マグニチュードと震度の違いは何か?その推定方法

マグニチュード7.3、震度6の地震、それはどの程度のものと想像できるでしょうか?
なぜマグニチュードと震度と言うのでしょう。

マグニチュードと震度の違い、また地震の大きさの推定方法はどのようなものでしょうか?!
マグニチュードは何を?震度は何を?示して推定方法が出るのでしょうね。

また推定方法も気になるところです。

実際に感じる揺れと、地震の規模、それにはどんな関係性があるのでしょう。推定方法も知りたいものです。

今回は、その『マグニチュードと震度の違いは何か?その推定方法』を調べてみました。

【スポンサードリンク】

マグニチュード7.3、震度7、表示の数値の違いは?

マグニチュード7.3、震度7という表示はニュースでもよく見るもので地震が起こったときは気になる数値です。

それでは、マグニチュードと震度にはどのような違いがあるのでしょうか?

マグニチュードとは、地震そのものの大きさ(規模)を表すもので、震度とは揺れの強さを表すものです。

マグニチュードが小さな地震でも、震源からの距離が近いと地面は大きく揺れ「震度」は大きくなるというもので、マグニチュードと震源の距離、そして震度は関係性を持っています。

例えば、マグニチュードは「1」増えるだけで地震のエネルギーが32倍にもなるといいます。

よって、マグニチュード6の地震はマグニチュード5の地震の32倍ということです。

東日本大震災は、マグニチュード9.0を記録し、阪神・淡路大震災はマグニチュード7.3。

これをどのように捉えるかはそれぞれですが、マグニチュードが「1」違うと32倍、ということを考えると想像を絶するのは言うまでもありません。

そして、震度は10階級に分かれており(0、1、2、3、4、5弱、5強、6弱、6強、7)で表示されます。
※気象庁震度階級関連解説表による

ちなみに、1つの地震で、マグニチュードは1つしかありませんが、震度は各地域によってことなります。

マグニチュードと震度の関係性は?

マグニチュードと震度は、基本的には比例関係にあります。

マグニチュードが大きくなると、震度も大きくなります。

また、マグニチュードが大きくても、震源からの距離で震度は変わるために、近いと震度が大きく、離れると震度は小さくなるのです。

さらに、地盤の硬さなども震度には影響するために、私たちが感じる揺れは、どこにいるかで大きく変わるようですね。

【スポンサードリンク】

マグニチュード10以上の地震が発生しない理由

この地球上で発生する地震の規模、これまではマグニチュード8以上の地震は起きないだろうとされていたにも関わらず、東日本大震災では9.0を記録しました。

その後、この地球上では、マグニチュード10以上の地震は起こらないだろうとされています。

では、マグニチュード10の地震とはどんなことが推定されるでしょうか。

  • 震度8以上の揺れが10分~1時間以上続く
  • 都心は火災も発生
  • 地震が収まる前に超巨大津波が到達する

そうです。

これまでには考えられないほどの規模になります。

前述のように、マグニチュード「1」上がれば32倍の規模なのです。

このマグニチュード10レベルの地震は、1万年に1回起こるかどうかの確率程度だそうです。

しかし、地球誕生の歴史からみると起こりそうで起こらない、というところでしょうか。

また、マグニチュード11になると、恐竜が絶滅した小惑星落下を同じレベルのエネルギー量で、地球上に住む全人類が絶望する規模になります。

そんなことを考えると、マグニチュード10以上の地震は、起こる確率としてはかなり低いと考えられますね。

いずれにしても、地震大国日本。もしものときのための備えは万全にしたいものですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ