ランニングの効果出る時間は?期間はどれくらいやるのが良いの?

ランニングはある時間や期間で効果が変化するというのは知っていましたか?

ランニングでダイエットやトレーニングをするとき、実は時間や期間で効果がことなります。

ただ単に適当な時間や期間ではランニングをしてもダイエットやトレーニング効果がなかったりなどでランニングの効率が悪くなります。

ランニングは最適な時間や期間を調べて自分に合う時間や期間を決めてランニングをすればトレーニング効果やダイエット効果の効率が良くなります。

なので、ランニングの効果に最適な時間や期間について『ランニングの効果出る時間は?期間はどれくらいやるのが良いの?』と題し、紹介いたします。

【スポンサードリンク】

ランニングについて

ランニングやジョギング、ウォーキングなとの運動行為は「有酸素運動」と呼ばれており、脂肪を燃やすためには酸素が必要な運動なのです。

また「無酸素運動」もあり、燃料にブドウ糖を使う運動のことでブドウ糖を使う時には酸素が要らないので、こう呼ばれており、ダイエットが目的の場合は、脂肪を燃料として使ってくれる有酸素運動がより効果的です。

しかし、短期間で痩せたいからといってランニングしすぎると逆に痩せにくい体になってしまいます。

ですので、ランニングでダイエットをするときにはゆっくり短めでランニングをすれば有酸素運動の効果でランニングダイエットの効果が上昇するのでランニングをするときは ゆっくり短めでランニングをするべきです。

ランニングに効果的な時間や期間

ランニングは有酸素運動なのでゆっくりと短めで行わないと逆効果になってしまいます。

ランニングを行わうときには1週間に3回ランニングを行うことがとても良く1週間に4回以上ランニングをすると体は逆に脂肪を溜め込んでしまいますので回数に気をつけてください

また、ランニングをするときは、1回のランニングに30分のペースで行って下さい。

この30分はとても効率的に良く、ランニングを続けるコツになります

実際ランニングを始める頃は、20分続けて走るのは中々大変なもので無理をしてランニングをしてしまうと、いきなりヒザを痛めちゃうこともあり、諦めてしまう人が多くいますが、最初の10分間を走って、少しきつくなってきたら次の10分間はウォーキングに切り替える感じで良いです。

これだけで十分に脂肪をエネルギーとして消費することができ、ランニングの効果があります。

またランニングの期間や朝や夜のどちらにランニングをすれば良いのかというと、まずランニングは朝の時間帯にランニングを行うことが良く、朝の時間帯にランニングをすることで脂肪燃焼の他に体内時計のリズムをリセットすることができます

体内時計のリセットができることで、脳が目覚めて体が動く状態を作り出してくれることができ、これにより朝から元気に動けるようになり、脂肪燃焼も十分にしてくれるのでダイエットそして健康によいタイミングが朝になります

【スポンサードリンク】

しかし、絶対に朝にランニングをしなければいけないわけではなく、夜でもしっかりと脂肪燃焼を行うことができるので、自分の生活のリズムに合わせてランニングする方法が一番オススメだと思います。

また、天候が悪くランニングできなくてもジムに設置してあるランニングマシンでもランニングの効果があります。

ランニングマシンは速度が設定できますが、そのときの速度は7km〜15kmで十分です

しかし、ジムでランニングをするときは外でランニングをする時とは違い、景色が全く変わらないので飽きやすくなってしまいます。

ですので、家の近くにジムがあるからといってずっとジムのランニングマシンを利用するのではなく、天候が悪いときに利用して天候が良い時は基本的に外でランニングをしてください。

まとめ

まとめとしてはランニングは長時間ランニングをするのではなく、20分〜30分程度の感じで早めにランニングせず、ゆっくり行い、これを1週間に3回のペースで行えばランニングの効果が上がります

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ