レッドブルとモンスター効果と持続時間の違いはあるの?

エナジードリンクのレッドブルとモンスターを知っていますか?

エナジードリンクでよく耳にするのは、レッドブルとモンスターだと思います。

そのレッドブルとモンスターの効果と持続時間の違いはあるのでしょうか。

レッドブルとモンスターの効果の違い。持続時間の違い。
同じエナジードリンクでも効果の違いと、持続時間の違いがあるのですかね。

あるとしたら、効果と持続時間の違いを比べその時にどちらを選ぶかの基準にするといいですね。

では、『レッドブルとモンスター効果と持続時間の違いはあるの?』としてまとめてみます。

【スポンサードリンク】

エナジードリンクのレッドブルとモンスター

まずはエナジードリンクは何なのか、栄養ドリンクとは違うのでしょうか。

栄養ドリンクは前々からあったものなので、だいたいの方が知っていると思います。が、エナジードリンクとは?と思う方も少なくはないのでは。

どちらも疲れた時や、もう少し頑張ろうという時に飲むイメージがありませんか。

「リポビタンD」などは栄養ドリンクで医療部外品に分類されていて、エナジードリンクは炭酸飲料(清涼飲料水)となっています。

医薬部外品である栄養ドリンクに、肝細胞に作用する働きを持つタウリンが含まれています。
エナジードリンクは清涼飲料水なので、栄養ドリンクと同じ合成タウリンを使うことが出来ないので、代用成分でアルギニンが入っています。
このアルギニンは、アミノ酸の一種で血流改善や成長ホルモンの分泌といった作用があると言われています。

レッドブルの缶の裏面に「パフォーマンスを発揮したい時のために開発されました。アルギニン、カフェイン、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6・B2・B12入り微炭酸飲料。トップアスリート、多忙なプロフェッショナル、アクティブな学生、ロングドライブをする方など、世界中で評価をいただいています。」と書かれています。

こうみると、栄養ドリンクと多少目的が異なるように思います。

レッドブルとモンスターの効果と持続時間の違いは

レッドブルの効果ですが、栄養ドリンクのリポビタンDは頭だけ覚ますような感覚ですが、レッドブルは全身から力がみなぎるような感覚が効果の一つです。

レッドブルに入っているアルギニンがその違いを作っているようです。

ではレッドブルの効果は

■眠気に効く
「カフェイン」が入っています。脳に覚醒作用をもたらし、倦怠感や眠気の解消効果があり頭を使る作業などの効率をよくする効果があります。そのために、疲れを感じていても体が軽く感じたり、勉強などに集中できるのです。

■テンションを上げる
体を軽く感じたりするのでスポーツをするのにも効果的です。
瞬発力が求められるスポーツの前に飲むことで成績が上がる傾向があるようです。

■アルコールの目覚まし
目が覚める効果をもっているので、アルコールによる眠気や酔い覚まし効果も期待できます。

■利尿作用
カフェインが入っているので利尿作用があります。

■慈養強壮
アルギニンが含まれているので、男性の精力をアップさせる効果があるようです。

では、モンスターについてですが、圧倒的なボリームと成分量が特徴で、カフェインやアルギニンが多く含まれているので、眠いときや疲れたときに絶大な効果が期待できます。

【スポンサードリンク】

では持続時間をみてみましょう。個人差はあるので摂取後約30分後から効果が出始め4時間ほど効果を体感できるようです。完全に効果がなくなるには5~7時間だと言われてます。

あまり摂り過ぎると、体感時間が長くなる場合もあり睡眠の妨げになることも予想されるので気を付けるようにしてください。

まとめ

エナジードリンクはその時の状況によって使い分けをして飲むことが大事になります。
それは、海外輸入のものが多くて海外と日本のものは成分が違うことも多々あります。

レッドブルは日本で飲みなれているからといって、海外製のエナジードリンクを飲んだりするとかなり体に悪いので注意してください。

<こちらも読まれてみて下さい>

腰痛の原因・左側,真ん中,右側,部位別の対処法!

運動なしで痩せる方法は有酸素運動をしない事!?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ