油性ペン落とし方!壁と床と肌のついた汚れをわかりやすく解説!

油性ペンの落とし方ってあるのでしょうか?

壁や床や肌についてしまった油性ペンどうしたら良いのでしょうか?

壁や床、肌の油性ペンの落とし方について、もっと知りたいものですよね。

とくに壁の汚れ、床の汚れ、肌の汚れを全て落とし方を知りたいものです。

油性ペン、本当に一度ついたらゼンゼン落ちませんからね。

壁、床、肌についてしまった油性ペンの落とし方知りたいところです。

そこで今回は、『油性ペン落とし方!壁と床と肌のついた汚れをわかりやすく解説!』と題して、大公開したいと思います。

油性ペン落とし方!

油性ペンの落とし方は壁、床、肌により違いますので、ここでは、床と壁と肌に分けて話を進めていきたいと思います。

壁には、シンナーなどを使い肌には、ワサビで油性マジックを落とすという方法もあります。

特にワサビ以外にも汚れを落とす方法はありますが肌の場合は、これが便利と考えられるといえます。
特に肌だけでなく、フローリングには、ワサビは使えます。
それでは、一つ一つ見ていくことにしましょう。

 

壁と床と肌のついた汚れの落とし方

まず壁の油性ペンの落とし方です。

これは、壁の材質を調べるところからはじまります。

ビニールクロスを使っている場合は、油性ペンなので油を使います。

油でいえば、やはり最も有名な方法はカラーシンナーを使う方法になります。

全体的に言いますと、これは、あまりにもポピュラーな方法ですが、臭いが辛いと言えます。

あくまでシンナーなので、壁や床、素肌すべてに使えて、あまり臭いが気にならない人にはお勧めの方法で、これは臭いで酔ってしまうこともあるので、必ず部屋の換気に気をつけてカラーシンナーを使ってください。

他の方法は、タバコの灰を使う方法です。これを簡単に使う方法は、濡れ布巾に灰をつけてゴシゴシ擦る方法です。

これは、ビニールクロスに、簡単に消したいときにお勧めの方法です。

灰の成分が水などに溶けるとアルカリになり、これを使って、油性ペンの油を浮かせて汚れを取るわけです。

もし、デコボコが多い場合は、歯ブラシを使うのがお勧めです。

ビニールクロスに直接、歯ブラシで擦るときにクレンザーをつけて擦る方法です。

もし壁が壁紙であったら、消しゴムなどを使うようにしましょう。

床のマジックの落とし方は、冷蔵庫にあるモノを使う方法になりますが、柑橘の成分が油を浮かせてくれるという方法が使えます。

グレープフルーツやミカンやレモンなどの柑橘類を使えば、フローリングなどでも使えます。

やはり床の油性マジック落としに使えるのは、重層です。

この重層は本当に万能なので、床を全体的に使えます。

床の場合であればワサビで油性ペンを落とす方法も使えます。

チューブ式のワサビで十分に使えるレベルです。

床だけじゃなく、テーブルに間違えて書いても使えます。

そして、このワサビで油性マジックを消す方法は素肌にも使えますので、ワサビは万能な油性マジック落としとして使えると言えるでしょう。

とても便利に使えて、冷蔵庫に常に置いておけるので、すぐ出せます。

専用洗剤やシンナーを使うより断然とても簡単ですからぜひ使ってみましょう。

使い方としては、油性マジックで書いたところに、ワサビを塗り、馴染ませると、油性マジックが浮き出てくるので、素手に直接、塗って肌についたマジックを落としても良いといえます。

最後にティッシュペーパーなどで、拭き取れば完了です。

ワサビで落とせるので、シンナーを使わなくても汚れを落とすことができ、肌の弱い人にも、これを使えば楽に油性マジックを落とせます。

まとめ

とてもいろいろな方法があると分かりました。

もっと知りたいところですが、新しい油性マジックを消す方法が分かり次第、また大公開したいと思います。

どうもありがとうございました。

関連記事はこちら

日本のクリスマスの歴史は山口県から始まった。当時の過ごし方とは?

めぐリズムのアイマスクの効果は?価格はいくら?

雨柱とは?読み方と京都の雨柱

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ