★芝桜(シバザクラ)の育て方と増やし方!プランターに植えるときのコツは?

春になって温かくなってくると、いろんな花が咲き始めますね。

桜の季節が過ぎた頃に咲き始める芝桜(シバザクラ)。

日本のあちこちに芝桜(シバザクラ)が綺麗なところがあります。
そんな芝桜(シバザクラ)を自分の庭で楽しむことが出来たら素敵ですよね。

実は、寒さや乾燥にも強いと言われる芝桜なので、初心者の人にも育てやすいんです。

でも、育てやすいとはいえ、芝桜(シバザクラ)の育て方はどのように行えばよいのでしょうか。
また、育てつつ、増やし方はどのようにすればいいのでしょうか。
育て方、増やし方のコツはあるのでしょうか。

そして、自宅で植える時に使うプランター。

このプランターに植える時のコツはどのようなものなんでしょうか。

気になる芝桜(シバザクラ)の育て方や増やし方、そしてプランターに植える時のコツについて一挙大公開!

今回は『芝桜(シバザクラ)の育て方と増やし方!プランターに植えるときのコツは?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

芝桜とは?

芝桜について、改めて見ていきたいと思います。

芝桜とは、芝桜とはハナシノブ科の多年草で、別名「ハナツメクサ」とも言います。
実は、北アメリカ西部原産の多年草なんです。
4月から5月にかけて、桜に似た形の花を咲かせ、芝のように地面を覆い尽くすように生えることから「芝桜」と呼ばれています。

花の色は、白、ピンク、藤色などがあります。

そして、たくさんの花言葉を持っており、「臆病な心」、「合意」、「一致」、「忍耐」、「燃える恋」、「華やかな姿」、「一筋」などあります。

芝桜は、豊富な色を活かして、観光地では模様を描いたりして、芝桜まつりなども開催されています。
芝桜の名所としては、富士本栖湖リゾートや秩父の羊山公園が有名です。

芝桜の植え方

芝桜には植える時期が年2回あります。

それは、3〜5月と9〜10月です。

種は売られていないようですので、苗を購入して植えることとなります。

  • 【土作り】芝桜は、水はけのよい土を好みます。鉢植えの場合、赤玉土(小粒)6:腐葉土2:川砂2の割合で混ぜたものか、市販の草花用培養土に川砂を1~2割混ぜたものがよいでしょう。

    地植えの場合は、植え付ける1週間前に土を耕し、堆肥や腐葉土を2~3割混ぜ込んでおきます。

  • 【鉢植え】1. 苗よりも1~2回り大きい鉢を準備し、鉢底からネット、鉢底石、土を入れます2. ポットから苗を取り出し、絡みあった根をほぐす根が広がりやすいようにします

    3. 苗を植えます

    4. 土と根が密着するよう、土を軽く押さえる

    5. たっぷりと水を与えます

    周囲に広がりながら育ちますので、植える時は株と株の間をあけるのがポイントです。
    プランターに植える場合は株同士を15~20cmほど離して植えましょう。

  • 【地植え】芝桜は乾燥には強いのですが、水はけが悪いと根腐れを起こしてしまいますので、水はけがいいこと・日当たり良好・風通しがよい場所を選ぶようにしましょう。鉢植え同様、苗の根をほぐし、株同士の間隔は20~30cmほどあけて植えます。

    植え付けから2週間は、土が乾かないように水やりをし、茎の間に生える雑草は抜いてしまいましょう。

    株が育つまでに、間から雑草が生えてくるかと思いますが、この雑草はこまめに取るようにしましょう。

    また長く育てていると、根っこの部分が浮き上がって土から顔を出すことがあります。

    こんな時は、上から土をかぶせてましょう。

    そうすることで、根っこが乾燥するのを防ぎます。

【スポンサードリンク】

芝桜の育て方

  • 【水やり】植え付けてから根がはるまでは、土が乾きはじめたらたっぷりと水を与えるようにします。根がはったら、地植えの場合は、水やりはしなくても大丈夫です。

    鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら、たっぷりと水やりをします。

    蒸れると葉や根が傷むので、夏の水やりは朝か夕方に行うようにするとよいでしょう。

  • 【肥料】芝桜は、病気に強く、肥料は特に必要ありませんが、花が終わったあと、極薄めた液肥か、少量の化成肥料を与えるようにしましょう。
  • 【開花後のお手入れ】芝桜は、花が終わったあと、茎が茶色になります。茶色になったからといって枯れたわけではありません。

    緑の部分の茎を残してカットすれば、新芽が伸びてきます。

    また、花が終わったら、梅雨までに風通しをよくし、蒸れを防ぐために剪定をします。

芝桜の増やし方

芝桜を増やす方法は、「株分け」と「挿し芽」の2種類あります。

  • 【株分け】株を根元から分けて植える方法です。花が終わったあとの6月か、9月〜10月頃に、それぞれに2〜3芽がつくように手やナイフで株を分けます。
  • 【挿し芽】芝桜の茎を葉がついた状態で切り、土に挿して増やす方法です。挿し芽の時期は、花が終わった6月か、9月〜10月頃が適しています。

    挿し芽は、芝桜の先端から5cmほどの長さに茎を切り、下から2cmほどの葉を土に挿すだけで、3週間ほどで根が出てきます。

まとめ

芝桜の育て方や増やし方についてご紹介しました。

芝桜はカラーバリエーションが豊富ですので、お庭がとっても華やかになります。

【スポンサードリンク】

是非ご自宅で試してみてくださいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年3月9日

カテゴリー:日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ