結婚式の靴の素材は決まりがあるの?お呼ばれの際のマナー

結婚式での靴の素材や置き方って何かあるのでしょうか?

結婚式にお呼ばれされたとき用に靴の素材やマナーなどんな感じでしょう。

結婚式の、お呼ばれって靴など、どのようなマナーがあるのでしょうか?

お呼ばれに履いていく靴のブランドや素材はどのようなものが良いのでしょう。

お呼ばれしたときの結婚式での靴の素材やマナーについて知りたいところですね。

そこで今回は『結婚式の靴の素材は決まりがあるの?お呼ばれの際のマナー』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

結婚式の靴の素材は決まりがある?

もしも結婚式にお呼ばれで出席するときは、靴は極めて重要なアイテムであり、マナーも問われるアイテムでもあります。

特に女性は、ドレスから靴から、お呼ばれされたゲストとして相応しい靴を心掛けるようにしましょう。

着ているドレスより靴と靴下のほうがマナーを問われると思って出席しましょう。

まず靴はパンプスを意識にあげて、これを基本にバリエーションを考えてからドレスを探すようにしましょう。

間違っても着ていくドレスで靴を選ぶようなことはせずに、必ず靴選びから始めて、それからドレスを選ぶようにすれば間違いはないと言え、ドレスを選ぶように靴を選びましょう。

とにかく靴はパンプスを基準に選びます、女性としては、サンダルを履きたいという気持ちもあると思いますが、つま先が見えてしまうようなモノは履かないようにしてください。お呼ばれにサンダルはないと心に留めておきましょう。

基本的に結婚式で肌の露出は禁止と心得ておいて、靴の、つま先や靴下でなく網タイツは完全NGということになっていますが、芸能人の結婚式などを見ると、よく見かけますが、本当の友人や知人の結婚式のお呼ばれであれば絶対に失礼のないように、このような行為は避けましょう。

靴の素材だけでなく、ヒールの高さも3cmあるのが理想で、結婚式のお呼ばれでドレスを着るならば必ずヒールの高い靴を履くようにしてください。この高さも意識して、ヒールの高さのない靴は履かないようにしましょう。

靴選びに、ミュールやオープントゥなどのようなカジュアル系で露出の多い靴は避けるようにして、革靴のようなフォーマルで対応できるパンプスを選ぶようにしてマナーを守りましょう。

【スポンサードリンク】

お呼ばれの際のマナー

マナーとしては、とにかくカジュアル系を避けることになり、ブーツや鎖のある靴など一般大衆の人が見てカジュアルと受け止められるものはフォーマルな席では、避けるべきです。

フォーマルな革靴でも踵や爪先にリングや、ベルトのある靴も増えてきていますが、
ブーツのように見える靴は避けて、見た目で、選ぶ場合はヒールのある靴を選ぶようにして出席される年配の方々のためにも、お呼ばれできている人が目立つ服装にならないように必ず年配の人達を考慮して服装や靴を選ぶようにしましょう。

どうしても欲しい靴であれば、結婚式で使えるのか一度、考えてから購入をするなり、店員さんに「結婚式で使えるか?マナー違反でないか」聞いてから購入を検討するのも良いでしょう。

年配の人達が出席しないカジュアルな結婚式も増えていますから、その場合は、カジュアルに合わせるということもマナーの一つですから、服装を選ぶ前に事前に、どのような結婚式になるのかリサーチすることも必要なことです。

まとめ

結婚式の、お呼ばれというのは、こんなにもマナーがあるのですね。

間違ってサンダルで出席するようなことがないようにしたいです。

靴だけでなく、やはりフォーマルな場所なので、服装にも気をつけて年配の方にも配慮しなければならないと思いました。

何か結婚式のマナーについて新しいことが分かり次第また大公開したいと思います。
どうもありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ