「了解しました」と上司にメール等でいうのは失礼?気を付けたいビジネスマナー

皆さんは相手から物事をメールなどで頼まれて、それを受ける時どのような言葉を使いますか?恐らく大抵に人が「了解しました」や「了解」と答えると思います。

確かに相手が友人や会社の同僚、ビジネスに関係ない私用のメールであればそれで良いかもしれませんが、会社の上司やビジネスする上での重要な相手のとのメールである場合「了解しました」は失礼にあたるかもしれません。こういうことを言うと、

「いやいやちゃんと「しました」ってついているから上司には失礼ではないよ」

「上司に失礼なのはわかっているんだけど、他にどういう言葉をメール等に書いていいかわからないから仕方なく「了解しました」と使っている」などいろんな意見があると思います。

そこで今日は「了解しました」という言葉が上司とのビジネス上のメール等に使うと失礼な理由と、上司に失礼にならないためにはビジネスのメールなどに「了解しました」の代わりにどのような言葉を使えばよいかについて『「了解しました」と上司にメール等でいうのは失礼?気を付けたいビジネスマナー』と題して書いていこうと思います。

ビジネスにおいてメールの文面はその人の印象にもつながりますので、上司との良い関係を築いていきたい方はぜひ参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

「了解しました」と上司にビジネスのメールにおいて使うと失礼な理由

「了解しました」が失礼である理由を知るには、まず「了解」とはどういう言葉なのか知る必要があります。

「了解」という意味を国語辞典で調べますと

「物事の内容を事情を知って承諾すること」

とあります。

これを見てもわかるように、「了解」には「理解」という意味に加えて、「承諾」という意味が加わってくるのです。

「承諾」とは「許可」と同じような意味を持ち、相手の要望を上の判断で許すといった意味が含まれます。

ですので上司が使うには、「部下の要望を許可する」
という意味であるので、問題ないのに対し、部下が使うと上司の言うことを許可するという意味になり、「上から目線で失礼」と上司がとらえてしまうのです。

このような意味を持つ言葉ですので、あとに「しました」をつけて「了解しました」というふうに上司に使ったとしても、失礼にあたることに変わりはありません。

この言葉を目下の人が上司に使っていい場合は、例えば「○○さんの了解を得る」といった場合です。

この場合は「了解」というl言葉が承諾や許可といった意味になり、丁寧な言葉になります。

了解しました」の代わりにビジネスのメールで上司に失礼にならない言葉はあるのか?

さて「了解しました」は上司には失礼であることがわかりましたが、では単純に「わかりました」でよいのかと言えばそんなことはありません。

ここで使ってほしい言葉が下の3つです。

「承知しました」
「承りました」
「かしこまりました」

では早速それぞれの言葉について説明していくことにしましょう。

  • 「承知しました」「承知」という意味を調べると、「事情などを知ること」「わかっていること」
    「依頼などを聞き入れること」

    の2つの意味があります。
    【スポンサードリンク】
    メールなどで上司に使う場合は主に上の意味で使います。

    「知る」という字に「承る」という謙譲語がついているので、「了解」と違い「承知」というだけで謙譲語になるので、「しました」と丁寧語をつけるとさらに良いと思います。

    しかしながら厳密にいうと「承知」の「承」という字に謙譲の意味がこめられているという根拠はありません。

    ですので使う場合は「承知しました」ではなく「承知いたしました」としましょう。

    「いたす」は「する」の謙譲語ですので、仮に「承」に謙譲の意味がなかったとしても安心です。

  • 承りました「承りました」は「受け賜る」が変化してできた言葉で、意味は「謹んで受けます」といういみになり、「了解」
    や「承知」と違いはっきりとした「慎む」という意味がはいってくるので、上司だけでなく社長や理事長、会長など会社の中枢にいるとても偉い人にも使えますし、こういった返答ができると、「できたやつだ」と好印象を持たれます。「承る」というとなにか硬い言葉のようにイメージされますが、取引先の相手がどのような人物かわからない場合には、使っておいた方がよいでしょう。
  • かしこまりましたこの言葉は自分よりかなり各上、社長、会長クラスの方々に対して使う言葉で意味は「謹んで相手の言葉を承る」という意味になり、それ自体が謙譲語です。ホテルのスタッフの方がよくこの言葉を使いますが、この言葉は上司とのメールももちろんですが、お客様とのメールのやり取りに使っても効果的でありますし、お客様に好印象を持たれますし、リピーターとなって頂ける可能性がありますので、積極的に使っていきましょう。

まとめ

ここまで「了解しました」が上司へのメールとして使うのが失礼な理由と、それに代わる言葉の意味を書いてきましたがいかがだったでしょうか?

本当に日本語の敬語って難しいですよね。

ただこの言葉の使い方ひとつで人の印象が変わってきてしまうので、たかが一語といえど重要になってくるわけです。

ぜひ少しでも良いので、意識してみてください。

今日も読んで頂きありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ