シェラデザインのマウンテンパーカーの洗濯と修理!完全ガイド

シェラデザインといえばマウンテンパーカーですよね。

マウンテンパーカーといえばシュラデザインと言われるぐらいシェラデザインはマウンテンパーカーといえますね。

シェラデザインのマウンテンパーカーは、やはり良いものなんですけど、洗濯や修理というのが面倒ですよね。

修理や洗濯方法が分かればやりたいものですね。

シェラデザインのマウンテンパーカーの普段あまり洗濯や修理などしてませんが、自分で修理や洗濯ができればいいですよね。

そこで『シェラデザインのマウンテンパーカーの洗濯と修理!完全ガイド』を大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

シェラデザインのマウンテンパーカー

シェラデザインのマウンテンパーカーは命を託せるパーカーと言われています。

1965年のアメリカは激動の時代、この時代に発祥したのがシェラデザインのマウンテンパーカーです。

創業はジョージマークスとボブスワン、コンピュータで有名なバークレーからシェラデザインの歴史は始まりました。

シェラデザインの創業者が海で遭難したことからパーカーは命を預かるという理念のもとマウンテンパーカーを作り続けているので、まさに安全を託せるウエアと言えます。

そして、腕を動かしやすいラグランスリープと手首のベルクロこれらのおかげで保温力もあるので、シュラデザインのマウンテンパーカーは命を託せるパーカーとも言えます。

マウンテンパーカーの洗濯

シェラデザインのマウンテンパーカーの洗濯方法は表記を見ると、ロゴに60/40と書かれていますので、コットン60パーセント、ナイロン40パーセントの意味なので、これを基準に洗濯方法を調べると良いでしょう。

正確には、コットン横糸58パーセント、ナイロン経糸42パーセントで造られていて、コットン100パーセントより、ゴワゴワしないで、ナイロン100パーセントよりも摩擦に強く、ナイロンとコットンの絶妙なバランスにより防水性が高い仕上がりになっています。

これがシェラデザインのマウンテンパーカーを表す表記でもあり、洗濯や修理のときに一番、気をつけなければならないところでもあります。

マウンテンパーカーはアメリカ製の生地でできているメイドインUSAで、丈夫ですので、ゴシゴシ手洗いしても大丈夫と言えます。

【スポンサードリンク】

マウンテンパーカーの修理

シェラデザインのマウンテンパーカーの修理は、やはりメーカーに直接もって行くか、日本の正規取り扱い店に持って行って修理を、お願いするのが良いと言えるでしょう。

どうしても自分で直したいようであれば、先ほどの表記のとうりコットン60パーセント、ナイロン40パーセントで手縫いで直していくのが良いでしょう。

マウンテンパーカーのボタンが外れて無くなってしまったときは、ボタンだけで売っていないので、もうこれは自分で直すのは不可能なので正規の販売店で直してもらうしかないでしょう。

シェラデザインのボタンでなくても良いというのであれば、手芸用品店で、同じようなボタンを探して直すということもできます。

メーカーに直接、修理を依頼するときは、WEB経由での依頼が一番、簡単です。

自分のシェラデザインのマウンテンパーカーの品番と購入時期、販売店名などを調べて依頼を出すと良いでしょう。

まとめ

なぜマウンテンパーカーはシェラデザインなのか分かったような気がします。

60/40の意味、コットン横糸58パーセント、ナイロン経糸42パーセントと分かったので、これで修理も洗濯もできそうです。

こんなに優れたシェラデザインのマウンテンパーカー長く使い続けたいですね。

それでは、また新たなシェラデザインの修理方法や洗濯方法がありましたら公開したいと思います。

ありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ