交通事故の慰謝料むちうちの相場はいくら?

交通事故で怪我したときの慰謝料について相場はいくらでしょうか?

交通事故に遭いますと高い確率でむちうちになります。

交通事故でむちうちなどの怪我になりましたら慰謝料を請求するべきなのですが、交通事故でむちうちなどの怪我をしたときの慰謝料には相場があります。

慰謝料には相場によって慰謝料の値段が異なり、相場は交通事故で受けたむちうちなどの怪我は治療期間や怪我の重さなどの相場で慰謝料が異なります。

ですので、今回は交通事故の慰謝料の相場とむちうちについて
『交通事故の慰謝料むちうちの相場はいくら?』と題して紹介します。

【スポンサードリンク】

むちうちについて

交通事故で多くの方がむちうちになってしまうのですが、
むちうちとは主に自動車事故のほか、飛び込み事故や偶発事故による衝撃で頸部にもたらされるエネルギーが頸椎(けいつい)の靭帯(じんたい)、椎間板(ついかんばん)、関節包(かんせつほう)および頸部の筋肉、筋膜を損傷して発生します。

以前は、追突事故などで頸部がむちのように前後にしなるために損傷されるとして、むちうち損傷と呼ばれた時期もありましたが、診断名としての“むちうち”は加害的な病名であり、患者さんに過大な不安を与える点では不適切なものといえます。

ですので、現在ではむちうち損傷、又はむちうちという病名は使われず、外傷性頸部症候群と呼ばれ、その他にも複数あり、頸部(頸椎)ねんざ、頸部(頸椎)ざしょう、と呼ぶほうが良いと思います。

また外傷性頸部症候群の現れ方としては、頭痛、頸部痛、頸椎の運動障害が3大症状で、特に頸部痛は約88~100%に現れるともいわれます。

後頭部、頸部から背部の痛みやこり、上腕から手指の痛みやしびれ、脱力などの頸肩腕(けいけんわん)症状や、めまい、眼のかすみ、耳鳴り、耳閉感、動悸、声のかすれ、吐き気、顔面の紅潮、全身の倦怠感、集中困難などのいわゆるバレルー症状があります。また、時に腰痛を訴えることもあります。

一般的に外傷性頸部症候群は事故直後から症状が出ることが多いのですが、約5分の1は事故後12時間あるいはそれ以降に頸部痛が現れたという報告もあります。

【スポンサードリンク】

交通事故の慰謝料について

慰謝料とは、財産的な損害ではなく、精神的苦痛を償うために支払われる金銭のことで、慰謝料には2種類あります。

  • 1.入通院慰謝料
    入通院慰謝料とは、交通事故によって入通院を強いられた場合に、この入通院によって被害者が被った精神的な損害(検査、リハビリを余儀なくされたことや通院の手間がかかったことに対する迷惑料のようなもの)を賠償するために支払われる金銭のことです。この入通院慰謝料の金額は、入通院を強いられた期間や怪我の部位、程度等により金額が異なります。
  • 2.後遺障害慰謝料
    後遺障害慰謝料とは、交通事故により後遺障害が残存した場合に、その「後遺障害が残ってしまったこと」に対する精神的な損害を賠償するために支払われる慰謝料のことです。ちなみに、後遺障害とは「交通事故によって負った傷害による症状が固定したときに身体に存する身体又は精神上の毀損状態で、労働能力の喪失を伴うもの」というものです。

また、交通事故の慰謝料には3つの基準があり、
裁判所基準、任意保険基準、自賠責保険基準
の3つがあります。

慰謝料の相場について

慰謝料の種類には他にもありますが、今回は入通院慰謝料と後遺障害慰謝料について紹介します。

  • ・入通院慰謝料の相場
    自賠責基準の場合ですと、基本的に日額4,200円×日数で慰謝料が決まります。なお、日数については入通院日数、怪我の態様等を勘案して治療期間を上限とした日数となり、治療期間に対して実通院日数が少ない場合には、実通院日数×2とされることが多いです。裁判所基準ですと、「赤い本」(「民事交通事故訴訟・損害賠償額算定基準」公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部)に記載されている表を中心にして計算すると、例えば3ヶ月通院し、通院日数が40日だった場合には、入院なしで通院3月の枠に記載
    された53万円が慰謝料の目安となります。
  • ・後遺障害慰謝料の相場
    自賠責基準の場合ですと、加害者側の自賠責保険から慰謝料として約32万円の支払いを受けることができます。

裁判所基準の場合ですと、裁判所基準によれば、110万円の慰謝料が認められることになる(こちらも「赤い本」を中心に計算します。)。

まとめ

まとめとしては交通事故の慰謝料には相場があり、症状が軽かったり重かったりすると慰謝料が高くなりますので、気をつけてください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ