仙台七夕祭りの花火の穴場を探すコツ。 最新情報と交通規制をチェック!

仙台といえば牛タンと仙台七夕祭りです。萩の月というお土産もありますけれども・・・

牛タンの店はグルメ雑誌で、すぐ店を見つけられます。
しかし仙台七夕祭りの交通規制や花火の穴場は、雑誌では分かりません。雑誌で仙台七夕祭りの交通規制の最新情報、花火の穴場を公開されたら、もう穴場じゃないからです。

紙に印刷された時点で交通規制の最新情報じゃありません。こういうときにネットの交通規制の最新情報は役に立ちます。ネットであれば穴場を見つけるのではなく

穴場の探し方が分かります。とても新鮮な最新情報も手に入ります。

仙台七夕祭りの花火の穴場の探し方のコツさえわかればあなたは永遠に穴場で仙台七夕祭りの花火を楽しむことができますね。

そこで今回は仙台七夕祭りの花火の穴場の探し方のコツについて
『仙台七夕祭りの花火の穴場を探すコツ。 最新情報と交通規制をチェック!』と題しまして、書いていきたいと思います。

あわせて最新情報と交通規制もチェックする方法も書きたいと思います。あなたのお役に立てればと思います。

【スポンサードリンク】

交通規制を避けるための仙台七夕祭り最新情報

それでは仙台七夕祭りの花火の穴場の探し方です。

交通規制を避けるために花火の穴場を探すうえで大切なのは仙台七夕祭りを避けることです。

どういうことかというと花火を除いて仙台七夕祭りを避けるということです。

仙台七夕祭りにおいて花火は5日19時から1時間30分だけ東北大学百周年記念会館で行われるわけです。なので仙台七夕祭りの他のイベントは避けて1時間30分だけに集中して出かけるということです。

仙台七夕祭り、花火の警備にどう対応するか

仙台七夕祭りは、ドローン使用のための警備や安全のための交通規制など行われているので警察の警備に巻き込まれないようにしましょう。

警察の職務質問を受けてたら帰りが遅くなるだけです。

鞄を持ち歩かずにできるだけ身軽な恰好をしたほうが良いでしょう。

花火だけでなく周辺商店の出店とステージイベントなどあるため、これ等を考慮してしまうとあっというまに交通規制にハマります。

いってしまえば、本編の花火だけ見てステージイベントや、商店のイベントなど見向きもせず花火の終了時刻に帰りましょう。

これが一番早いです。

イベント主催者には悪いですけれども、盆踊りや、よさこいダンスなどどうでもよいです。

特に車は交通規制にハマります。すぐに帰りましょう。

仙台七夕祭りという名のイベントは、無いものと思ってただの花火大会と思って仙台七夕祭りを避けるようにして行きましょう。

仙台七夕祭りは8月の6日~8日までの3日間、行われています。

花火の8月5日の19時~20時30の1時間30分だけ行って帰ればいいのです。

この花火だけに集中して出かけて帰れば交通規制に関係なくなります。

花火の場合、雨で延期になったりしますけれども延期になったら即、帰りましょう。

この5日の一時間30分だけに集中して出かければいいのです。

これで交通規制も避けられますし、延期になったら花火に悲しいですが、縁が無かったと思ってください。

8月5日の19時~20時30の1時間30分だけに集中して出かけているのに延期で再度、花火を見に行ったら、最新情報を収集して出かけているのに日程を変えたらダラダラと交通規制に巻き込まれるだけです。

再度、行くなら来年にしましょう。

【スポンサードリンク】

仙台七夕祭りの花火の交通規制はどうするか

花火は、とにかく花火の現場から離れれば離れるほど人は減ります。

花火は東北大学百周年記念会館の敷地内なのでここから離れていけば交通規制もなくなります。

ただ花火を見たいというのであれば現場から離れて遠方から見るのも一つの方法だと思います。

花火を見るコツは花火の現場の周囲を動くことです。

打ち上げ花火により見る角度を変えていくことです。
全員が同じ場所で見ているから警備の対象になるのです。

そこを避けて歩いていれば交通規制の対象にはなりません。

最後に

仙台七夕祭りのすべての打ち上げ花火が無くなるまで待つ必要はないです。

ときたま、花火が余って延長したりしますけれども、あまりオススメする事はできません。

ただ多めに作ってあるだけですし、予定外の花火などはあまり完成度は高くありません。

見ないで帰ることをオススメします。
打ち上げ花火の終了時刻に全員で帰るから交通渋滞になるだけです。

花火が終わる前に帰るようにしましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ