早朝ランニングの効果は?夜との違いとは?

早朝のランニングぅて効果あるのでしょうか?

夜に走るのと何か違いってあるのでしょうか?

そもそも早朝のランニング逆に悪いということもありますよね。

効果だけじゃなくて夜との違いも知りたいですよね。

早朝だけじゃなくランニング自体に効果が無いということもありますよね。

夜だけ走るのと違いがあるのでしょうか?

早朝のランニングとても気になりますよね?

効果と夜に走る違いを知りたいものです。

そこで今回は『早朝ランニングの効果は?夜との違いとは?』と題して大公開していきたいとも思います。

【スポンサードリンク】

早朝ランニングの効果

朝のランニングは、普通のサラリーマンでもできる簡単な健康法です。

特に早朝は、車も少なくて走りやすいといえます。

早朝という時間なので、毎日、継続して同じ時間を確保してトレーニングできるというメリットがあります。

それも、この時間帯は、他の時間帯に比べて、体脂肪の燃焼効果が高いので、これは夜に走るよりも、早朝の時間のランニングは、代謝が高くなりますのでランニングに限らず通勤だけでも昼や夜より断然のメリットがあります。

早朝はランニングするのに、とても適した気候になりますので、快適に走ることができますが無理をしないことだと思いますので最大時間を1時間以内にすることがよいので、走るスピードも下げていくと良いでしょう。

少しずつ体を慣らすのが良く、走る前には、軽く歩くことからスタートするのが良くて、大事なのは、走る前に、筋肉をほぐすようにすることです。

それから、ゆっくり走るようにして、必ず早朝の時間がないかもしれませんが、ストレッチを必ずするようにしましょう。

走り終わっても、すぐにやめるのではなく、5分ぐらい歩いてから、走るのをやめるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

夜との違いとは

早朝のランニングよりも、夜のほうがメリットがるとすると、それはリラックス効果です。

まず朝よりも体が、ほぐれているので走りやすいといえます。

なぜなら、朝は、まだ体を動かしていないから、まずなかなか体が動きませんが、夜に関しては、長時間のランニングができると言えるでしょう。

つまり、一日のストレスが夜のランニングでストレスから解放されリフレッシュできるということになります。

しかし夜のランニングは時間を決めるのが難しいといえます。

すこしでも残業があれば同じ時間にランニングが難しいですが仕事の時間が決まっているのであれば時間が確保しやすいといえます。

危険なのは夜のランニングは視界が狭まるので、これに関しては気をつけるしかないといえます。

夜は、車の多いので、安全には気をつけましょう。

そして夜のランニングを続けると身体のバランスが補正されますので、姿勢もよくなりますから、細胞の新陳代謝より以上の効果が期待できるといえます。

新陳代謝がよくなると、美肌効果もあるので夜だけに限らず、筋肉も引き締める効果があるランニングなので、ぜひ続けて、美脚を目指したいものですね。

早朝のランニングも続けることをお勧めいたします。

朝のランニングはダイエットのために行い、朝は美脚のための走るメニューを組み、夜のランニングは美脚のために行うという区分けをしたランニングも効果があるといえます。

夜のランニングは特にストレス発散に効果があるので、夜はストレス発散用に走り、朝は筋トレとして走るなど、効果を分けて練習メニューを変えて走ることも効果があると言えるのです。

まとめ

夜のランニングと朝のランニングでは、こんなに効果が違うとは知りませんでした。

効果の違うランニングを早朝と夜で分けて走りたいものですね。

それではまた、新たな情報が入り次第、大公開したいと思います。

どうもありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ