スイカの栽培の方法は?プランターで出来るかな?

夏の果物スイカの栽培をしてみませんか。

スイカの栽培方法には大玉の種類と小玉の種類があります。小玉でしたら、ベランダのプランターで育てることが出来ます。

スイカの栽培を種からでしたらちょっと管理が難しいですが、苗から栽培する方法であれば簡単に育てる事ができます。

お庭のないお家はスイカの栽培をベランダでプランターでの栽培方法でしてみてはいかがですか。

スイカの栽培の方法はプランターでうまく育てる事ができるのか。

『スイカの栽培の方法は?プランターで出来るかな?』と題して大公開いたします。

さぁ調べてみましょう!

【スポンサードリンク】

スイカの栽培の方法はどうするのか?

スイカを種から育てるには保温設備が必要となります。

初心者には苗から植えて育てる方法がよいでしょう。

5月頃からスイカの苗がお店に並び出すころです。

早い時期がよい苗があるらしいです。

ここで大事なのが、苗選びです。

最初に選んだ苗で、その後の生育に大きく影響するといわれています。

  • ・耐病性のある接ぎ木苗
  • ・葉にツヤがあり色が濃いもの。
  • ・ぐらぐらしていなく茎がしっかりしているもの。
  • ・ポットの底穴から見える根が白いもの。
  • ・土がコケに覆われていないもの。

スイカは乾燥した空気と、太陽の光が大好きで、風通しよく日当たりの良い場所が好ましぃです。

場所が悪いと、スイカも病気にかかりやすくなり、根腐れをおこしてしまいます。

地植えの場合は支柱は必要ないです。
気温が上がると成長が早いのでプランターの場合はそれまでに準備しましょう。

しっかりと根がつくまでは乾燥しすぎないように注意が必要です。

化成肥料を少量ずつまくときには、伸びているつるの脇に数か所い分けてあたえるようにします。

親づるの本葉が5~6枚になったら先端を切って摘芯します。

複数の子づるがのびてきたら、2~4本のつるは残して、後は根元から切ってしまいます。

子づるから伸びる孫づるはそのままでよいです。

このとき残した子づるが絡みだすと、風通しが悪くなり病気にかかることもあるので管理が大変になります。

伸びた子づるは絡まないように誘引しておきましょう。

人口受粉をする場合、早朝にすると着果率が高いです。

雄花を雌花にこすりつけるのを朝の10時までに人口受粉させる。

受粉してからは30~40日くらいで収穫となります。

収穫した実から種をとっておきよく洗ってから日陰で乾燥させ冷暗所で保管しておくと翌年にその種を使って育てることができます。

【スポンサードリンク】

【育てる際に気を付けたい害虫】

  • ・アブラムシ
    春頃から増えだし、葉の裏の付け根は新芽につくとこがあります。
  • ・うどん粉病
    風通しが悪かったり過湿の状態になっているとおこりやすくなります。
    葉の茎に白い粉のようなものが発生して広がっていきます。
    大きな葉同士がくっついていないように気を付けましょう。

そんなには難しくはないとは思いますが、小玉スイカなどの品種もあるので、手軽に楽しむのもよいかと思います。

スイカ栽培はプランターでうまく育てる事ができるのか。

限られたスペースでの栽培でしたら仕方ないですが、出来れば小さなプランターや浅いプランターよりもちょっと大き目で、深みのあるプランターを選んで下さい。

プランターの底が隠れる程度に鉢底石を敷きます。

その上から野菜用培養土を2~3cmほどいれます。

スイカの成長は気温が上がってくると急激にあがります。

遅くても摘芯を行うまでに支柱を準備しておきましょう。

設置をする際は、麻紐や固定具などでしっかりと留めてください、倒れないように。

プランター栽培は乾燥しやすいので、水やりはしっかり与えてください。

土の表面が乾いている時には水を与えましょう。

暑い夏ですので、朝水をあたえても夕方には乾いていることもあるのでたっぷり水を与えましょう。

プランターは限られたスペースですので、実が大きくなり支柱が倒れないようい注意する必要がありますのでご注意を。

まとめ

夏の暑いなかスイカの苗にたくさんの水を与え栽培し、日々大きくなる実を眺めるのも楽しみではないでしょうか。

甘味のあるスイカがプランターでも栽培出来るのです。

水をたっぷり与え、日々成長するスイカを栽培してみませんか?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ