暑中見舞い時期のビジネスレター文例集

暑中見舞いの時期のビジネスレターというのは何を書いたら良いか悩みますよね。

暑い時期のビジネスレターというのは、どう書いたら良いのでしょうか。文例があると助かりますね。

やはりビジネス文例などで調べるしかないかもしれませんね。

暑中見舞いだから、この時期の健康を気遣うことを書いたほうが良いのでしょうか。

なにかサンプルになる文例などあると良いのですが。

この時期のビジネスレター暑中見舞いは本当に悩みますよね。

ビジネスで使える暑中見舞いの文例集などないのでしょうか。

そこで今回は『暑中見舞い時期のビジネスレター文例集』を大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

暑中見舞い時期

暑中見舞いを出す時期というのは、一年で一番、暑い時期とされています。

本来の暑中見舞いは、この一年で一番暑い時期に、相手の健康を気遣う言葉を書いて送ることが本来の暑中見舞いの意味になります。

ビジネスでは、顧客に暑中見舞いを送ることもあります。

夏休みのお知らせや、夏季休業の通知夏の大売り出しなどの告知に使うと良いでしょう。

暑中見舞いの書き方

暑中見舞いは、相手の健康を気遣う書面です。

拝啓や敬具などは書く必要はありません。

あくまで、一年の一番暑い時期に、相手の健康を気遣って送ることが目的です。

たとえビジネスでも拝啓や敬具は必要ありません。

暑中見舞いの出す時期

暑中見舞いは7月の上旬から梅雨が明けて8月の上旬までの間に出すと良いでしょう。

8月の中旬からは、残暑が残るということで残暑見舞いとなります。

暑中見舞いの文例

暑中お見舞い申し上げます

これが一番スタンダードだと言えます。

『お元気でお過ごしでしょうか』

『お変わりありませんか』

『ご無沙汰していますが、元気でお過ごしでしょうか』

など相手の健康を気遣う言葉を入れましょう。

『どうかご自愛くださいませ』

『お大事に』

『お体に気をつけて』

など、先方様の体を気遣う言葉も入れると良いでしょう。

『厳しい暑さが続きます』

『いかがお過ごしでしょうか』

『梅雨もあけて体調はいかがですか』

『夏到来です元気にしていますか』

など相手のことを気遣う言葉も入れると良いでしょう。

【スポンサードリンク】

暑中見舞いに書く内容

残暑見舞いは、一年で一番、暑い時期に書く言葉なので、相手の体調を気遣うような言葉を入れましょう

年賀状などを出せなかった喪中の方などには、この時期に、暑中見舞いを出すようにしましょう。

年賀状は、喪中などで出せないときがありますが、暑中見舞いは誰にでも出せるので、書く内容も、ある程度、定型化して出せるハガキと言えるでしょう。

ビジネスで送る、暑中見舞いに関しては、どうしても堅苦しくなってしまいますが、やはり暑中見舞い、暑い夏の体調を気遣う文章が好ましいと言えるでしょう。

ビジネスでも、セール情報や、夏休みのお知らせなどの情報の場合は、もっとラフに書くと良いでしょう。

暑中見舞いのハガキ

暑中見舞いのハガキは、年賀状の暑中見舞い版である、かもめーるが良いといえます。

この、かもめーるは、コンビニなどでも販売されているので簡単に手に入ります。

この、かもめーるは、作りが無難なので暑中見舞いとすぐ分かりますので、文章が下手でも、すぐ暑中見舞いと分かります

まとめ

やはり、かもめーるは、とても便利ですね。

私も暑中見舞いは、かもめーるを使おうと思います。

ビジネスでもやはり、相手を気遣う文面が良いということも分かりました。

文例も分かりましたし、これからの夏は、どんどん、暑中見舞いを書いていこうと思います。

新たな情報が入り次第、また例文を公開したいと思います。

どうもありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ