仙台七夕祭りの起源と飾りの由来は?

七夕といったらたくさん飾られた笹の葉ですよね。

七夕祭りで有名なのは、仙台七夕祭りではないでしょうか?
仙台七夕祭りは、毎年8月に開催されるお祭りで、美しい飾りつけや花火などが開催されます。

仙台七夕祭りの飾りを多くの人達が見に足を運んで来ます。

仙台七夕祭りは夏休み中なので、子供たちも楽しみにしているイベントとなっています。

仙台七夕祭りには起源と、使われている飾りつけにはそれぞれ由来と意味があるのを知っていましたか?
今回は、仙台七夕祭りの起源と飾りに込められた意味と由来についてご紹介してみたいと思います。

祭りの起源と飾りの由来を知って見ると、仙台七夕祭りの飾りがまた違った見え方になって面白いかと思います。

どこのお祭りにも起源と飾りの由来があるようなので『仙台七夕祭りの起源と飾りの由来は?』と調べてみましたのでお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

仙台七夕祭りの起源とは?

仙台七夕祭りも今では仙台の有名な祭りとなっていますが、そもそもの起源はいつだったのでしょうか?

江戸時代にまで遡っていきます。
1629年の7月7日に伊達正宗が、母親である保春院の七回忌の際にとある歌を詠んだそうです。

「七夕の逢瀬ながらも暁の別れはいかに初秋の空」と詠まれてます。

このことから七夕の行事は既に取り入れられたとされています。

また、他にも伊達正宗が婦女子文化を活発化させるために七夕を奨励したという話もあります。

この時代の仙台七夕祭りは武家屋敷や商人など身分を問わずに町の人々全員が楽しむイベントとなっていました。

その後、明治維新の後に七夕祭りはどんどんと衰退していってしまったそうです。
さらに不況の時代に差し掛かった時、ほとんど行われていなかったといわれています。

それが復活したきっかけとなったのは、昭和に行われた東北産業博覧会です
これを機会にもう一度復活させてみようということになり、博覧会が終わった後に七夕祭りを開催しました。

【スポンサードリンク】

それから大盛況となり七夕祭りが復活していったそうです。
それから、どんどん飾りつけが豪華なものになってきました。

仙台の七夕祭りとは昔は7月6日に行われていました。
明治時代になってからは陽暦である8月6日から8月8日に行われるようになりました。

新暦後、仙台七夕祭りは旧暦の7月6日・7日に行われました。

旧暦7月7日は、お盆の準備に入る前盆の行事日で、時期は稲の開花期であったことから豊作を祈った日です。

仙台七夕祭りは古来より農業やお盆と深くかかわってきたことが、仙台七夕祭り独自を形成してきたといっていいでしょう。

またその時から6日に竹を立てるということも行われていたようです。

仙台七夕祭りは雨の日でも楽しめるように様々な工夫がされています。

一度この豪華な仙台七夕祭りを見に、仙台へ訪れてみてはいかがでしょうか?

仙台七夕祭りの飾りの由来

仙台七夕祭りで飾られている飾り立派ですよね。

実は1つ1つにしっかりとした意味が込められているのを皆さんはご存じでしょうか?

七夕の代表の飾り

  • 短冊
  • 吹き流し
  • 投網
  • 折鶴
  • 屑かご
  • 巾着
  • 紙の着物

【短冊】

昔の短冊の意味として、6日の朝にサトイモの葉にたまった夜露をころがしていき、綺麗な川で洗って清めた硯にうつしとり、それで墨をすっていきました。

そしてそれを使って詩歌や「七夕」「天の川」と書いていたのだそうです。これには歌や書を書くのを上達できますようにと願いを込めていました。
それが今では、「願い事が叶いますように」という意味を込めて書くようになりました。

【吹き流し】

これは昔の織糸を垂らしている状態を表しています。
織物や芸術などの上達できるように願いを込めていました。
仙台七夕祭りで見られる五色の織糸の形のような飾りはここからきています。

【投網】

お魚をとる網をかたどっています。
豊漁や豊作をいのります。

【折鶴】

家族の長寿を願います。

【屑かご】

中に七夕の飾りを作って出た紙屑を入れてつるします。

【巾着】

無駄使いをやめ、貯金してお金持ちになれるように飾ります。

【紙の着物】

身代わりとし病気や災害を除き、裁縫や手芸の上達を願います。

まとめ

仙台七夕祭りといえば、吹き流しが一番印象が強いのではないでしょうか?

仙台七夕祭りの起源と、たくさの飾りには由来があるのを知るとまた祭りの楽しみ方がかわるのではないでしょうか。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ