排水口の臭いをとる裏ワザとは?これで掃除もカンタンに

排水口の臭いって嫌ですよね。

何か排水口の臭いをとる裏ワザなど無いのでしょうか?

掃除を簡単にする裏ワザを知りたいところです。

排水口の臭いを取る裏ワザさえ分かれば、掃除は本当に楽になると思います。

何か臭いをとる掃除の裏ワザなど分かれば知りたいところです。

そこで今回は『排水口の臭いをとる裏ワザとは?これで掃除もカンタンに』と題して排水口の掃除の仕方を大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

排水口の臭いをとる裏ワザ

一番簡単な排水口の臭いをとる裏ワザは、ひたすら水を排水口に流し続けるというものです。

朝から晩まで水を流し続けると意外とこれだけで排水口の臭いがとれたりします。

これは、下水から上がってくる臭いが原因のためです。

寝る前に水を流して、早朝、水を止めるだけで臭いが消えていきます。

排水口に水を流すよりも効果が高い裏ワザは、市販の重曹を排水口に流すという方法です。

まず排水口をキレイに洗い、その重層を排水口に、そのまま、ふりかけて、30分~1時間そのまま放置をしておき、お湯を流して臭いを消す方法です。

特に、洗濯機の排水口は中にコップのようなものあがり、そこに水が溜まるように作られています。

このコップのようなものの中の水を変えるだけでも臭いは消えます。
こんなところに水が溜まっているのは、驚きですが、これが臭いを外に出さない役割をしています。
もし、水が入っていなかったら新しく水を入れてあげましょう。

水が入っていないと、空気だけになり、その空気を伝って下水の臭いが排水口から出てきてしまうので、これが悪臭の原因になったりします。

掃除をカンタンにする方法

排水口の掃除をカンタンにする方法は、やはり先ほども書きましたが、重層を使うことです。

まず排水口を一番カンタンに掃除をする方法は、排水口に溜まったゴミを掃除することです。

これだけで、かなり臭いは取れます。

【スポンサードリンク】

このゴミを取る作業は、どのような裏ワザを使おうと、掃除しないかぎり絶対に無くならないので、これさえできてしまえば、後はイロイロな裏ワザが使えます。

この掃除が終わってから、その後に重層をふりかけて使います。

重層は、いろいろ使えるので、買っておいて損はないと思います。

重層を、ふりかけた後は、お酢を重層にかけます。

そうすると重層が泡立ってきます。

その後5分ぐらい放置しておいて、お湯を流せば、重層を効果的に使える裏技になります。

重層をもっとカンタンに使うウラ技は、お酢を使わずクエン酸と重層を同時に使ってしまうという方法です。

これは、重層とクエン酸を同時に使うので、とてもカンタンに掃除ができます。

時間差で、お酢を使うより断然カンタンになります。

とにかく、排水口を掃除するには、一番カンタンな裏ワザは重層を使うことです。
これが最も楽な方法だと言えます。
他にもカンタンな方法はありますが、やはり洗浄力だけをみると重層が一番重宝します。

重層を使う以外に、もっとカンタンな方法は、排水口に10円玉を入れるという方法です。

これだけで排水口のぬめりを取ることができます。

10円玉を入れるときは、10円玉をストッキングに入れて排水口に入れると便利です。

まとめ

排水口の掃除に重層を役に立つというのは本当に勉強になりました。

明日にでも買ってこようと思います。

10円玉を使うのは本当に、驚きの裏技だと思います。

10円玉とストッキングだったらすぐに揃えられそうです。

これなら、明日から、すぐにチャレンジできそうです。
こんなにカンタンな裏技があったのなら、もっと早く行えば良かったと思いました。
また新たな情報が入り次第、公開していきたいと思います。

それではまた。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ