刺身の食べ方わさびは醤油に混ぜる?混ぜない?正しい量は?

お刺身の食べ方って決まっているのでしょうか?

わさびの量など決まっているものなのでしょうか?

刺身の量や、わさびの着け方や食べ方なんて、あんまり気にしないで食べてますよね。

お刺身や、わさびは、和食の基本ですから食べ方や量なども決まっているんでしょうね。

お刺身について、わさびについて食べ方や分量などを、もっと知りたいところです。

そこで今回は『刺身の食べ方わさびは醤油に混ぜる?混ぜない?正しい量は?』と題して公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

刺身の食べ方

食べ方は、刺身の魚により食べる順番があります。

あっさりした白身魚の刺身から始まり貝類を食べて、赤身の刺身で食べ終わります。

これが、正しいお刺身の食べ方です。

和食においては、食べる順番が一番のマナーになることもあるので、一番、気を付けておきたいところです。

刺身の添えらえているツマの食べ方は、刺身を食べた後の口直しに、食べます。
ツマの食べ方はあくまで口直しなので、これにはマナーがないようです。
ツマは食べれないと思っている人もいますが自由に食べて大丈夫です。

わさびは醤油に混ぜる?

わさびを醤油と混ぜてはいけないです。

一緒にするとワサビの風味も醤油の味も分からなくなります。

これは誰でも行いそうですが、完全なマナー違反です。

わさびを醤油と混ぜてしまうと醤油本来の味が分からなくなり、わさび本来の味も分からなくなるからです。

わさび本来の刺激と香りは醤油と混ぜると、まったく味が分かりません。

醤油本来の味で刺身を楽しむこれが本来の刺身の食べ方になります。

なぜ混ぜてはいけないのかというと、これは日本食の茶道に繋がる考え方で、おもてなしや相手を尊重するという考え方からきています。

つまり、お刺身の食べ方は醤油の着け方から始まるのです。

醤油の着け方に関しては、パックに入っている、お刺身でよくやってしまうことですが、直接、お刺身に醤油を着けて食べてはいけません。

直接、醤油を刺身に着けてしまうと多量に着けてしまいます。

醤油は小皿に入れて、少量つけるようにしましょう。

わさびは醤油と混ざらないように刺身の表面につけて、わさびを刺身で挟んで食べるとより一層おいしく食べれます。

つまり片面に醤油をつけて、もう一方の片面にワサビをつける感じです。

海鮮丼など、醤油や、ワサビを直接、着けて食べてしまったりしますが、これもマナー違反なので気をつけましょう。

【スポンサードリンク】

正しい量は?

垂れるほど醤油を着けてはいけません。

垂れないように手を抑える行為もマナー違反です。

手を受け皿にする行為は、誰でもやってしまうことなので気をつけたいところです。

醤油が垂れないように手を添えて食べると上品に見えますが小皿を持ち上げて食べるのがマナーですので気をつけましょう。

日本食においては混ぜるという行為自体が既にマナー違反です。

日本食に関しては茶道などと同じく、ふすまの開け方から、刺身の食べる順番まで決まっています。

お刺身や和食を語るうえで茶道ぐらいの知識がないと完全にはマナーを守れないと思ったほうが良いでしょう。

まとめ

醤油が垂れないように手を受け皿にする行為がマナー違反だとは知りませんでした。

完全に上品な行為だと思っていたので驚きです。

お刺身一つで、こんなにマナーがあったとは知りませんでした。

日本食ってとても奥が深いですね。

もっと和食を勉強しようと思いました。

これからは、マナーを守って和食を楽しみたいと思います。
あまり窮屈に考えてると美味しく食べれないと思います。
また、お刺身の食べ方でマナーが分かり次第、公開したいと思います。

どうもありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ