財布落とした。警察に電話してから、免許証等再発行までの流れ

皆さんは財布落としたことはありますか?ちなみに私は財布落としたことがありまして、その時のショックは計り知れません。
恐らく財布落とした経験がある方ならわかっていただけると思います。

さて今日は財布落とした時の対処法を書いていくわけですが、まず財布落とした場合はとにかく落ち着くことです。

「いつまで財布があったのか」
「財布がないと気づいたのはいつか」
「移動中ならどこからどこまでの間になくしたのか」

まずはこの3点を落ち着いて考えてみてください。これは警察に届け出を出すときにも聞かれませので、ぜひ考えておいてください。
そして次は自分が立ち寄った施設、お店などに電話して、財布が届いてないかを確認していきます。

それでも無ければ警察に電話するような流れになります。よく最初から警察に電話してしまいがちですが、財布落とした直後であれば、意外に店に電話したら取り置きされている場合があるものです。まずはそちらを電話で確認してみてください

さて警察に電話したらたら次は財布内の各種カードの利用停止、ならびに免許証などの再発行に進んでいくと思います。しかしながら財布にすべての身分証類が入っていた場合免許証などの再発行ができません。免許証の再発行ができなければ運転もできないので、非常に不便です。

そこで今日は財布落とした時に警察に電話してから、免許証の再発行までの流れを具体的に書いていき、実際カード類の利用停止の方法や、免許証の再発行の時に身分証がなかったときどうしていったらいいかを『財布落とした。警察に電話してから、免許証等再発行までの流れ』と題して書いていこうと思います。

【スポンサードリンク】

財布落としたら警察電話が最優先?

財布落とした場合まず自分が立ち寄った場所に財布が届いていなかったら警察に一番に遺失物届を出してください。

よく先に各種カードの利用停止に進む方がおられますが、もし仮にすぐに警察に落とした財布が届いていた場合は、財布があったにも関わらず、カード類の再発行をしなければならなくなります。

また警察に届けておくことで免許証の悪用を防ぐことができます。

免許証利用停止ができない上に悪用もされる可能性があり、無断でクレジットカードやローンカードを作られかねません。

ちなみに全国の警察署には落とし物のページがあり、自分の財布らしきものが届いていれば、確認ができます。
また遺失物届も電話で受理したもらえるので、簡単にできます。
それと受理番号は、必ずノートに控えておいてください。

財布が見つかったときに必要になります。

カードの利用停止、免許証などの再発行の仕方

  • 利用停止の仕方財布には様々なカードが入っていたと思うますが、特に優先的に利用停止したいのが、クレジットカードとレンタルカードです。どちらもコンビニやレンタルビデオ店で簡単に使うことができ、悪用されやすいので即刻利用停止しましょう。利用停止方法は、それぞれの会社のサイトにアクセスし、書いてある番号にかけてください。24時間いつでもできるので、深夜でも大丈夫です。その際悪用されているかどうかの確認ができますので、もし悪用されていたとすれば、警察に盗難届を出しておきましょう。あとでその受理番号が証拠となり、悪用された金額は戻ってきます。
  • 免許証再発行の方法
    健康保険証の再発行は会社員の場合は、総務担当などに報告し、指示を仰ぐことになりますが、運転免許証の場合は、必ず本人が免許試験場やまたは運転免許センター、警察署に行きましょう。
    【スポンサードリンク】
    その時運転免許証再交付申請書
    運転免許証紛失、盗難 てん末証
    申請用写真3×2.4
    身分をしょうめいできるもの
    を持って再発行手続きを行えば、運転免許試験場と運転免許センターでは即日発行してもらえます。警察署では日数がかかります。なお運転免許証再発行申請書と、運転免許証紛失、盗難てん末証は運転免許センターにあります。
    また財布を無くし、身分証がない場合は、年金手帳やパスポートなどでも受け付けてくれます。

    どうしても身分証が何もない場合は家族などに住民票をとっていただくとよいでしょう。

まとめ

ここまで財布落とした時警察に電話してから、免許証再発行までの流れを書いてきましたがいかがだったでしょうか?

財布を無くし落ち込みもありますが、必ずしも財布が出てこないわけではなく、むしろ出てくることの方が多いです。

財布を落とした時はあまり焦らず信じて待つことが肝要かと思います。

今日も読んで頂きありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ