一人暮らしの食費の平均と相場は?

一人暮らしをするには平均相場どれくらいの食費がかかるのでしょうか?

実家に住んでいると、一人暮らしってどんなものかわかりにくいもの。

今回は生活費のなかでも食費を取り上げて、相場や平均を確認することで、一人暮らしをしたい方や、今一人暮らしをしている方の参考になるかと思いますので、節約方法なども一緒にご紹介していきたいと思います。
食費にどれくらいかかるか分からないですよね。平均的な相場をしり、無駄のない食費としたいものです。

平均相場は一体いくらか 『一人暮らしの食費の平均と相場は?』として調べてみました。

【スポンサードリンク】

一人暮らしの食費の相場はいくら?

一人暮らしの食費の相場は、30,000円から40,000円

自炊をする方で節約上手な方は20,000円位の方もいますし、1ヶ月1万円台の方もいるようですね。

学生さんや、社会人でも男性・女性によって様々な金額が出てきます

では、理想の食費はどのくらいでしょうか?
ファイナンシャルプランナーなどがよく使う、理想の支出割合、食費は収入の15%~18%とされています。

収入が200,000の方は30,000~36,000円ということになります。

【スポンサードリンク】

一人暮らしで食費を節約するコツ

一人暮らしの節約ポイント

  • ペットボトルのお茶は買わない
  • 自炊を心がける
  • お弁当を作る
  • ご飯は多めに炊いて冷凍する
  • ご飯は多めに炊いて冷凍する
  • 食材を実家から送ってもらう
  • スーパーの惣菜を活用する
  • 冷凍食品を活用する
  • お肉屋お魚はまとめ買いをする
  • コンビニは極力利用しない
  • バイトはまかないのある店を選ぶ

【ペットボトルのお茶は買わない】
ペットボトルのお茶を毎日買うと、1本150円として、1ヶ月4,500円の出費ですが、お茶を水筒に入れて持ち歩けば、僅かな金額でまかなえます。

【自炊を心がける】
外食ばかりでは、節約は難しいので、なるべくご飯を炊いて自炊する方が節約できます。

【お弁当を作る】
お昼のお弁当はかなり節約できます。

前の日のおかずの残りや冷凍食品を活用すると外食するよりも安くできます。

【ご飯は多めに炊いて冷凍する】
1人分を毎回炊くのは面倒なので、多めに炊いて、タッパにいれるかラップに1回分づつに分けて冷凍します。

炊きたてをすぐに冷凍すると、解凍した時に炊きたてのような食感を楽しむことができます。

【食材を実家から送ってもらう】
お米や野菜などは、実家から援助してもらえるなら甘えましょう!

特に地方出身者にとっては強い味方ですね。

【スーパーの惣菜を活用する】
時間帯によっては、半額セールなどをしているので、その時間に合わせていくと通常の半額で買えることも多くあります。

お惣菜だけではなく、生鮮食品は安くなる時間帯がありますので、狙って買いに行くのもいいですね。

【冷凍食品を活用する】
冷凍食品は、1食分のおかずなどもあるので、忙しい時などには大活躍です。

スーパーに行った時は買いだめしておいても良さそうです。

【お肉屋お魚はまとめ買いをする】
お肉やお魚、小さなパックを買うよりも、まとめて買ってきて、1回分づつに分けて冷凍保存をしましょう。そのほうがお得です。

【コンビニは極力利用しない】
コンビニの商品は割高なので、なるべく利用は控えましょう。

【バイトはまかないのある店を選ぶ】
学生さんの節約術です!

アルバイトするなら、まかないのあるところを選ぶと、食費がかなりうきますね。

最後に

今回は一人暮らしの食費についていろいろ見てみました。

食費とひと言で言っても、お米から冷凍食品、外食の費用までいろいろですね。

行き過ぎる節約は、生活にあまり良い影響を与えませんので、程ほどに節約を楽しめるのがいいでしょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ