洗濯物の干し方(靴下編)。方向や向きはどういう風に気を付ける?

靴下の干し方って決まりがあるのでしょうか?

よく方向や向き、干す場所によって渇きが違うと言いますよね。

そもそも洗濯物の干し方がよく分ってないと思います。

靴下の干す方向や、向きについて知りたいものです。

この最だから洗濯物の干し方を初歩から知りたいものですね。

特に靴下の干し方の方向や向きはとても気になります。

洗濯物の干し方、特に靴下の方向や向き、を教えていただきたいです。

そこで今回は、『洗濯物の干し方(靴下編)。方向や向きはどういう風に気を付ける?』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

洗濯した靴下はどのように干したらいいのか?

なぜ洗濯した後の靴下の干し方が話題になるかと考えてみると、靴下の干し方によっては寿命が長持ちするとか?

靴下のゴムなどがすぐダメになるとかが気になるからけっこう話題になっているのは靴下にはゴムが細かく入ってますからそのゴムが緩んでしまうと靴下としての機能せず捨てなくてはいけなくなると言うのが毎度毎度になると困るからです。

別の靴下への思い方でお気に入りだったのにゴムが伸びてしまってもう履けないということになってしまうと残念という声もあるのでどうしてすぐに靴下が伸びてしまうのだろう?と思ったり、自分の家族以外の洗濯物の干し方を見て「あれ?」干し方が逆だと気が付いたりした結果、他の人はどうゃって干してるのか情報を探してみたりをして初めて分かったことはそれなりにその人その人の考えがあって理由があっての干し方をしている。

アンケートでのデータ~では、はき口を上にして干してる人の方が多いのですが、親がそうしていたからという理由だったり、雑誌で見てから変えたという声!靴下を干すときは、つま先を上にして干すとダメ!洗濯は上から乾くもので、そうなると下の方にあるはき口の渇きが遅くなりゴムなど傷みやすくから絶対にはき口は上向きで干すようにしている!

一方でははき口に洗濯ばさみのあとが付くのが嫌だからつま先を上にしてるなど!靴下が傷むとかよりも見た目が大事という回答があったりもするのです。

繊維のお仕事をしていたという専門的な目線で意見その理由はあとで書いてありますが靴下を干すと時ははき口を上にして干してあげてくださいといいます、いかがでしょうか?

靴下の干し方の向きによって靴下はどれぐらいが目安で長持ちしたり寿命が短くなったりするのでしょうかいとかいうのでしょうか?もちろん素材の種類や作り方、使用頻度にもよると思いますが、一般的な靴下で結構はいて、洗濯もしてますというのだと平均3か月から4か月ぐらいと出ています。

靴下を長持ちさせるコツ

靴下は、はいてる時、足と靴との間で表がこすれていますから、洗濯するときは裏返してあげる(表裏のスレるバランスをとるために)そして小さな靴下が他の衣類と絡みすぎて傷まないようにネットに入れてあげる、そんな小さなことをするのもまた靴下の寿命を考えるのでしたらしてみる
のも大切です。

【スポンサードリンク】

プロの目線的なお答え

人が衣服、靴下などを身に着けるときを考えて製造されていることを考えてみると、洗濯して干すときにも人が身に着けたとき同じように干してあげると考えた方が自然ですという意見があります。

そして意外かもしれませんが手洗いをすると洗濯機で回した時よりも生地が傷みやすいというのです、手の力でゴシゴシこするので繊維が摩擦されてしまうといいます、靴下だけを洗濯機で回すならしっかり脱水も回したいところですが、他の衣類などと一緒にするときは、脱水を緩めにした方がいいので、やはり靴下のはき口を上にして干していく方がいいです。

最後に

知らず知らずにしてる靴下のしまい方!せっかく干すときに気を付けたのに、タンスへ入れるときに、二足を一緒にたたむとき「くるん」と丸めたりしてませんか?あれも実はゴムが伸びてしまう一つです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ