ラジオ体操の効果の高齢者へのメリットと時間帯は?

ラジオ体操の効果はどんなことがあるでしょうか?

それは時間帯にも関係する?

ラジオ体操をすることで得られる効果を考えると、高齢者にもオススメ!

高齢者でも短い時間でカンタンにラジオ体操を続けることができて、効果を得られるなら健康維持にもぴったりです。

朝の時間帯や空き時間を有効活用しラジオ体操をすることで、若年層や高齢者にどんな効果があるのか?!

ラジオ体操で得られるメリット、効果のある時間帯を調べてみました。

【スポンサードリンク】

ラジオ体操の効果と歴史

ラジオ体操にはどんな効果があって、どんな歴史があるのでしょうか?

ラジオ体操とは、昭和3年に天皇陛下御即位を記念して「国民保険体操」として実施したのが始まりです。

昭和7年には第2が作られ、同時に「夏休み全国ラジオ体操の会」もはじまり一気に普及したようです。

ラジオ体操と聞くと、夏休みの早朝に集まってみんなでするものという印象が強いのもそことのつながりがあるのでしょう。

小学校の時は、スタンプをもらいに通ったものです。

また、ラジオ体操を、一日のスタートにする会社もあります。

ラジオ体操は、日本では誰もが知っていて、小さなお子様からお年寄りまで、老若男女問わず誰でもできるのが大きな特徴ですね。

ラジオ体操をすることで健康維持の効果があり、普段はする機会がなくても、定年を期に自宅で始める方もいる程、親しまれているのも事実ですね。

なんとなく、身体に良さそうだ!健康維持に効果がありそうだ!との認識が強いものですが、具体的にはどんな効果やメリットがあるのでしょうか?

具体的なラジオ体操の効果と時間帯は?!

ラジオ体操をすることで、健康な人は加齢や生活の偏りからくる体のきしみを取り除き、人間本来の機能を維持する効果があります。

また、日常ではあまりしない動作が多いので、とっさに動かした時の負担を減らし、その動きに対応できることもあります。

高齢者に多い、転ぶということも避けることが出来ます。

さらには、肩こり、腰痛の改善、新陳代謝が促進されたり、柔軟性も向上します。

ダイエットや若返りなど、高齢者だけでなく、若年層にとってもメリットはたくさんあるのがラジオ体操なのです。

【スポンサードリンク】

いずれにしても、継続するということが大切ですので、一日の中で時間を決めて実施するのがいいでしょう。

また、脂肪燃焼によるダイエット効果を期待するなら、16時~18時がオススメです。

この時間は体温がもっとも高くなり、効果があるようです。

まとめ

ラジオ体操をすることで若年層も高齢者もそれぞれに効果やメリットがあります。

古い歴史のあるラジオ体操を、時間を決めて継続することで、短時間で健康管理できますね。

カラダを動かすこと、そこに意識を向けるとさらに効果がありますので、個々のペースで始めてみましょう!

運動をする時間がなくても、ラジオ体操でしっかりと筋肉も動き、気分転換にもなりそうです。

ラジオ体操第1と第2、しっかりマスターすると、日常ではあまりしない体の動きもあるので健康維持促進になること間違いなしです。

こんな身近でカンタンに健康管理ができるもの、忘れていたなら今日からはじめてみませんか?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ