SMAP(スマップ)解散!海外・世界の評価は?復活(再結成)は2017年6月にわかるって本当?

SMAP(スマップ)解散が日本中を震撼させましたが、そのSMAP(スマップ)解散で海外・世界の評価はいったいどんなものなのでしょうか?

日本のトップアイドルグループであるSMAP(スマップ)解散はいったい世界・海外ではどんな評価となっているのでしょうか。

そして、異例のジャニーズ事務所に所属しながらのSMAP(スマップ)解散なので、復活はいたいいつするのか?という事が気になっていますので、それについても書いていきたいと思います。

今回は『SMAP(スマップ)解散!海外・世界の評価は? 復活は2017年6月にわかるって本当?』について書いていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

SMAP(スマップ)解散!海外・世界の評価は?

この夏のビッグニュースになった、人気グループ「SMAP」の解散の発表が米ニューヨーク・タイムズの1面で報道されました!

このSMAP解散によって日本の反応を大きく報道し、解散をめぐり官僚からも経済への影響を心配する声が上がっていると紹介され、「国民は苦悩で一杯になっている」と伝えられてます。
「日本の文化的景観における一つの時代の終わり」だと表現されており、日本の混乱ぶりは「ビートルズの解散」と同じようにとられています。

日本にとどまらず、中国や韓国・台湾などアジア各国で多くのファンもいることを紹介されています。

中国でのメディアでは「一つの時代が終わった」と伝えられ、SMAPの年末の解散を発表をしたことで「解散によって、ジャニーズ事務所は90憶円の経済的損失を被る」との推定を伝えています。

SMAPが結成された昭和63年以後、「平成」の時代を同時に歩んできたグループなだけに励まされてきた人はたくさんいるのではないでしょうか。

世代や性別を超えて人気を集めた国民的グループの解散の影響はかなり大きいものですね。

【スポンサードリンク】

復活は2017年6月にわかるって本当?

今回、SMAPの解散について報道されていますがその後の「再結成」という可能性に目をむけているのではないかとも思われています。

8月15日の「ミヤネ屋」の放送の中で、芸能リポーターの井上公造さんが「2017年6月が再結成への重要な時期になる」というのを話していたらしいです。

内容については、
・2017年9月に次の契約更新されるため
・その3カ月前、2017年6月までに異議申し立てがなられなければ自動的に契約更新される

メンバー全員が契約更新すれば、時間のながれとともに亀裂が薄れて解消されるのでは?との意見がでていました。

井上さんのコメントで
「これまでに再結成はないだろうと思っていたグループが復活をしたのを見てきてる」

だとしたら、SMAPの再結成が100%ないとは言いきれないでしょう。

今まで、グループやバンドの再結成があったりしました。

たとえば
・ユニコーン
・イエローモンキー
・リンドバーグ
・プリンセスプリンセス
・コンプレックス

など、ご存じな方は知っているとおもいます。期間限定や、一回限りというのもあり結構再結成しているケースが多かったりします。

しかし、アイドルグループの再結成はほとんど例がないようです。
ジャニーズ事務所でもいままで、解散後に再結成したグループはいないようです。

解散のいきさつは色々あると思いますが、メンバー間の亀裂や意思疎通が出来ずに解散になってしまっているという結果でしょう。

しかし、今回のSMAP解散報道で解散後も5人ともジャニーズ事務所に所属をし続けることのようなので、
もしかしたら・・・再び集結することは可能性的にないわけではないでしょう。

まとめ

今回は、大人気の国民的アイドル「SMAP」の解散報道について書かせて頂きました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ