ラジオ体操の効果は朝が良い? 効能と時間帯を徹底検証。

今回は朝のラジオ体操の効果について書いていこうと思います。

まず、ラジオ体操というと最近できたばかりの朝の風習のように思えますが実は意外にも100年近くも歴史があり最初に行われたのは1922年4月のボストンの放送局WGIから始まりました。

日本では1928年8月1日に始まったようです。

そもそもラジオ体操をする理由は、国民の体力上昇効果や健康促進効果を目的としているようで朝や時間帯とは直接は関係ないようですね。

つまり、ラジオ体操の効果によって健康な身体を作ることができ、ラジオ体操の効果によって生活習慣病の予防ということであり時間帯は関係がないようですね。

そんな伝統的な朝のラジオ体操ですが体操をする時間帯や他の時間帯に行う効能や効果もあるようです。

今回はラジオ体操の効果や時間帯、ラジオ体操の時間帯によって効果は、どのような影響があるのかについて、『ラジオ体操の効果は朝が良い? 効能と時間帯を徹底検証』と題しまして解説していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

ラジオ体操は朝が良いのか?

どんな時でもラジオ体操は必ず朝から行いますが何故朝なのかというとこれは神経の働きに非常に関係していて、朝は、疲れた身体を回復させる副交感神経から、活動する、ストレスを感じさせる交感神経へと切り替えないといけない大事な時間帯なのです。

この切り替えをしっかり行わないと一日中ダラけてしまう非常に良くない週間になってしまいます。

ラジオ体操に最も適している時間帯は朝なので朝の6時~9時の時間帯にラジオ体操をするべきです。

ラジオ体操の効果がもっとも効能がある時間帯は?

時間帯によってラジオ体操の効果や効能に影響があり、朝の時間帯は筋肉と神経が鈍っており、血液も内臓に集中しており、ボーッとしやすいです。

ですので朝起きた時間帯で朝食を摂らずにラジオ体操をすると、神経が働き、血液を筋肉や脳に巡らせることで良い一日になります。

昼の時間帯のラジオ体操は、働く人、勉強をする人には非常に良い効能があります。

昼のラジオ体操をすることによって、身体を動かすことで血糖が使われます。そのため血糖値が上がらず、眠くなるのを防ぎます。

また、昼にラジオ体操をすることにより分泌される「セロトニン」の効果で「仕事をしたくない、勉強したくない」という負の感情やうつの予防になる効果があります。

夕方の時間帯のラジオ体操は主に16時~18時の時間帯が一番効果的でその理由はこの時間帯ですと人間の身体は一番活動するからなのです。

なのでダイエットをしている方で朝の時間帯がキツイ、厳しいという方でも夕方の16時~18時の時間帯にラジオ体操をすれば例え朝のラジオ体操をしなくても十分効果があります。

夜の時間帯のラジオ体操は一時的に体温が上がり、そして体温が下がっていくとだんだんと眠くなってきますので、不眠症の方には非常に効果的で効能があり、就寝する2時間前に行うと理想的です。

【スポンサードリンク】

ラジオ体操の効果効能

ラジオ体操をすることによって健康に良い効果や効能が複数あり、一つ目は身体が柔らかくなることです。

ラジオ体操は全身の関節、筋肉を適度にほぐしていくので腰を痛めたり、肉離れなどを防ぐ効能があります。

二つ目は血液、リンパの循環促進であり、全身を動かすことによって、筋肉が身長、伸縮します。

その効果で毛細血管中の血液やリンパの循環が促進されるので冷え性の解消になる効能があります。

三つ目は免疫力アップで、リンパの循環が促進されることにより免疫力が上昇し、ウィルスや細菌が体内に侵入するのを防ぐ効能があります。

そして、一番注目するべきなのが新陣代謝の促進で新陣代謝によって老廃物が体の外に出しやすくなります。

また筋肉の活性化により脂肪の燃焼も促進され、若返りとダイエットという非常に良い効能があります。

おわりに

いかがでしたか?

ラジオ体操というと子供や成長期の人たち向けに見えるかもしれませんが元々は国民の健康を促進させようという試みからどんどん世界中に広まり現在に至るようになんたんです。

しかも健康グッズや薬品などを使わずにダイエットや若返りといった女性に人気のものなどが簡単にでき、しかも余計な費用も使わず経済的にゆとりができるので女性の方には非常にオススメです。

時間帯によってラジオ体操の効果や効能が異なるのでゆとりをもって計画的にやってみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ