★昭和の日の由来は?いつから始まったの?みどりの日が変わった訳とは?

【スポンサードリンク】

4月の末から5月の頭に、GWがありますね。

国内や海外など旅行の計画を立てる人も多いでしょう。

そんなGWの前半、4月29日は「昭和の日」という祝日です。

この「昭和の日」、以前から祝日だったのですが、名前はころころ変わっているのをご存知ですか?

1つ前は「みどりの日」ですが、いつからか「昭和の日」になってます。

みどりの日はどこへ行ったのでしょうか?

一体、いつから「みどりの日」から「昭和の日」になったのでしょうか?

また、昭和の日の由来はどのような由来があるのでしょうか?

そんな気になる昭和の日の由来や、いつからみどりの日から昭和の日に変わったのかについてクローズアップ!

今回は『昭和の日の由来は?いつから始まったの?みどりの日が変わった訳とは?』についてご紹介します。

昭和の日は由来は?

「昭和の日」である4月29日は、元は昭和天皇の誕生日です。

そのため、年号が昭和の時代は、4月29日は「昭和の日」ではなく、「天皇誕生日」だったんです。

昭和天皇が崩御され、元号が昭和から平成になると、今上天皇の誕生日は12月23日なので、今度はその日が「天皇誕生日」という祝日になりました。

本来なら、昭和天皇の誕生日が祝日として残ることはなかったのですが、昭和という激動の時代を忘れないためということと、ゴールデンウィークを構成する祝日となっていたことから、国民生活への影響が懸念されたため、「自然にしたしむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ」ことを趣旨として、1989年からは「みどりの日」の祝日として残ることになりました。

その後、2005年の法改正により、「みどりの日」は「昭和の日」とさらに名前を変え、現在に至るんです。

特に、年配の方の中では、4月29日と言えば、天皇誕生日の名称の方がなじみがあるという方も多いので、うっかり4月29日の祝日を「天皇誕生日」と言ってしまう方も多いようです。

【スポンサードリンク】

昭和を忘れない日

4月29日が、「昭和の日」がという名称になった理由は、「昭和」という激動の時代を忘れず、その記憶を忘れないためです。

昭和恐慌から始まり、戦争という悲しい時代を経て、荒れ果てた国土を抱えた昭和20年の終戦。

それからの復興と高度成長期と東京オリンピック。

そして、オイルショックを経てのバブル景気。

人々の暮らしも大幅にかわり、電気のない生活から一家に1台以上テレビがある生活へと変貌していきました。

今や当たり前に使っている冷蔵庫も、戦後しばらくはなかなか買えない憧れの家電でした。

昭和の時代は「激動の時代」と言いますが、その一言では片付けられない出来事も多くあり、今も根強く残る問題もいくつかあります。

みどりの日とは?

「みどりの日」という名前の由来は、生物学者でもあった昭和天皇は植物に造形が深く自然をこよなく愛されていたことから、その旨の意見が多数あったということで定められたそうです。

しかし、その後、4月29日は昭和天皇とともにあった昭和という激動の時代を忘れないためにも「昭和の日」としようという動きや、国民の要望もあったことから、平成17年(2005年)の祝日法改正により、4月29日は「昭和の日」となり、「みどりの日」は5月4日に移動しました。

みどりの日が移動した5月4日は、もともと「国民の休日」でした。

「国民の休日」とは、祝日と祝日に挟まれる平日を休日とするもので、5月3日(憲法記念日)と5月5日(こどもの日)に挟まれている5月4日は振り替え休日や日曜日ではなくても、毎回休日になっていました。

そこに「みどりの日」が移動し、きちんとした名称の祝日になりました。

まとめ

今回は、昭和の日の由来や、いつからみどりの日ではなくなったのかについてご紹介しました。

みどりの日は、1989年に今までの天皇誕生日に変わって、4月29日に制定され、4月29日は、2007年の法改正により、昭和の日として制定されました。

なんとなくで過ごしてきた祝日の由来などわからなかった方もいらっしゃったでしょう。

【スポンサードリンク】

祝日の名称の移り変わりと、その由来や関係などきちんと把握できましたね。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2018年5月22日

カテゴリー:日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ