スマホ充電がすぐなくなる理由は? 長持ちさせるコツを伝授!

スマホ充電しても、すぐなくなりますよね。

長持ちさせる方法ないでしょうか。

電源が無くなる理由が分かれば長持ちすると思いますよね。

そんなに電話していないのに、どんな理由でスマホ充電は、すぐなくなるのでしょうか。

スマホ充電がすぐなくなる理由を知りたいものです。

理由が分かれば長持ちさせるコツなど分かりそうなものですよね。

そこで今回はスマホ充電を長持ちさせるコツについて
『スマホ充電がすぐなくなる理由は? 長持ちさせるコツを伝授!』と題して大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

スマホ充電がすぐなくなる理由

通常のケータイ電話よりも、スマホは、電池持が悪いです。

なぜなら通常の折りたたみのフィーチャーホンよりも画面サイズが大きいので、その分、バッテリーの使用量が増えるからです。

電池持ちが悪いのは、その辺りに原因があります。

最新のバッテリーを搭載されていても、電池の使用量が多大であれば、電池持ちが悪くなるのは当然です。

画面サイズだけでなく、SNSによる通知機能やインターネットへの常時接続もバッテリーを消費します。

特にSNSなどの専用アプリをインストールしている場合は、常時、更新通知を発信する仕様になっているため画面上には表示されませんがバックグラウンドで知らないうちに起動してバッテリーを消費しています。

これ等が原因となって電池使用量を増やしているのです。

長持ちさせるコツ

バッテリーの消費を抑えて電池を長持ちさせるには、やはりバックグラウンドで起動しているアプリを止めることだと言えます。

どうしても、アプリを止めることが面倒である場合は、そもそも自動起動しないように設定させましょう。

設定も面倒だというならば、アプリ自体をアンインストールしましょう。

細かく設定しても良いという人は、wi-fiの設定をoffにましょう。

wi-fiの設定をonにしていると、自動で、wi-fi接続先を探してしまいます。

この設定をoffにしているだけで、バッテリーの消費をかなり下げることが可能です。

wi-fiは通常はoffにしておき、必要なときだけonにするようにしましょう。

wi-fiをoffにしたら、Bluetoothもoffにしましょう。

そして意外と忘れてしまうものがGPSです。

位置情報を使うことは、地図を見るときぐらいなので、これもoffにしておきましょう。

これだけで、本体の自動的に発信する電波類は抑えることが可能です。

【スポンサードリンク】

スマホ充電を長持ちさせる方法

wi-fiやBluetoothだけでなく、普段まったく使用していないアプリなどもアンインストールするか自動起動をoffにしておくなどして、自動的に起動しないようにしましよう。

アプリに関していうと、自動でアカウントを同期する設定になっているものもあるので、SNSなどのアカウントは自動同期しないように設定しましょう。

使っていないアカウントがあるならば、アカウント削除してしまうのも、強制的にバッテリー消費を抑えることができます。

アプリのアンインストールだけでなく本体の使用しているバッテリーは主に画面の発光に消費されています。

アプリの場合は起動しなければバッテリーを消費しませんが、画面は電源を入れてから電源を切るまでバッテリーを消費します。

画面の発光でのバッテリー消費を抑えるには、やはり設定で画面の発光量を抑えれば可能となります。

このようにバッテリー消費を節約させることがスマホ充電を長持ちさせる方法です。

終わりに

やはり、バッテリーの消費は、画面の発光とアプリの使用量だと分かりました。

これからは、バッテリーを使用量を抑えるために、設定の変更をして使おうと思いました。

まだまだ、スマホ充電を長持ちさせる方法がありそうなので、また次回に公開したいと思います。

それではまた、ありがとうございました。

関連記事はこちら

スマホの広告を削除する方法

ブルーライトの影響について眼科に目に本当に危険なのか聞いてみた

ラジオを録音するのにiPhoneのアプリは無料で出来るのか?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ