人生の転機の前兆は眠いの?そのサインの意味とは?

人間が生きていく間には人生の転機が必ず存在します。

人生の転機というのは、それまでの自分の価値観や生き方が大きく変わる瞬間を指します。

例えば結婚、仕事の成功 臨時収入 起業 人生を変える人物に会う

などが人生の転機と言われる時期に起こってきます。

そららは自分がより良い人生を送っていくためのプロセスとして大きな意味を持ってきます。

一般的に人生の転移というのは一生に3度あるといわれ、1度目は20代半ば、2度目は30代半ば、そして3度目は50代前半と言われています。

しかしこれはあくまで一説過ぎないので、この年齢には意味はありません。

また人によっては人生の転機が何度も訪れる人もいます。

しかし多くの人はこのような素晴らしいことが起こるかもしれない人生の転機を逃してしまっています。

なぜ逃してしまうのか?

それは人生の転機の前兆のサインを感じ取って行動していないからです、

「えっ前兆のサインなんかあるの?」

と思うもしれませんが、前兆のサインはいくつか存在します。

例えば人生の転機の前兆の1つのサインというのに「眠い」というのがあります。

この「眠い」というのは寝不足でという意味ではなく、睡眠時間を十分とっていても眠いというの特徴です。

そこで今日は人生の転機の前兆のサインである「眠い」状態の時の対処法と、眠い以外で、人生の転機の前兆のサインは何があるのかということについて『人生の転機の前兆は眠いの?そのサインの意味とは?』と題して書いていこうと思います。

【スポンサードリンク】

人生の転機の前兆のサインで眠気出る意味

冒頭にも書きましたが、もしあなたが十分に睡眠がちれているにも関わらず、眠気に襲われているとしたら、それはあなたに人生の転機が訪れる前兆かもしれません。

ここでいう転機というのは、人生が好転することを指します。

しかも眠気は強ければ強いほど、夢が叶ったりする瞬間が近いといわれます。

なぜそういうことが言えるかというと、例えばアゲハチョウなどの虫を思い出してください。

彼らは幼虫の青虫から成虫の蝶になる前に「さなぎ」の時期があります。

この時期彼らは必死にエネルギーを溜めながら来るべき脱皮の瞬間を待っています。

人も同じで眠気が強い時期はまるで夢の世界に誘われるように、眠くなりしかもこの時は不思議と今まで出せなかったような力が出せるようになります。

人生の転機の前兆で眠気が強い時こそ困難を乗り切れるサイン

眠気が強い時は、普段私たちが絶対に不可能だ、無理だと思うことを難なくやってのけることができます。

この状態を瞑想でいうなら、「空」とか「無の境地」というらしいですが、五感、感情。思考を超越したじょうたいということです。
いわば仙人とか高僧が自分の一生をかけて到達する状態を体感することができます。
ちなみに普通の状態で、この境地に達することができるとしたら、「死ぬ気」にならないと無理でしょう。

なので眠気が強い時こそ自分が過去にやってみたくても。できなかったことを全力でやってみましょう。

【スポンサードリンク】

人生の転機のサイン眠気以外で何があるの?

ここまでは人生の転機の中でも眠気について書いてきましたが、他にもサインはあります、

ここではそれについて書いていきます。

  • ①今までやっていたことが急にダメになるあなたが当たり前のようにやっていた仕事が急にできなくなる、あるいは彼女から急に別れを告げられた、家族との死別などは、あなたに人生の転機が迫っていることの暗示でることが多いです。新しい可能性を探ったり、あなたが今までやってきたことの清算をして、新しい出会いに備えてください。
  • ⓶急に焦りだすあなたが今までやってきた日常に急に焦ることはありませんか?例えば今まで結婚なんてまったく考えていいなかった人が急に今までの生活に絶望して、あせった利する場合は、もしかしたら直後に運命的な出会いがあるかもしれません。焦って怒りっぽくなったり、イライラで他人に当たったりすることもあるでしょうが、そんな時こそ自分の現在地を冷静に見つめてください。

    このとき自分の頭の中で収めることなく、ノートにいろんな自分の意見を書いて「自分会議」なるものを開催するのも1つの手であると思います。

    会社終わりなどにカフェなどでやってる方もいるみたいです。

まとめ

ここまで人生の転機の前兆のサインである眠気の意味について書いてきましたがいかがだったでしょうか?

これらは非科学的で完全に人生の転機と眠気のメカニズムが解明できたわけではありませので、必ずしも正しいとは限りません。

しかしどんな人でも転機が必ずあるのは事実です。
それをつかみ取るじか逃すかはあなた次第。
しっかりとそれをつかんで亡くなるときに悔いの残らない人生にしていきましょう。

今日も読んで頂きありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ