意してください。

また、パーツモデルといっておきながらアダルトビデオの仕事だったりの事務所もあります。事務所選びはとても大切です。
よく事務所を調べて、事務所の評価も聞き選んだ方がよいでしょう。

まとめ

パーツモデルとして活躍したい場合は、普段から綺麗だねと言われるパーツのケアをしっかりしておくことです。
チャンスがあれば、専用雑誌やインターネットで募集している事務所やオーディションを探すのも一つでしょう。

パーツモデルは体の一部分を売りにしますので、日頃の手入れに磨きをいれ
てみて下さい。

関連記事はこちらをお読みください。

ベッキー復帰は絶望?動画から読み取るベッキーの仕事に対する秘密!なぜ彼女はCMの女王に君臨し続けられたかのか?

テレビ番組のCMが多すぎる理由。実は時間あたりの割合が決まっているの?

小島よしお結婚してるの?彼女って誰?年収は?◇

地方局女子アナの年収は低い?平均はいくら?

フリーアナウンサーの年収は?局アナや地方アナどれくらい違うの?

日本のモデルの平均年収は?読者モデルとどう違うの?

地方のアナウンサーになるには、学部や顔は関係ある?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ