★食パンのカロリー、8枚切り、6枚切り、4枚切りでどう違う?上手な冷凍方法

【スポンサードリンク】

朝はパン派などパン好きの方も多いと思います。

そんな食パンのカロリーや糖質を気にしたことはありますか?

パンの場合、ついついバターやジャムなど付け過ぎちゃいがち。

そもそも食パンは、4枚切りや6枚切り、8枚切りなどカットがいろいろありますよね。

パンの4枚切り、6枚切り、8枚切りカットでカロリーは違うのでしょうか?

さらに、食パンは賞味期限が早いので、上手く食べてしまわないと腐らせてしまいます。

腐らないように冷凍保存する方法もあるかと思いますが、冷凍だと解凍した時に、水分が出て美味しくなくなってしまうイメージ・・・

冷凍保存でも美味しく保存する方法はどんな方法でしょうか?

美味しく冷凍できれば、無理に食パンを食べずに好きな時に食べれますね。

そんな気になる食パンの8枚切り、6枚切り、4枚切りそれぞれのカロリーの違いや冷凍保存方法についてクローズアップ!

今回は『食パンのカロリー、8枚切り、6枚切り、4枚切りでどう違う?上手な冷凍方法』についてご紹介します。

食パン1枚あたりのカロリーは?

食パン1枚のカロリーは、食パンのサイズによって異なります。

食パンには、4枚切り、5枚切り、6枚切りら8枚切りとありますが、数が小さいほど食パンは厚くなりますね。

それぞれのサイズでの食パン1枚のカロリーは、食パン8枚切りは1枚50gで、カロリーは132kcal。

食パン6枚切りは1枚67gで、カロリーは177kcal。

食パン5枚切りは1枚80gで、カロリーは211kcal。

食パン4枚切りは1枚100gで、カロリーは264kcalになっています。

食パンの重量とカロリーの量は当然比例しますので、重量が10kg変わるだけでも食パンのカロリーは40kcal変わってきます。

そして、食パンは真ん中のふわふわした部分と耳とありますが、カロリーは違うのでしょうか?

食パンの耳のカロリーは、食パンの白い部分と同じです。

つまり、白い部分より小さいパンの耳だけを食べても、カロリー量は変わらりません。

ちなみに重量が少ないサンドイッチ用の食パンは、1枚の重さが18gで、カロリーは48kcalです。

しかし、サンドイッチは食パンに挟まれる具のカロリーがプラスされます。

食パンの糖質は?

ダイエットでよく聞く「糖質」。

糖質とは何かみなさん、ご存知ですか?

「糖」という言葉が含まれているので、甘いものに含まれる成分のことだと思うかもしれません。

糖質とは、イモやお米などに含まれるでんぷんも糖質源の一つです。

お米やパンなどの炭水化物にはでんぷんと食物繊維が含まれていますので、糖質制限ダイエットをする場合は、食物繊維は多くとり、糖質は抑える必要があります。

では、食パンにはどれくらいの糖質が含まれているのでしょうか?

食パン8枚切りは、糖質19.98g。

食パン6枚切りは、糖質26.64g。

食パン5枚切りは、糖質31.968g。

食パン4枚切りは、糖質39.96gとなっています。

食パンの糖質は、他の糖質を含む食料と比べると多い方だと言われています。

それは、食パンの主成分が小麦粉です。

食パンには小麦粉の他に、糖質のもとである砂糖を含むものが多くあるため、砂糖も含まれた食パンとなるとかなり糖質量は多くなります。

そして、食パンの真ん中と耳では、カロリーは同じですが、食パンの耳の糖質は、食パンの白い部分と比べると糖質の量は多くなってしまいます。

これは食パンの耳の部分が白い部分と比べると、水分が少ないため、糖質の量が多くなってしまうのです。

そのため、糖質制限ダイエットをしている場合、食パンの耳を使わないサンドウィッチにアレンジをして食べるといいかもしれません。

食パンの冷凍保存のメリット

つい、買いすぎてしまうことのある食パン。

品質を落とさないためには、冷凍保存がおすすめなことはご存知でしたか?

中には冷凍保存した方が美味しくなるなんて声もあります。

水分が多く乾燥しやすかったり、カビが生えやすい食パンは、常温保存では2~3日程度しか日持ちしません。

そして、食パンを冷蔵保存してしまうと、デンプンが劣化して硬くなり、美味しくなくなってしまうのです。

では、なぜ食パンは冷凍保存よいのでしょうか?

  • その1 美味しさを保てる

    食パンに含まれているデンプンは、0℃に近いほど劣化が進みます。

    そのため、3~5℃に保たれている冷蔵庫内は、デンプンの劣化を早めてしまうので、食パンの保存には適していないのです。

    冷蔵庫に入れると、固くなってしまうのはデンプンが劣化しているからなのです。

    デンプンの劣化を抑えるためには、水分を飛ばして乾燥させるか、マイナス20℃以下に一気に温度を下げる方法しかありません。

    そのため、ふんわりとした食パンの食感を保つためには、マイナス18℃に設定されている冷凍庫で、なるべく早く低温で保存するのが適しています。

  • その2 カリカリの食感が楽しめる

    食パンを冷凍保存すると、表面の水分が適度に蒸発し、トーストにした時にカリカリとした食感が楽しめます。

    ピザトーストなどにしたい場合にも、凍ったまま具をのせて焼くだけで、カリッとした食感になります。

    カリカリとした食感より、しっとりとした食感のパンがお好きな方は、霧吹きや水分を含ませたキッチンペーパーで、表面に少し水分を含ませて下さい。

【スポンサードリンク】

食パンの美味しい冷凍保存方法は?

まず、1枚ずつ空気に触れないように、ピッタリとアルミホイルかラップで包みます。

そして、一度に使う分量ごとに、別のフリージングバックなどに入れて、適度に空気を抜きます。

この時、なるべく空気を抜いて、空気に触れさせないで冷凍すると、冷凍焼けを防ぐことが出来ます。

一方、空気を抜きすぎると、食パン本来のフワフワとした食感が楽しめなくなるので、注意が必要です。

それから、金属トレイの上に乗せ、冷蔵庫の設定を強にするなどして、なるべく低温で冷凍します。

もし、金属トレイがない場合には、アルミホイルでも代用可能です。

熱伝導率の良いアルミホイルに包めば、低温で早く冷凍することが可能なのも、ラップに包むと乾燥や臭い移りを防ぐことが出来ます。

そして、フリージングバックに入れるので、どちらで包んでも乾燥や臭い移りを防ぐことが出来ますが、長期保存をお考えの方はラップの方がおすすめです。

さらに、冷凍焼けを防ぐためには、空気を抜いて急速冷凍したフリージングバックの中身は1回分にし、一度に使い切る量にしておきましょう。

また、冷凍食パンの保存期間は、2週間~1ヶ月程度です。

一度開けたフリージングバックの封をして、残りをもう一度冷凍庫に戻している場合には、保存期間は2週間程度です。

冷凍庫の開け閉めの回数が多い場合や夏の暑い時期には、冷凍庫内の温度が変動しやすいため、早めに食べるようにしましょう。

そして、食パンは、臭いを吸収しやすいので、近くに入れる物にも注意が必要です。

食パンの解凍方法は?

冷凍食パンは、凍ったまま焼くことが出来ます。

8枚切り程度の厚さなら、いつもと同じようにトーストして頂くことが出来ます。

厚めの場合、ラップに包み、600Wのレンジで30秒ほど温めてからトーストします。

しっとりとした食感を味わいたい方は、一度ラップやアルミホイルを外して霧吹きなどで水を付けてから、調理してみて下さい。

カリカリとした食感を楽しみたい方は、凍ったまま焼くのがおすすめです。

まとめ

今回は食パンの8枚切り、6枚切り、4枚切りそれぞれのカロリーの違いや冷凍保存方法についてご紹介しました。

食パンのカロリーや糖質は4枚切り、6枚切り、8枚切りなど厚さによって変わってきます。

カロリーを気にされている方は参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

また、食パンは冷凍保存の方が美味しく頂けますので、是非やってみて下さいね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年4月29日

カテゴリー:食べ物

サブコンテンツ

このページの先頭へ