最近の流行りのポケモンGOってどうやってダウンロードして遊ぶのでしょうか?

iPhoneでのダウンロード方法を知りたいものです。

どうやらポケモンGOのダウンロード方法はiPhoneとアンドロイドで違うようですね。

どうせならiPhoneでのポケモンGOのダウンロード方法を知りたいものです。

iPhone以外でもパソコンでポケモンGOってダウンロードできる方法などあるのでしょうか?

iPhoneでのポケモンGOのダウンロード方法をぜひ知りたいものです。

そこで今回は『最近の流行りのポケモンGOってどうやってダウンロードして遊ぶのでしょうか?』と題して大公開してみたいと思います。

iPhoneでポケモンGOをダウンロードする

最近話題になっているポケモンGOですが、海外や日本問わず多くの方がiPhoneやAndroidにポケモンGOをダウンロードしている方が多くいます。

通常でしたら普通にダウンロードしても大丈夫なのですが、AndroidやiPhoneでポケモンGOをダウンロードするときには少し気をつけなければいけないものがあります。

最近のiPhoneやAndroidのアプリでは偽アプリと呼ばれるものがあり、うっかり間違えて偽物のポケモンGOのアプリをiPhoneやAndroidにダウンロードしてしまうと、iPhoneやAndroidなどの携帯端末にウィルスが入り込んで大変な事になります。

ですので、今回はiPhoneでのポケモンGOのダウンロード方法について紹介します。

【スポンサードリンク】

iPhoneでダウンロードするときに気をつけなければいけないもの

iPhoneでポケモンGOをダウンロードするときに多くの方が「ポケモンGO」と記入してしまう方が多くいますが、実際に検索してみるとポケモンGOのアプリは出てこないと思います。

しかし、「Pokemon GO」と打って検索すれば「ポケモンGO」とは違い、しっかりポケモンGOのアプリがでてきます。

ですので、iPhoneでポケモンGOをダウンロードするには「ポケモンGO」と検索せずに「Pokemon GO」と検索してください。

しかし、現在ポケモンGOは人気である影響のせいか、それを利用してポケモンGOの偽物のアプリなどが出回っています。

代表的なポケモンGOのニセアプリが「Pokemon go go go」です。

このようなポケモンGOのニセアプリは現在でも配信されており、約43種類ものポケモンGOのニセアプリがあります。

このようなポケモンGOのニセアプリには「デバイスの管理者権限」をインストール時に要求するなどの、通常のアプリをダウンロードするときに不要な請求してきます。

ですので、もしこのようなポケモンGOだと思ってダウンロードしたものがポケモンGOのニセアプリでしたら、即座にiPhone端末から削除してください。

【スポンサードリンク】

ポケモンGOをダウンロードする前に必要なこと

ポケモンGOをiPhoneにダウンロードする前に必要なことがあります。

まずアカウントを作成することが必要で、ポケモンGOをダウンロードしたらアカウントを作成しなければいけませんが、アカウント作成には「Googleアカウント」か「ポケモントレーナークラブアカウント」の2つがあります。

しかし、児童などの13歳以下の方はポケモンGOをプレイすることができませんので、13歳以下の子供たちがポケモンGOをプレイするには13歳以上の人や親のGoogleアカウントを利用するしかありません。

また、GoogleアカウントでポケモンGOのアカウントを作成するときはアルファベットのみです。

当然ですがアカウント作成で気をつけなければいけないのはメールアドレスや実名が予想されやすいものは使わないようにしてください。

まとめ

まとめとしては現在のアプリストアやGooglePlayではポケモンGOによく似たニセアプリがあり、このニセアプリを理解せずにポケモンGOだと思ってダウンロードしてしまうとiPhoneやAndroidの携帯端末に ウィルスが感染してしまい、個人情報を特定されたり、携帯端末内のデータが全て消去されてしまう可能性があります。

ですので、ポケモンGOのニセアプリに引っかからないように公式で配信されているポケモンGOのアプリの特徴をよく調べてください。

また、ポケモンGOをプレイするためにはアカウントが必要で13歳以下の方は遊ぶことができませんので親や13歳以上の方のアカウントでしたらポケモンGOを遊ぶことができます。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ