★冷麺の発祥地はどこ?盛岡冷麺と韓国冷麺の違いは?別府冷麺も要チェック!

【スポンサードリンク】

暑い夏には、冷麺が食べたくなりますよね。

冷麺と言えば、岩手の盛岡冷麺が名物ですが、冷麺の発祥地はどこかご存知ですか?

冷麺が有名な岩手が発祥地なんでしょうか?

また、盛岡冷麺に似た韓国冷麺もありますが、この盛岡冷麺と韓国冷麺の違いは一体なんでしょうか?

それとも、違いは特にはなく、名称が違うだけなのでしょうか?

そして、冷麺には、別府冷麺もありますが、別府冷麺は盛岡冷麺、韓国冷麺とどう違いがあるのでしょうか?

そんな気になる冷麺の発祥地や盛岡冷麺、韓国冷麺、別府冷麺についてクローズアップ!

今回は『冷麺の発祥地はどこ?盛岡冷麺と韓国冷麺の違いは?別府冷麺も要チェック!』についてご紹介します。

冷麺の発祥地はどこ?

冷麺の本場は朝鮮半島でも北部に位置して、冬の寒さが厳しい北朝鮮の平壌(ピョンヤン)です。

冷麺は、大きく分けてスープ付のムルレンミョン(水冷麺)と、スープ無しのピビンネンミョン(混ぜ冷麺)の二種類があります。

どちらの冷麺も、麺の原料にそば粉を使用しているのが特徴です。

平壌冷麺はそば粉を主原料に緑豆粉を合わせて使用しており、黒っぽくて太めの噛みきりやすい麺になっています。

朝鮮時代の歳時を詳細に記した「東国歳時記(洪錫謨著1849年)弘新文化社(1989年)」には、11月(新暦の12月にあたる)の季節料理として冷麺が紹介されており、これが冷麺が歴史に登場する最初の文献だそうです。

文献によると、冷麺は夏の食べ物ではなく、寒さも厳しい冬の食べ物だったそうです。

冷麺は、寒い冬に温かい室内でよく食べられていましたが、現在の韓国では夏の食べ物(日本の冷やし中華のような位置づけ)として普及しているようです。

盛岡冷麺のルーツは?

盛岡冷麺は、元々、咸興(ハムフン、現在の北朝鮮)で、生まれた在日の方が、子供の頃に食べた冷麺を再現しようとして盛岡でお店を出したのが始まりだそうです。

その後、日本人の好みに合うよう改良されながら、名前も盛岡冷麺と変わり、広く知られるようになりました。

現在は、わんこそばや、じゃじゃ麺と並んで、盛岡の三大麺と呼ばれるまでになりました。

そのため、韓国冷麺も盛岡冷麺もルーツは同じということになります。

【スポンサードリンク】

韓国冷麺と盛岡冷麺の違いは?

では、韓国冷麺と盛岡冷麺の違いはなんでしょうか?

  • 麺の原料が違う

    韓国の冷麺は、平壌冷麺と咸興冷麺が、有名ですが、どちらも主原料としてそば粉が使用されています。

    韓国の冷麺は、少し黒っぽいイメージがありますが、そば粉の色が出ているからです。

    それに対して、盛岡冷麺は、じゃがいものでんぷんが麺の主な原料ですので、白っぽくて透明感があり、つるつるしていてコシの強い麺になっています。

  • 麺の太さが違う

    韓国の冷麺は、かなり麺が細いです。

    麺を作る機械が発達して、細くなってきたそうです。

    それに対して、盛岡冷麺は、昔ながらの麺の太さを維持しているので、韓国の冷麺よりは若干、太目です。

  • スープが違う

    韓国の冷麺は、水(ムル)冷麺は辛くないですが、ビビム冷麺辛いです。

    韓国の水冷麺にもキムチが乗ったりしていて、それを混ぜれば、辛くなりますが、辛いの嫌な人は、キムチを取り除けば大丈夫です。

    ビビン冷麺は、コチュジャンで真っ赤にしているので、かなり辛いです。

    それに対して、盛岡冷麺は、水冷麺にキムチという形で辛さを加えたような感じになっています。

    別府冷麺とは?

    別府冷麺とは、大分県の別府市の名物になっている冷麺です。

    麺は小麦粉・そば粉・でんぷんを基本とし、スープは魚介ベースの、和風にアレンジされているのが特徴です。

    別府で、はじめて冷麺店がオープンしたのは、昭和二十五年頃、中国東北部(旧満州)から引き揚げてきた、料理人が開いたお店が、その始まりと言われています。

    そんな別府冷麺は、大きく二種類あります。

    一つは、太目で弾力のあるモチモチした麺に、キャベツのキムチが添えられるもの、もう一つは、主に焼き肉店で出されるもので、麺はのどごしの良い、中細のツルツルしたものを使い、キムチは白菜が使われています。

    どちらもスープが魚介系の、和風ダシであることは共通で、これが別府冷麺の特徴です。

    そんな別府冷麺のスープは、さっぱりしながらも味わいの深い魚介系で、麺も太く、食べごたえ抜群なので、日本人の好きな、うどん・ラーメン・韓国冷麺の、いいとこ取りをしたメニューといえるかもしれません。

    まとめ

    今回は冷麺についてご紹介しました。

    【スポンサードリンク】

    ぜひいろんな冷麺を食べ比べてみて下さいね。

    合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年6月14日

カテゴリー:食べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ