★プラスチックの黄ばみの落とし方!洗面台の黄ばみに漂白剤は使える?

【スポンサードリンク】

私たちが普段使っている家具や家電にプラスチックは多く使われていますよね。

しかし、プラスチックは使っていくうち、黄ばみが発生してしまうことが多く、そんな黄ばみに悩まされている人も多いのではないでしょうか?

プラスチックの黄ばみの落とし方はどうしたら落ちるのでしょうか?

黄ばみに漂白剤で落ちるのでしょうか?

また、洗面台も黄ばみますよね。

洗面台の黄ばみに漂白剤は使えるのでしょうか?

そんな気になるプラスチックの黄ばみの落とし方や洗面台の黄ばみに漂白剤は使えるのかどうかについてクローズアップ!

今回は『プラスチックの黄ばみの落とし方!洗面台の黄ばみに漂白剤は使える?』についてご紹介します。

プラスチックの黄ばみの原因は?

  • 素材の劣化によるもの

    プラスチックには色々な素材がありますが、一番多く使われているのがABS樹脂です。

    その樹脂が劣化して変色することで黄ばみが出てきます。

  • 化学変化によるもの

    ABS樹脂に含まれている添加物が化学変化を起こすと黄ばみが出てきます。

    ブタジエンという成分が黄ばみの原因だといわれています。

    また、プラスチックは燃えにくくするために難燃剤も配合されていますが、これも黄ばみの原因となります。

  • 日焼けやタバコなど

    窓の近くにあるエアコンなどは、日光を浴びたことによる日焼けが多いです。

    人の皮膚と一緒で、紫外線を浴び続ければプラスチックも日焼けして黄ばみます。

    また、タバコのヤニなども黄ばみの原因になりますので、タバコを吸っている人の部屋にあるプラスチックは黄ばみやすい傾向があります。

プラスチックの黄ばみの落とし方は?

  • メラミンスポンジで落とす方法

    メラミンスポンジとは、水をつけてこするだけで汚れを落とせるスポンジです。

    メラミンスポンジは、洗剤を使用する必要がなく、水だけで使えますので、食器類などデリケートなものでも使えます。

    タバコのヤニ汚れなどもスッキリキレイに落とせますから、エアコンの表面などに使うのもいいでしょう。

    メラミンスポンジは、使う前にたっぷりの水分を含ませることが大事です。

    水が滴り落ちるほどしっかり水を含ませて、その後に軽く絞りますが、絞りすぎると落とす力が弱まりますので気をつけましょう。

    メラミンスポンジは、メラミン樹脂を発泡させて骨格のような構造にすることで、細かい汚れも削り取るようにして落とすことが出来る、いわば研磨剤のようなものなので、傷がついたら困るものや、表面をコーティングされているようなものは使わないようにしましょう。

  • 酸素系漂白剤につけて日光に当てる

    洗濯に使う酸素系漂白剤も黄ばみを取るのに使うことができます。

    ただ、漬け込むだけではなく、日光(紫外線)に当てるというのがポイントです。

    日光の他にも、ブラックライト(紫外線)に当てても大丈夫です。

    紫外線と漂白剤に含まれる過酸化水素が化学反応を起こすことで漂白が出来ます。

    表示に従って漂白剤を薄め、そこにプラスチックを入れて、その状態で1週間から1ヶ月、日光にあてます。

    途中で液体が蒸発しないように、ラップをしておくとよいでしょう。

    紫外線がしっかり当たるように、時々向きを変えます。

  • 【スポンサードリンク】
  • オキシドールで拭く

    水につけられない場合は、オキシドールを使って拭きましょう。

    布などにオキシドールを染み込ませて、黄ばみのあるところを拭くだけで、きれいになります。

    ただし、オキシドールは劇薬のため、素手で原液を触ってはいけません。

    必ずゴム手袋などをして使用するようにしてください。

洗面台の黄ばみを落とすには?

  • クエン酸+重曹

    重曹をくまなくふりかけ、クエン酸スプレーをその上からふりかけ、少し時間を置くと、泡が発生します。

    泡の力で汚れがゆるんだ頃合いで、スポンジでこすり、水で洗い流します。

    最後は布巾で乾拭きをすると、ぴかぴかの洗面台になります。

  • レモン(酢)+あら塩
  • レモンの切れ端にあら塩をつけたものを、汚れのあるところをこすって水拭きすると、レモンの酸で汚れがとれます。

    漂白剤でも落すことは可能ですが、換気をきちんと行うようにしましょう。

  • プラスチックの黄ばみの予防は?

    • 直射日光が当たらないようにする

      紫外線が当たらないようにすることで、ある程度の黄ばみは防げます。

    • カバーやラップをかける

      酸素に触れることでの化学変化は防ぐのが難しいですが、カバーをかけたりラップをするなどして空気との接触を防ぐことで黄ばみを防げる可能性があります。

    • 車用のコーティング剤を使う

      最終的な手段ですが、どうしても黄ばみを作りたくない場合は、車用のコーティング剤を使うとプラスチックの黄ばみを予防できます。

      薄い樹脂皮膜で素材を空気からカバーしてくれますし、UV吸収剤が配合されているタイプもあるため、日焼け対策にもなります。

      ただし、あくまでも車用なので食器やよく手で触れるようなものには使わない方がよいでしょう。

    まとめ

    今回は、プラスチックの黄ばみについてご紹介しました。

    【スポンサードリンク】

    プラスチックの黄ばみで悩んでいる方、ぜひ試してみてくださいね。

    合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年5月29日

カテゴリー:家事 掃除

サブコンテンツ

このページの先頭へ