ルイヴィトンのバックのメンズはモノグラム?ショルダーバッグガイド

ルイヴィトンのバッグといえばモノグラムですよね。

メンズのバッグも定番はモノグラムが良いですよね。

でもビジネスでルイヴィトンのモノグラムのメンズというのは、どうなんでしょうか。

特にメンズのルイヴィトンのモノグラムはビジネスバッグとして使えるのでしょうか。

ルイヴィトンのメンズのバッグでショルダーのモノグラムあるのでしょうか。

そこで今回は、『ルイヴィトンのバックのメンズはモノグラム?ショルダーバッグガイド』を大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

メンズのモノグラム

ルイヴィトンのバッグで男性用というのは、おかしいように思われていますが、そもそもルイヴィトン自体が男性なので、おかしいことはありません。

モノグラムが女性用に見えるのは、東洋人の女性がモノグラムを好むので、そのような勘違いが増えたのでしょう。

日本人だけがモノグラムを女性の柄と認識していると言えます。
そもそもルイヴィトンが女性に人気というだけで、ルイヴィトンが女性用のバッグを専門に作っているわけではありません。

世界的に見ても、モノグラムがどうとか、ダミエがどうとか言うのは日本人ぐらいです。

コインケースなど完全に手作業で作られているものは柄など関係なしで高額になります。

手作りの良さを知っている人には柄は関係ないと言えます。

自分がルイヴィトンのモノグラムが良いと思えば、やはり欲しいものなのだから他人の意見は関係ないと思えば良いでしょう。

現に男性用のビジネス用のバッグでモノグラムもあります。

男性がモノグラムを持っていても、おかしいものでは、ありません。

もしもルイヴィトンで同じような柄がイヤだというのならタイガやダミエなど他人と違った柄を選ぶと良いでしょう。

モノグラムは、いつの時代でも受け入れられるデザインですので、男女ともに使えるデザインだと言えます。

ルイヴィトンのビジネスバッグ

世間にはルイヴィトンを毛嫌いしている人もいるようです。

ルイヴィトンのビジネスバッグなどを取引先などに持っていくと嫌っている人から文句を言われる可能性もあります。
ビジネスマナーとしては大丈夫でしょうが嫌っている人には、同じ大人として考慮することが必要と言えるでしょう。

ビジネスで、重要な、お客様先であるならば、やはり相手を立てる意味で、ブランドの高級バッグはやめたほうが良いかもしれません。

例えば営業職で取引先などに行くようであればルイヴィトンと分からないようにモノグラムは避けたほうが無難と言えます。

【スポンサードリンク】

ルイヴィトンのショルダーバッグ

ルイヴィトンでビジネス用でショルダーだとすると数は限られてきます。

ダミエ・グラフィット セブンデイズが無難なところだといえます。

ブリーフケースとして使えてビジネス用としても使えるものです。

A4サイズがすっぽり入る感じなので、仕事で使えるサイズと言えるでしょう。

一般的なノートパソコンも入るサイズなので、使えるバッグと言えます。
ショルダーは、取り外しもできますので、お気に入りのショルダーに変えても良いでしょう

まとめ

ルイヴィトンでもビジネス用に使えることが分かりました。

常識の範囲内で高級ブランドのバッグは使えそうですね。

モノグラムじゃなくても、ビジネス用のブリーフケースがあるのが分かりました。

ルイヴィトンのなかでも、やはりモノグラムは、男女ともに受け入れられそうです。

ビジネス用のブリーフケースも、ありますので、これからはルイヴィトンのバッグで仕事をしてみようと思いました。

また何かルイヴィトンのビジネス用でショルダーバッグの情報が入りしだい、お伝えしたいと思います。

それでは、またよろしく、お願いいたします。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ